3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

調査捕鯨中 

チェリカ クラウンHT カスタム 2
チェリカ 左:クラウンカスタム 右:クラウンハードトップ 1/58


さて、クジラの計量はつづく。
今日は、以前の漁で捕獲していたチェリカ類のクジラHTとカスタムを比べてみたい。

ダイヤペット種はクジラの繁殖に熱心で、1/30でHT、1/40でもセダン、HT、バンを生み出した。
しかも、1/30と1/40は途中で実車同様のMCを行い、新種の改良にも成功している。
さらにチェリカ類でもHTとカスタムを誕生させており、キング・オブ・クジラの称号に相応しい。
HTは1972年7月に誕生したという記録があり、チェリカ類の記念すべき第1子でもある。
しかも、当3吋漁業組合の初日を飾るなど、管理人のお気に入りの1台だったりする。

チェリカ類で同じ車種のボディバリエーションはクジラだけのはずだけど…
チェリカ クラウンHT カスタム


チェリカ クラウンHT リア
チェリカ クラウンカスタム リア
さすがに同じわけがない尾ひれ。HTの方が丸みが帯びた感じかな?
チェリカ クラウンHT フロント
チェリカ クラウンカスタム フロント
おや?カスタムはHT顔だから、全く同じ顔だと思っていたけど…
チェリカ クラウンHT カスタム フロントマスク比較
拡大してみたら、実は顔も顎も全然別物じゃん!ボンネット高も違うし。
HTはグリルが楕円でエンブレムも細かく、バンパーのオーバーライダーも細い。
それに、バンパー内蔵の車幅灯もHTだけにモールドされている。
チェリカ クラウンHT サイド
チェリカ クラウンカスタム サイド
横から眺めてみても、顔まわりの形状や体の厚みが随分違うのがわかる。
HTはより低さを強調したいのか、カスタムより幾分かスマートになっている。
チェリカ クラウンHT カスタム 全長比較
Aピラーを同じ位置に並べてみると、あら不思議、頭の長さも違うじゃないの!
後から生まれたカスタムの方が鼻先が長く、尻尾が僅かに短い。
チェリカ クラウンHT カスタム ボンネット比較
詳細に見ていくとHTの方がやや細かく、柔らかい印象を与えるなど、完全に別物。
違いとしてはボンネットのプレスライン、オープニングライン、インレットetc
チェリカ クラウンHT 裏板
チェリカ クラウンカスタム 裏板
ハメコミのHT、カシメのカスタムという違いもあるが、それ以前に裏板が別物。
HTはリアサスに4リンクのロッドが再現されているが、カスタムは省略されている。
しかし、カスタムは専用の裏板を起こしたらしく、これはこれでコストがかかっている。


今日の計量で、兄弟と思われていたHTとカスタムが実は別物という事実が判明した。
ダイヤペット種は1/40の3ボディとも、別の生産地(金型工場)で生まれたことがわかっている。
チェリカ類もダイヤペット同様、HTとカスタムは別の生産地で誕生したんだろうか?
ところが、短命だったチェリカ類は詳細があまりわからない。
ということで、これらの謎は今後の3吋漁業組合のテーマになりそうだ。
スポンサーサイト
[ 2012/10/25 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(2)
ドラゴンさんが比較するまで、グリルやシャーシは使い回しだと思っていましたよ。HTはグリル全体が引っ込んでいて、より実車に近い感じです。シャーシの刻印「CROWN HARDTOP」がネームプレート上にあるのは、230かマークⅡあたりと共用?と思ったり...。
リアランプも彩色すれば映えそうな出来に見えますね。全体的に似ていると感じるのは、プレイアート(プレニカ)の物を見ているからでしょうかねえ。やはり腐っても日本製ですね。当時のホンコンと出来が違います(ホンコンのもボディラインは良いんですがねえ)。

しかし2台とも横位置から見ると、伸びやかなデザインですよねえ。好きだなあ...。“クラウン”という名でなければ、そこそこ売れて後世にまで不人気なんて言われなかったような気がしますが、どうでしょう。

チェリカシリーズは、この前のマークⅡの他にセリカ・ブルU・ローレル・Z・ケンメリ・バイレット・センチュリー・トヨタトラック・トヨタ救急車・サンバーぐらいでしょうか?思いつくのはこれくらいなんですが、まだありそうですね。巣鴨のミニカーショップ(ガレージ)で、これらの実物を見ましたが、出来が今一歩...。
検索しているとチェリカ100シリーズなんてのもありますね。これもやっぱり10cmなんでしょうねえ??
[ 2012/10/25 22:37 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんわ、LUXEさん

チェリカのカスタムは6月に入手してたんですが、今回の記事を書くときに初めてまじまじと見たんですよ。
それで、ボディそのものが別物というのに今頃気付きまして(笑)
先に出たためか、HTは細部まで特徴を捉えていますね。裏板はマークⅡとは違うので、230と共通かも?

以前、LUXEさんのブログにも書きましたが、子供の頃に持っていたクジラHTの3吋を探してたんですよ。
それでいざチェリカを入手してみたら、持っていたのはプレイアートだったとわかりまして(笑)
プレイアートは大きいホイールアーチが…ですが、低さを強調するデフォルメが魅力的ですねえ。

クジラはフォーマルなはずのセダンも含め、未来的で伸びやかなスタイルなのが今でも光りますねえ。
スタイルが不人気の理由という意見の他、2段グリルがオーバーヒートに招きやすく、不評だったという説も。
特にタクシー業界からオーバーヒートが理由で敬遠されたとか聞きますね。

チェリカシリーズですが、トヨタと日産以外では唯一、ギャランGTOがあります。
以前ヤフオクに1Kでジャンクが出ていたんですが、迷っているうちに見なくなっちゃって…
また、ハコスカHTのGTもありまして、出来自体はチェリカの標準ですが、なかなか見かけませんね。
以前、某サビ取り誌で読んだんですが、ハコスカのミニカーは熱烈なファンがいるそうです。

巣鴨駅そばのサミットの1Fのショップ、以前は良く行ったんですが、最近はほとんど行ってませんねえ…
記事で取り上げたダンディのギャランΣやカペラ、ダイヤペットのコスモもあそこで買った記憶が。
コンディションにこだわらなければ、チェリカはヤフオクの方が安価に入手できる気がします。

ちなみにチェリカ100はお察しの通り、10cmサイズのミニカーです。またまた安易な発想で(笑)
小型車の初代レオーネクーペが1/40、軽自動車だと1/35~1/36スケールくらいかと。
ただ、そのレオーネや初代レックス、シャンテみたいに、唯一のモデルが多いという点は魅力的です。
[ 2012/10/26 01:52 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する