3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

造形の美 

モデルペット ダンディ マークⅡ フロント
モデルペット マークⅡHT 1/42 ダンディ マークⅡGSS 1/47


さすがにカレー&ラーメン博覧会ネタも尽きそうなので、今日は3吋以外のマークⅡから比較。
この上にダイヤペットの1/40もあるが、Lだからフロントマスクが違うし、残念ながら持ってない。
もうひとつ言えば、ルーフが長すぎて伸びやかさに欠け、もっさりしたスタイルになっている。
ただ、市販車とラリー仕様があり、後者はウェザリングが全て違うので、特注気分が味わえるかも?

さて、モデルペットとダンディのマークⅡは同じ4気筒のモデル化。
しかし、ライトとグリル開口部のバランスや彫り具合はかなり差があり、ダンディの圧勝。
モデルペットはせっかくシャープで肉薄な断面なのに、マスクは〇と☐を並べただけという感じだ。

では、リアまわりは?というと
モデルペット ダンディ マークⅡ リア
作りこみはダンディの圧勝。だが、似ているかというと微妙。テールランプが幅広で、なにか違う。
かといって、モデルペットが似ているかというと、これまた微妙。他車と言われても頷けそうな出来。


では、実車のHTはどうだったか、カタログを見て確認してみることに。




72年7月 マークⅡHT カタログ
72年7月のHT専用カタログ。優雅な生活を彷彿とさせる表紙。
72年7月 マークⅡHT 遠景
表紙をめくると、おや?セダンと同じような…
72年7月 マークⅡHT サイド
やっぱり合成写真っぽい。でも、ボディカラーが背景に近いからか、セダンほど不自然さはない。
72年7月 マークⅡL-HT フロント
で、さらにめくると、HTはLから紹介が始まる。HTはセダンより上という位置づけだからか。
72年7月 マークⅡL-HT リア
セダンと違い、Lと4気筒でテールランプのデザインが異なる。トミカはこのモデル。
72年7月 マークⅡL-HT インパネ
Lのインパネ。オートマチックのシフトが昔の高級車っぽさを醸し出している。
72年7月 マークⅡL-HT 内装
Lの内装。当時流行の太いCピラーだから、後方確認は厳しそう。
72年7月 マークⅡHT リア
そして、4気筒の紹介。テールランプがLと違うし、リア全体がセダンとは逆の上広がりになっている。
72年7月 マークⅡHT フロント
これは2000DX。
72年7月 マークⅡHT インパネ
2000GLのインパネ。時計はシフト前からメーターに移動し、元の場所には化粧板が設置してある。
72年7月 マークⅡHT 内装
2000GLの室内。ファブリックとはいえ、黒い内装は夏場は結構暑くなるんだよなあ…
72年7月 マークⅡHT フロント
こちらは2000SL。子供の頃、赤いマークⅡHTを見かけた記憶があるが、レアなカラーだと思う。
72年7月 マークⅡGSS
ウルトラマンAのTACパンサーで有名なGSSも大きく載せてある。ダンディはこのモデル。
72年7月 マークⅡHT エンジン
HTのカタログでは新開発エンジンも売りのひとつ。右下がGSS用の2000ccツインカムの18R-G。
72年7月 マークⅡHT 装備
セダンと違い、GSLとLはパワーウインドウが標準装備。でもラジアルタイヤはオプションになる。


さて、そろそろマークⅡネタも終わりかな…と見せかけて、明日もつづく。
スポンサーサイト
[ 2012/09/21 06:00 ] カタログ | TB(0) | CM(2)
チェリカとトミカも含めて、サイズの違うそれぞれを並べたのも見たくなりました。HTのリアビューは、どうしても猫科の動物を連想しますねえ。セダンに限らず、目立つ写真は皆オートマチックでそんなに褒められたものだったのでしょうか?.....。朱の2000SLは、なにかヒーロー物に出てきそうな感じですね。当時かなり目立っていたんではないかと。
やはりデザインは、ダルマセリカの兄貴分という感じでこの頃のトヨタ共通なデザインなんでしょうね。
[ 2012/09/21 22:45 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんわ、LUXEさん

今日の集合写真は何日か前に撮っておいたんですが、やっぱり考えることは同じなんでしょうか?
いやいや、先の行動を見抜かれてしまってるのでは?と思うと、ドキドキしまくりです(笑)

上広がりデザインと合わせ、HTのリアがネコ科というのは頷けますね。
子供のころから長年感じていた印象を、うまく言葉で表してもらった気がします。
この当時、オートマチックは出来よりも、楽ちん運転目的の装備という位置づけかも?
まだオイルショック前だし、燃費もそれほど気にされなかったのではないかと。

マークⅡHTはウルトラマンAのTACパンサーの印象が強いんですが、GSSにステッカーだけなんですよね。
子供向け特撮なのにボディカラーも地味なモスグリーンで、MATビハイクルほどの印象は…(笑)
新車なんだし、それこそ赤いボディカラーでも選んでおけば、また違ったかも。

トヨタ車は初代セリカ以降、セリカがデザインリーダーらしく、マークⅡも影響が感じられますね。
それでもクジラほどには先進的過ぎず、フォーマルとパーソナルをうまくミックスした感じかと。
そうそう、トミカの豚目マークⅡも持ってるので、取り上げようかと思ったんですよ。
ただ、キャビンが結構変形してるので、ヤフオクで安価なジャンクの出品を待っているところです(笑)
[ 2012/09/22 03:26 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する