3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

あの人もおススメ? 

各スケール マークⅡ フロント


思いのほか、ネタが尽きない2代目マークⅡネタ。

管理人がマークⅡよりもコロナの方が好きなのは、3吋ブログを読んでる人なら知ってると思う。
もちろん、本人もコロナ、特に70年代のセダンが好きなのは今でも変わらない。
しかし、なぜかマークⅡのミニカーやプラモデル、カタログも思った以上に持っていた。
まあ、2代目マークⅡのグッズはコロナよりも数が多いし、比較的安価で入手できるということもある。

さて、マークⅡHTのミニカー各スケールを並べてみたが、各メーカーの特徴が出ていて興味深い。
各スケール マークⅡ リア


というところで、今日は後期型のカタログを見てみよう。




75年12月 マークⅡ 総合カタログ
モデル末期に近い75年12月のマークⅡ総合カタログ。
75年12月 マークⅡ 見開き
表紙を開くと、おや、見慣れた顔が…
75年12月 マークⅡ 三橋達也
おお~っと、2代目マークⅡのイメージキャラクターだった名優、故・三橋達也さん。
土曜ワイド劇場の十津川警部といえば、やっぱり三橋さんの方がしっくり来る。
75年12月 マークⅡL-HT
75年12月 マークⅡL-HT 2
LのHT。2分割はそのままに、バンパーが直線的な形状になり、グリルの開口部が大きくなっている。
75年12月 マークⅡLセダン
こちらはLのセダン。仰々しいHTに比べ、大人しいグリルデザイン。
75年12月 マークⅡHT
75年12月 マークⅡセダン
こちらは4気筒のフロント。74年のMCでフロントが延長され、アクの強いマスクに変更。
75年12月 マークⅡHT リア
GSLのリア。テールランプのデザインや配色は前期型とあまり変わらない。
75年12月 マークⅡセダン リア
一方、セダンのテールランプは前期の凹から凸に変更され、前期型より確実に新しく見える。
で、Lのリアは?というと、これが載ってない。おそらくHTは前期と変わらず、セダンは4気筒と同じはず。
75年12月 マークⅡL インパネ
75年12月 マークⅡL 室内
Lのインパネと室内。コンソールが大きくなり、時計の横にトヨタお得意のOKモニターが追加された。
ドアの内張りも新しいデザインになり、近代的な雰囲気に。
75年12月 マークⅡ インパネ
75年12月 マークⅡ 室内
GLのインパネと室内。

そうそう、単一グレードだったLシリーズは73年のMCで変更されて…
75年12月 マークⅡL-HT グレード一覧
75年12月 マークⅡLセダン グレード一覧
廉価版のLAは見た目だけでも立派な車が欲しいというユーザー向け?
だけど、HTがセダンより上級なのは変わらず
75年12月 マークⅡ 装備
やっぱり、セダンはLGでもパワーウインドウがオプションという不憫さ。

Lシリーズの拡大はまだまだ止まらず…
75年12月 マークⅡLワゴン
ワゴンにもLが追加されていたりする。
75年12月 マークⅡワゴン
もちろん4気筒のワゴンもあります。決して商用バンではないのがポイント。


もうマークⅡネタは尽きただろ?と思った人、まだまだ甘い。明日でようやく終わるはず?
スポンサーサイト
[ 2012/09/22 02:30 ] カタログ | TB(0) | CM(2)
おっと!並んでますねえ。似てる似てないは別として、顔はチェリカの警備保障、リアはモデルペットが好みです。こう見ると、トミカのは目が離れている気が...。
そのうち全部が化粧直しされて、奇麗になったりならなかったり...??。
これだけモデル化されていながら、セダンやワゴン(バン)が無いのが寂しいです。本当に!!。

後期モデルは、いろいろと印象深いですねえ。Lセダンは近所で乗ってる方(カタログ同様グリーンメタ)がいましたし、トヨタの警邏パトカーもクラウンに変わってこの代から、採用されていますね(やはり4気筒モデル顔に2000ccエンジン?)。近くの青空駐車場には、銀の1800htが草ヒロ化していて、かわいそうだなあと子供ながらに思っていました。やはり、“この頃”のトヨタ車は好きですねえ。

イメージモデルに三橋達也さんと奥様?が起用されていますが、他の写真では別の若いカップルなのが解せないですなあ...。ちょっと箔付けが欲しかったとか??
[ 2012/09/22 23:20 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんわ、LUXEさん

マニアの血が騒ぐのか、同じ車で各スケールが揃うと、やっぱり並べてみたくなりまして(笑)
チェリカのフロントはグリル枠の大きさも変えてあるし、彫りがしっかりしてるのがいいですね。
モデルペットはフォルムの良さから、ルーフ~トランクへのラインの美しさが引き立ちます。
トミカのヒラメ顔はコロナやカローラでも出ていたし、小スケールの限界かもしれませんねえ。
あるいは、金型の原型を同じ職人が作ったという可能性も?
トミカやチェリカの赤十字はお色直しも考えてたので、LUXEさんはやはり透視能力者ですね~?

2代目マークⅡ、個人的には前期より後期型の方が記憶に残ってます。
後期の凸状テールランプばかり見かけていたのか、凹状の前期をたまに見かけると嬉しかったですし(笑)
70年代中盤までのトヨタは車名のイメージに完全にとらわれてないのか、イイ意味で隙が感じられます。
その隙に当時の空気が混ざったような、独特の雰囲気に惹きつけられるんでしょうか?

Lセダンはレアなイメージだったんですが、よくよく考えれば、街中でパトカーを見かけてますね。
「パトカーデラックス」掲載の写真を見ると、ケンメリとは違い、フロントはしっかりLのままです
とはいえ、マークⅡパトカーは後継モデルの豚目の印象が強いから、もう覚えてる人も少ないかも?

三橋達也さんはデビュー時からCMキャラクターだったようですね。
隣の方が奥様か調べたんですが、結婚で芸能界を引退したらしく、若いころの写真ばかりで判定が…
他のイメージカットに若いカップルを使ったのは、気持ちはいつまでも若い中高年層を狙ったとか?
あるいは、ギャラ等のリアルな大人の事情かも(笑)
[ 2012/09/23 02:05 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する