3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

THE SEDAN 

TLVN ブルーバードSSS スーパーセレクト
TLVN ブルーバードSSS XE
トミカリミテッドヴィンテージNEO
ニッサンブルーバードSSSアテーサX スーパーセレクト XEアテーサ


本格的な秋の到来を前に、ネタ枯れ感が漂う3吋ブログ。
それはまるで、水不足で底まで干上がったダムのような侘しさすら感じさせる。
それでも、今回もU12ブルーバードネタを薄~く引っ張ってみることにした。

まずはSSS系とアーバンサルーン系の比較をツーショットで確かめよう。
TLVN ブルーバードSSS スーパーセレクト
TLVN ブルーバードSSS XE
個人的にはグリーンの1.8XEサルーンが一番気に入っていたりする。
また、アーバン系のホイールは前期型SSSと共通なので、バリエーション展開もできそう。

てなわけで、今日はおしまい………というのもなんだかなぁ@阿藤快
おおっとぉぉぉぉぉ!!!!U12ブルーバードといえば、もうひとつあるじゃないですか!


トミカ ブルーバードアテーサ 箱
そう、以前に紹介した本家トミカの4ドアHTですよ!
こちらは前期型のSSSアテーサリミテッドのはずで、スケールは1/60。

では、88年発売の本家と、08年発売のTLVNの比較をしてみることに。
トミカ ブルーバードアテーサ フロント
TLVN ブルーバード2.0SSSアテーサX 比較2
メッキされたトミカのフロントマスクに対し、クリアーや黒のプラパーツを使用したTLVN。
このあたりに20年間の技術の進化を感じるが、全体の造形はトミカも決して悪くない。
トミカ ブルーバードアテーサ リア
TLVN ブルーバード2.0SSSアテーサX 比較3
HTとセダンはリアが結構違い、単純には比べられないが、やっぱり20年の差は感じる。
リアウインドーの段差の違いや、ドアサッシュの細さ、キャビンの絞り込み…etc
トミカ ブルーバードアテーサ サイド
TLVN ブルーバード2.0SSSアテーサX 比較4
サイドも平面的なトミカに対し、曲面的なボディを再現しているTLVN。
ドアのオープニングラインとピラーの太さに、開発時期と狙いの差が出ている。


トミカとTLVNのブルーバードだが、昔のトミカと現代の1/64の違いがそのまま表れている。
もっとも、当時の定価と開発時期を考えれば、トミカのブルーバードも決して悪くない。
それに、スケールは違えども、ブルーバードのセダンとHTが3吋で手に入るのはU12だけ。
HTはさすがに新品同様は厳しいが、そこそこ程度のジャンクならオクなどで入手が出来る。
HTとセダンを見ながら、ブルーバードと日産が輝いていたあの頃を思い出すのも、また一興。
TLVN U12ブルーバード バリエーション
スポンサーサイト
[ 2012/09/11 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する