3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

LはLuxuryのL? 

トミカ マークⅡL 
トミカ  マークⅡ-L 1/61


チェリカを紹介したら、やっぱりはずすわけにはいかないのがトミカのマークⅡ。

実車は1972年1月に登場した2代目で、セダン、HTともに当時のアメ車風のスタイルになった。
トミカはスポーツグレードのGSSではなく、6気筒搭載の上級グレードのLをモデル化。
Lの特徴は4気筒版よりフロントが50mm長く、彫りの深い2分割グリルを採用している。
このLはスカイラインへのライバル心から生み出されたらしいが、旧車人気はかなりの差が…


リリースされたのは73年9月で、トミカのクオリティが上昇した時期のため、出来はかなりのもの。


トミカ マークⅡL フロント
バンパーと2分割グリルは一体成型だが、全く違和感を感じさせない仕上がり。
バンパーのオーバーライダーも成型され、グリルの細かさも合わせて限界レベルでは?

ちなみに、最初期製品である先代マークⅡは…
トミカ マークⅡ フロント
元々の表現力に向上した技術力が加わり、3年で大きな進化を遂げたのがわかる。

トミカ マークⅡL リア
リアパネルを実車同様の別パーツにし、テールランプもL特有の4分割テールを再現。
また、トランクやサイドのエンブレムもボディへのモールドで再現してある。
トミカ マークⅡL サイド
ボディフォルム、プレスライン、エンブレムなど、相当なレベルの仕上がり。
あえて難を言えば、ルーフからトランクへのラインがもう少しシャープでも良さそう。

ここで、3吋サイズのライバル・チェリカと並べてみよう。
チェリカ トミカ マークⅡ フロント
チェリカ トミカ マークⅡ リア
このアングルでも、チェリカが明らかに大きいのがわかる。
チェリカ トミカ マークⅡ 比較
上から見ると、これくらい違いがある。


トミカの2代目マークⅡは誕生コレクション2002で再販されたため、入手しやすい1台。
また、トミカリミテッドにもなっており、より雰囲気を楽しみたい向きはそちらがおススメ。
イマイチな実車の旧車人気を表してか、トミカの相場は安価な傾向で、0.3~0.5Kあたり。
また、当時物もオクでの出品数は多めで、こちらもあまり価格帯は変わらないようだ。
ただし、黄色いボディカラーは流通量が少ないのか、プレ値になりやすい。
スポンサーサイト
[ 2012/09/16 06:00 ] トミカ | TB(0) | CM(2)
これまた年季の入った3吋ですねえ。仰る通り初代とは違いかなりリアルに再現出来る様になりましたね。これは同時代のクジラクラウンやブルUなどにもいえますよね。これがセダンだったら....と、いつもの様に思ってしまいます。って思っていると、実際に改造している方もいまして。某サイトの掲示板に、今回のマークⅡLとサバンナRX-3をセダンにし、且つパトカー仕様にしている画像があり、その違和感の無いセダン化に、巧い人は本当に巧いなと...。実はドラゴンさんも、秘蔵のセダンカスタムがあったりして...。

実車だと、Lが付かない方のが多く見かけたような気がします。ちなみに私が生まれた頃、家の車はこのマークⅡ(L無し1800セダンのシルバー・レザートップ仕様)で、数年で乗り換えたようなんですが、後部座席から見た光景がいまだに覚えているんですよね...マニュアルフロアシフトの前には大きな三針式時計があって...思い出深い車です。

比較画像ですが、チェリカのは1/53~55ぐらいありそうな勢いですねえ。スケールを気にしない子供にとってみれば、大きい方が嬉んでしょうね。ですが、チェリカが消え、トミカが残りました。再現性もありますが、結局は販売ルートの差だったりして。
[ 2012/09/16 22:46 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんわ、LUXEさん

今回取り上げたマークⅡは、去年他のトミカと合わせてヤフオクで落札したモノなんです。
当時物、再販品、どちらの2代目マークⅡもヤフオクでは結構出品されてますね。
初代に比べて完成度も上がったし、不人気なのがもったいないですよねえ。

そしていつものことながら、セダンだったらどれだけ嬉しかったか・・・
でも、当時はパーソナル性を強調したスタイルの評判は今ひとつだったとかで、時代を感じますね。
マークⅡクラスは正統派のフォーマルカーらしさを求められてたんでしょうか。

そういえば、LUXEさんのお宅はマークⅡセダンに乗っておられたんですか!
しかも、セダンのレザートップはかなりレアでは? カローラ30だった自分には羨ましい限りです。
そして、カタログを見たところ、フロアシフトの前に大型の三針時計が堂々と埋め込まれていますね。
うちのカローラもシフト前にあった化粧板を今でも思いだしますし、子供が見る場所は同じかも?

トミカのマークⅡやサバンナをセダン化した画像、検索してみましたが、見当たらず。
とはいえ、LUXEさんが巧いということは、間違いなく達人でしょう。
自分も頭の中では改造プランを練るんですが、実際に作るとなると、予想以上に難航しそうで…
といいつつ、ミニカーの台数にも限界があるし、そろそろレストア企画も始めたいところですね。

チェリカのマークⅡを計測したところ、全長がおよそ80mmなので、1/54スケールですね。
名称はおっしゃる通り、チェリー+カーだそうで、ヨネザワの桜マークから命名したそうです。
下記のHPによると、CMでは牧伸二を起用していたそうで、かなり力を入れていたみたいですね。
しかし、トミカと一緒に遊ぶ時、大きさが合わないので敬遠されたのでは?と推測してみたり。

http://111.shumilog.com/2012/08/31/%EF%BC%90%EF%BC%98-25/
[ 2012/09/17 02:20 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する