3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

技術と進化 

この度、7月のワンダーランドでお世話になった「トミカ解体所」さんと相互リンクさせていただくことに。
お手軽カスタムから本格的なレストアまで、3吋ミニカーへの愛情がひしひしと感じられる内容は必見!
実は、管理人も当3吋ブログを始めるずっと前から愛読していたくらい有名なミニカーブログでもある。


特撮博物館 交差点事故

昨日のこと。街を歩いていると、偶然にも大事故の現場に遭遇してしまった。
たまたまカメラを持っていたので、その場からシャッターを切ってみた。上はその中の1枚。
おや、良く見ると、クラッシュした中に戦車が…? なんで? と思いながら上を見上げると…
特撮博物館 東京タワー
東京タワーがぁぁぁ~~~~~!!!!!あぁ~~!!手前のビルもメチャクチャに!!!
あぁぁっっ、巨人まで現れたよぉぉぉ~~~~!!!!スペクトルマン、助けて~!!!!

東京都現代美術館 入口
東京都現代美術館
ということで、ついに行ってきましたよ、東京都現代美術館へ。
特撮博物館 パネル
目的はもちろんこれ、「特撮博物館」。会期終了が迫っていたので、慌てて行ってきた次第。
特撮博物館 時間延長
いつもの悪い癖で16時半過ぎに現地到着したため、不安だったが、入口にこんなお知らせが。
この開館時間の延長で、かなり安心したのもつかの間…
特撮博物館 待ち時間
入場まで50分だとぉ…ま、当然ながら並びましたが。

あと2日だけど、興味があるなら絶対に行くのがおススメ。見始めたら、3~4時間は止まらないはず。
開館時間の都合で2時間+αしか見られなかったけど、もっと早く来ればよかった…と後悔しきり。

で、展示物に撮影に使用したガメラがあったんですよ。ガメラといえば、やっぱり2代目ローレルでしょ。


トミカ TLVN ローレル フロント
そこで、今回は現代のTLVNと比べつつ、トミカの2代目ローレルを見てみたいと思う。
どちらも1/64スケール。

TLVN ローレルGX-6 フロント
トミカ ローレルSGX フロント
フロントマスクが違うので単純には比較できないが、HTはやや平板な印象。
しかし、グリルメッシュやバンパーの彫りなど、細部まで神経が行き届いている。
TLVN ローレルGX-6 リア
トミカ ローレルSGX リア
テールライトやリアガーニッシュなど、TLVNらしく細部までこだわりを見せるセダン。
一方、HTもトランクの繊細な造形やテールランプの形状に匠の技を感じさせる。
TLVN ローレルGX-6 サイド
トミカ ローレルSGX サイド
サイドビューに関しては、低めのデフォルメが強いHTの方が少々分が悪いか。
しかし、開発時期の37年差を考えれば、トミカのハイレベルさが理解できるだろう。

トミカのHTは再販がないため、ヤフオクや専門店でも結構なプライスが付くことも。
金型が紛失したという噂もあるが、本当のところはどうなのか?
もし金型があれば是非再販してほしいし、再販が難しければTLVNからのリリースを期待したい。
トミカ TLVN ローレル リア
スポンサーサイト
[ 2012/10/07 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(2)
いやあ〜良く出来た街並みですね。まあこういうのは、時間と資金があっても、観察眼やセンスが無いと、そうそう自分で出来るものではなさそうですが....。
ドラゴンさんは、○○博や××展なんかのイベントによく行っているようですね。面倒くさがりで、出不精の私には、その行動力が羨ましいです。不思議と閉館間際に行くのは、「いつもの悪い癖」だそうですが、突如やっている事を思い出したのか、ハタマタ最初から知っていて、面倒くさいな〜ドーシヨっかなあ〜って悩んでいるのか...。私もこの癖持ちですが、間違いなく後者です。そして、行ったは良いが○十分待ちを見たとたん、「一応来たんだから良いだろう...」とさっさと帰ります(笑)。列んだり、待ったりするのが何より嫌いだからです。ああ〜堪え性の無いない人間だ....。

特撮(ガメラ)とローレルをかけてくるとは..。霞目なんでしょうかねえ?緑のHTにモザイクが掛かってませんか??...。
このトミカHTですが、コナミ製のフロントマスクを見てしまうと、グリルの網目が大雑把、ライトが大きすぎです。
ライトが大きいのは、子供向け用という事で可愛さを出すためのデフォルメ?だと思うんですが、ちょっと...と思いますね。(この頃のトミカって、同じ車種なのに微妙に変えてきますよね。330セドセダンのライトは丁度良いのに、グロリアバンだとこのローレルの様に大きい...謎だ)
トミカボディは、このころのニッサン車の特徴(肉感的?)を捉えていて、良い線を行ってますよね。エンブレムも立体的で本当に素晴らしいし。フック(お尻の尻尾)が本当に豚ぽくてなんだか良いです。ボディが肌色だったらもっと良いですねえ(笑)。
再販の件、よく金型が破損しただの、紛失しただの聞きますが、実際はどうなんでしょう。このローレルHTなら、どこかのミニカーショップが特注で出してもおかしくないんですが(ワイドタイヤの暴走仕様でしょうが)、まったくその気配ありませんよね。トミカ何十周年記念セットでも出てきませんし。こういう場合は、噂=事実なんでしょうねえ....。真実は3吋探検隊に探っていただきましょう!
[ 2012/10/07 23:04 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんわ、LUXEさん

いやいや、自分こそ根っからの出無精でものぐさなんですよ。
休日は目が覚めたらミヤネ屋が始まってて、掃除と食事を済ませたら、相棒の再放送が終わる時間…とか。
そんな感じだと、すぐに夜が来てしまうので、結構凹んでしまい、気が滅入るんですね(笑)
それで、ものぐさな自分に鞭打ってでも、なるべく出かけるようにしてるんです。

でも、明日はイベントに行こう!と決めても、起きたら、あと少し、あと少しだけ寝よう…って(笑)
だから、いつも決めた時間には行けず、ギリギリに到着するという悪循環でして。
そして現地に行ったら、交通費をかけた以上、並んででも見ないと!ってケチな性格が顔を出してきて。
こうやって自分の性質を書いていると、どんどん落ち込みますねえ…(笑)

特撮博物館に行ったのは、LUXEさんのような動画を撮る時に参考になることはないか?という考えからです。
でも、自分とその道〇十年のプロのスキルではレベルが違いすぎて、ただただ驚愕するばかりでした。
それでも、いつかLUXEさんみたいなコマ撮り動画を撮りたいという野心は持ち続けてますが(笑)

トミカのローレル、ヘッドライトのあの大きさだと、なんとなく間抜けな表情に見えてしまいますね。
自分も撮影しながら、なんだか違和感があったんですよ。どうもローレルっぽさが足りないなあ…と。
昔のトミカは丸型ライトの車種だと、意外とバランスが崩れてるものがありますねえ。
同じ車種でも、ボディが違うと金型職人が違ってたんでしょうね。

コナミのローレルは画像で見る限り、フォルムは微妙ですが、フロントはイイ感じですねえ。
欲しいんですが、ヤフオクだと結構競り合いになったので、いまだ未入手です。
それに対して、トミカのHTはツボを押さえたフォルムになってるのがさすがとしか。
そうそう、このローレルはご指摘通り、モザイクがかけてあります。
以前の持ち主らしき子供の名前が、ボンネットやトランク、ドアに堂々と書かれてるんですよ(笑)

金型の行方も知りたいところですが、某掲示板に情報を書き込む人って内部の人なんでしょうかね?
3吋探検隊がこの謎を追求するには、やっぱりトミーかトミーテックに入社するしかない?(笑)
[ 2012/10/08 01:44 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する