3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

再現してみよう 

特撮博物館 空中


昨日に続いて、特撮博物館で撮影したミニチュアを見てみよう。
男の子なら、きっと一度はこういう風景を自分で再現したいと思ったことはないだろうか?

以前、秋葉原の交通博物館に1度だけ行ったことがある。
手元の写真の日付は06年5月10日とあるので、閉館の4日前だ。
長年にわたって親しまれてきたためか、平日にもかかわらず、結構な来客数だったのを思い出す。
館内には実物のスバル360や初代サニー、飛行機、船(模型)もあったが、メインはやっぱり鉄道。

その鉄道関係の中でも、一番人気があるんだなぁと思ったのが、巨大な鉄道ジオラマ。
ジオラマを見つめる多くのギャラリーの目の輝きたるや、それはもう幼いころに帰っている。
管理人には、広い場所があったら…、金があれば…というギャラリー達の心の声が聞こえてきた。
そして気が付けば、管理人も童心に帰り、心の声を出していた。

いつの時代も、ジオラマは男(女性も?)のロマンなんだよねえ。
特撮博物館 ビル模型
特撮博物館 ビル模型2
特撮博物館 ビル模型3
それにしても、見事なビル群。スクエアなそのフォルムはまさに本物のようだ。


スクエアなフォルムで本物のような出来といえば、TLVのローレルも忘れてはいけない。




TLV 日産ローレル1800
トミカリミテッドヴィンテージ 日産ローレル1800 1/64

ブルーバードとセドリックの大きな隙間を埋めるべく登場したのが初代ローレル。
日本初のハイオーナーカーという位置づけで、登場当初はセダンのみという展開だった。
見た目こそ大きな510ブルーバードだが、開発はプリンス系という毛並みの良い車。

しかし、子供のころから今に至るまで、あまり見かけた記憶がない1台だったりする。
ライバルのマークⅡに今ひとつ人気が及ばなかったそうだし、地味なスタイルも理由だろう。
実用使いの510ブルーバードは80年代に入ってもそこそこ見かけたのとは対照的だ。
だが、TLVはやってくれましたよ、ローレルセダンのモデル化を。
TLV ローレル1800 フロント
グリルやフロント全体の造形バランスが良く、地味な顔立ちをうまく再現してある。
残念なのはグリルがシルバー塗装の点。黒い部分やメッキの光輝感が足りない。
TLV ローレル1800 リア
シンプルイズベストと言わんばかりのリア。だが、ちょっとイイなと思わせる何かがある。
TLV ローレル1800 サイド
端正の一言で言い表せそうな、オーソドックスかつバランスの良いサイドビュー。
ボディカラーがシルバーのため、メッキ部分はグレーで塗装されている。
ホイールキャップがシルバー塗装なのはやっぱり勿体ない。


TLVの初代ローレルは、地味なスタイルと存在感を見事なまでに1/64で再現している。
その完成度の高さがたたってか、店頭でもオクでも不人気の1台になってしまった。
カラバリはゴールドと「東宝名車座」の赤があるが、どちらもオクでは0.5K以下が相場だろう。
東宝名車座はグリルやホイールがメッキなので、多少違った趣があり、これも悪くない。
スポンサーサイト
このジオラマ、よーく見るとストラクチャーの自動車や小物関連がカー(ジオ)コレのようなんですね。すると、1/150だと思うんですが写っている人の背丈と比べると、ビル群がやけに大きく見えます。実際には、スケールはどうなっているんでしょうか?。もしかしたら、カーコレの様に作ったフルスクラッチの車だとか??謎です。

TLVの初代ローレルセダンは、動画用に何台かまとめて買った時の一台で、最初から動画に使いましたが、昭和40年代の雰囲気がより感じられるデザインで良い感じだなあ〜と思いましたね(現在は、ハコスカバンの鉄ホイールに履き替えています)。ドラゴンさんも書いていましたが、真ん中〜後は本当に510ブルと同じですね。コロナと初代コロナマークⅡなんかは、ボディデザインまで一緒でローレルくらい違っても良さそうではありますが。
[ 2012/10/09 22:56 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんわ、LUXEさん

このビルやジオラマはだいたい1/30前後?くらいのサイズでした。
使われているミニカーはスケールがバラバラで、結構テキトーでしたが(笑)
他の写真で確認したところ、陸橋下の事故車はダイヤペットの1/30やブラーゴの1/24のようですね。
また、交差点とビル前のいすゞトラックはダイヤのドア開きシリーズのものです。
以前はプラモデルかスクラッチしてましたが、最近はミニカーを使っていると説明書きがありました。

ダイヤ(寺井商店)のドア開きシリーズ
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%81%AE-%E3%83%89%E3%82%A2%E9%96%8B%E3%81%8D/s?ie=UTF8&page=1&rh=i%3Aaps%2Ck%3A%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%81%AE(%E3%83%89%E3%82%A2%E9%96%8B%E3%81%8D

初代ローレルセダンは60年代の雰囲気を随所に感じさせるスタイルですよね。
三角窓もないし、オーソドックスなスタイルなのに、なぜか隠しきれない古めかしさが(笑)
以前、MC誌で長谷川の510ブルをローレルに改造した作例がありましたが、考えることは皆同じだなと(笑)
このあたりの正直な部分がトヨタに差をつけられた要因かなあ?と思ったり。
[ 2012/10/10 01:21 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する