3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

セダンの逆襲 

トミカリミテッドヴィンテージNEO 日産ローレルSGL
トミカリミテッドヴィンテージNEO 日産ローレル2000SGL 1/64


本家トミカのみならず、プラモデルでも人気があったのが2代目ローレル。
ニチモ、マルイ、アオシマ、ヤマダ、ミツワ、永大…etc ほとんどが当時物である。
また、現在でも入手できるアオシマ製は80年代の製品だが、それも今では30年選手だ。

しかし、それは全て2ドアHTで、セダンは長らく皆無だった。
ヨンメリと似てるのに、この差はなんなの…?と思っていたが、ついに一昨年、初のモデル化が。
満を持してリリースしたのはもちろん、この手の領域は独占状態のTLVN。
さて、セダン好きの長年の渇きは満たされたんだろうか?


TLVN ローレルSGL フロント
グリルのメッシュやエンブレムまでしっかり再現し、満足度高めのフロント。
ケンメリ似の前期型は後期型に比べて、少々アクが薄い。
TLVN ローレルSGL リア
複雑なリアのラインも丁寧に造形されており、ミニアメ車の雰囲気を漂わせる。
テールランプは細かいが、フロント同様にあっさりしている。
TLVN ローレルSGL サイド
Zラインを描くサイドのプレスライン、ホワイトリボンタイヤ、ホイールまで出来がイイ。
ただし、リアの車高が僅かに高く、ヒップアップ気味に感じられる。


TLVNのローレルセダンだが、セダン好きの渇きを見事に解消する出来だった。
最初にリリースされた前期2000SGLとパトカーに加え、前期GX-6と後期型SGXもある。

最初の2台はメーカー在庫がないようなので、店頭か通販、オクなどで入手するしかない。
一方、追加でリリースされた2台はメーカー在庫もあり、店頭でも入手しやすいはず。
少しでも安価に…という向きにはオクがおススメだが、やはり最初の2台は1K+前後だろう。
スポンサーサイト
紫祭りには、初日だけでしたね...。色々とコメント出来るほどの想いが無いのでご勘弁を..。

ケンとメリーのスカイラインに比べて、この差は本当に何でしょうか...。ボディラインは、230セドグロともかなり似ていると感じます。悪くはないんですが、ブランドの差でしょうかねえ...。
たしかにこのローレルは、HTしかモデル化されていませんよねえ。セダンというと、初代もTLVが初で、3代目は今年出たアオシマ(1/24&グラチャン3吋)の4HTぐらいしか記憶に有りません。実車を思い返してみても、セダンを見かける方のが圧倒的だったんですが、模型となるとなぜがHTばかりなんですよねえ。それも竹槍出っ歯に八の字車高短がデフォで。暴走系カスタムは本当に嫌いだったので(夏場は五月蝿くてよく眠れなかったせいでしょう....)、ハコスカ、ケンメリ、このローレルといまだにそのイメージが付きまとっています。そのせいか今作っている動画では、アオシマのグラチャン3吋が暴走してますが(笑)。

TLVのは、前期・後期ともこれまた糞真面目にモデル化されていて、安心の出来ですね。ちょっと車高が高いのも、模型でぺったんこのばかり観ていた所為か、この頃の日本車ってタイヤは細いし、こんなもんだよなあ〜なんて思いますが...。
例によって、ブログやヤフオクなんかでは暴走系カスタムにしている方が多々居ますが、セダンだけはやらないで欲しいですねえ。

特に茶色の後期型は、近所のおばさんが乗ったので、遊び回っていると頻繁に目にしたので良く覚えてます。懐かしの3吋セダンとしては、本当におすすめですね。
[ 2012/10/05 22:57 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんわ、LUXEさん

むらさき祭、お気になさらずに。ネタ切れで、新しいネタを探す気力も湧かない時の定番なので(笑)

2代目ローレル、ヨンメリとも似てますが、230セドグロにもテイストが近いですね。
230セダンのフロントとリアを短くして、軽快にしたスタイルといったところでしょうか。
モデル化の差はネームバリューのスカイライン、定番のセドリックに対する印象の薄さが理由ですかね?
もっとも、ローレルの場合、HTばかりがやたらキャラ立ちしてるのも一因でしょうね。

ローレルは2代目以外、全体的に上品で控えめな雰囲気がインパクトの薄さにつながるんでしょうねえ。
初代は大きな510ブルーバード、3代目はHTのスタイルこそ珍しいですが、押し出しは弱い気が…
ところで3代目ローレルですが、グラチャンとフジミの新作以外に当時モノがあったそうです。
我々には嬉しいノーマルバージョンで、なんとレアな2ドアHT(それ以前に3代目がレアですが)。
10年ほど前にヤフオクに出品されているのを見かけたことがありますが、実物は見たことすらありません。
そこで画像検索したところ、あるHPに箱が掲載されていました。ちなみにグレードはGTだそうで(笑)

http://www.geocities.jp/mx41_d/chaser_plmodel.htm

TLVNのローレルセダン、細部まで造りこまれていて、安心しますね。
昔、近所に停まっていたローレルセダンってこんな感じだったなあ…って思い出したり。
そうそう、うちの近所のセダンも茶色の後期型でしたよ。定番だったんでしょうか(笑)
TLVNも再現してますが、昔のクルマ特有のひょろっとした感じが魅力ですよね。

おっと、さりげなく聞き逃せない大切なコメントがありますね。
LUXEスタジオ期待の新作は交通警察ものといったところですか?
暴走シーンなら、グラチャンシリーズが一番のハマり役ですし(笑)
[ 2012/10/07 01:06 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する