3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

時流はつかめたか 

ダンディ カペラCG 俯瞰
トミカ ダンディ カペラCG 1/45


1987年という年は自動車好きにとって、記憶に残る1年だったと思う。
カローラ、クラウン、セドリック、ブルーバード、シビック、ギャラン…etc
各社の看板車種がFMCを迎え、スカイラインGTS-Rなど、今でも語り継がれるモデルがデビュー。
東京モーターショーで公開されたMID-4、シーマにPAOなど、バブル前夜の勢いも見られる。
小学生だった管理人も、子供なりに時代の躍動感みたいなものを感じていたのを思い出す。

4代目カペラもそんな1987年にデビューした1台。
今では忘れ去られた4WSに新設計ディーゼルエンジン、4WDを引っ提げ、颯爽と登場した…
はずが、4WSはプレリュードに持って行かれ、4WDは5ドアHBだけという具合で、どうにも地味。
途中でワゴンを追加したり、ヨーロッパでの高い評価を売りにしたが、それでも地味なまま。

トミカダンディは、トミカがリリースしていた1/43(初期はバラバラ)のミニカー。
1994年を最後にトミカのラインナップからカタログ落ちしている。
今日紹介するのは、去年オクで入手したジャンクのカペラCG。


ダンディ カペラCG フロント
1/43でもライトハウジングに色挿しがないのに時代を感じる
ダンディ カペラCG リア
テールランプはプラで再現されているが、リアハッチは開かない
ダンディ カペラCG アッパー
このアングルから見るとアテンザとの血の繋がりが感じられるが…
ダンディ カペラCG サイド
実物より少々寸詰まりで、キャビンの高さに違和感バリバリ


ダンディのカペラCGはダンディ末期の製品なのに、なぜか1/45の半端スケール。
このカペラCGを初めて見た時、久々のダンディのミニカー、しかもカペラという嬉しさ、
なのに出来はどうにもイマイチという、なんとも言いようのない気持ちになったのを覚えている。
しかもダンディ末期のためか、店頭ではあまり見かけず、ミニカー界では実車以上のマイナーぶり。

そうそう、初めて店頭で見た時、カペラセダンだと思ったんだよなあ…
スポンサーサイト
[ 2012/03/17 02:15 ] 1/43 | TB(0) | CM(2)
こんにちは!
我が家のチビッ子がトミカに目覚め
情報収集していています。
「トミカ」のキーワードで辿り着きました。
とても参考になりました。
また遊びにおじゃまさせて貰いますね!
[ 2012/03/17 07:34 ] ドライブ お勧めスポット [ 編集 ]
はじめまして、管理人のドラゴンです。

> 我が家のチビッ子がトミカに目覚め
> 情報収集していています。
> 「トミカ」のキーワードで辿り着きました。

小さなころは、一度はトミカにハマる時期がありますね。
子供のころはただのおもちゃですが、愛着を感じてずっと覚えていたり、大事にしまっていたり。
大きくなってからは、お子さんとのコミュニケーションにも使えますし、またハマる方も多いようです。

> とても参考になりました。
> また遊びにおじゃまさせて貰いますね!

お誉めの言葉、ありがとうございます。
まだまだ拙い内容ですが、いろんな角度でミニカーを掘り下げてみたいと思っているので、
これからも覘いてやってください。

P.S 長浜ラーメンは博多ラーメンより味にクセがあります。
GW前後に里帰りするつもりなので、地元で食べて比べてきたいと思います。
by 福岡出身の管理人


[ 2012/03/18 02:00 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する