3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

もっとセダンになる 

TLVN スバルレガシィRS
トミカリミテッドヴィンテージNEO スバルレガシィRS 1/64


ファミリアGT-R、ブルーバードSSSとくれば、やっぱり外せないのが初代レガシィ。
いずれも80年代末~90年代初頭に国内外のラリーで活躍した車種ばかり。
個人的にはVZやMiとかのノーマルがよかったが、さすがのTLVNも金型の変更は難しかったか。

初代レガシィは、レオーネの後継車種として1989年2月にデビュー。
レオーネに比べれば大きな進化を感じたが、それでも当時としては…なスタイルだった(セダン)。
前年秋にdriverに載ったスクープイラストを見た時も、なんか古臭ぇなあ…と思った記憶がある。
もっとも、そのイラストはリアクオーターウインドー下の段差がなく、実車よりも古臭かった。
しかし、そんなイメージを吹き飛ばすようなツーリングワゴンGTのヒットで、一躍人気車種に。

でも、初代はツーリングワゴンの3吋はなく、TLVNとCM'sからリリースされたセダンのみ。


TLVN レガシィRS フロント
後期型に比べて、ちょっと柔らかい印象の初期型のフロントマスク。
RS/GT系とノーマル系はバンパーやボンネットの形状が違うので、期待薄…?
TLVN レガシィRS リア
テールランプの下ガーニッシュの塗り分けが省略されているのが少々惜しい。
しかし、やや腰高ながらも全体的には上手くまとまっている。
TLVN レガシィRS サイド
89年デビューの新車にしては垢抜けないサイドビューもしっかり再現。
ホイールの金色が鮮烈な印象だが、RSならタイヤ径はもう少し大きめがイイかも。


初代レガシィセダンの3吋が欲しいという向きには、TLVNはおススメできる。
画像を見る限り、CM'sのセダンもイイ感じだが、宮沢模型限定らしく、流通量は少なさそう。
オクや専門店で遭遇する機会は意外と少ないが、だいたい0.5~0.7Kあたりが相場だろうか。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する