3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

ハイソカー前夜 

マッチボックス セリカXX
マッチボックス セリカXX 1/61


今日も今日とてセリカ祭を地味~に開催中。

管理人は持ってないが、2代目セリカ後期型の3吋ミニカーに香港のヤトミングのものがある。
モデルはショートらしいが、どことなくXXにも見えてしまう。
かといって出来が悪いわけではなく、むしろ一粒で二度美味しいミニカーと言える。
リンクさせていただいているLUXE37さんのブログではXXにリペイントされているが、違和感はない。
もちろん、塗装に加え、それらしく見せる腕も必要で、そのあたりのツボも大切。

さて、今日はそんな3吋に恵まれない初代XXのカタログを見ていこう。
LS セリカXX 2600G
LS セリカXX 2600G



80年8月 セリカXX カタログ
硬派なショート系とは打って変わって、高級感を漂わせる表紙。MCを受けた80年8月版。
80年8月 セリカXX 見開き頁
新搭載の2800ccエンジンとセミトレ式リアサスを、新しいハート、新しい足と表現。
従来の2600Gに代わる最上級グレードとして登場した2800G。
80年8月 セリカXX 2800G
初代セリカXXといえば、やっぱり真っ先に浮かぶのはアイボリーっぽい白。
まだスーパーホワイト以前のため、このボディカラーの白は“ピュアホワイト”と呼ばれる。
80年8月 セリカXX 2000S
中間グレードの2000S。新しく採用されたホイールキャップだが、ちょっとミスマッチじゃない?
というか、次のA60系用に新規に作られたんじゃなかったのねん…
80年8月 セリカXX 2000L
パワステが付かなかったり、リアブレーキがドラムになるが、それでも充分豪華な2000L。
80年8月 セリカXX 室内
有名なイギリスのコノリー社製の最高級皮革を使った内装がたまらなく豪華。GシリーズにOP。
80年8月 セリカXX インパネ
セリカと同じインパネながらも、ソフトパッドやクロームモールを使用し、豪華さを演出している。
80年8月 セリカXX 装備
80年8月 セリカXX 装備 2
青文字は標準装備、赤文字はOP。OPが少ないところから、基本装備が豪華なことがわかる。
80年8月 セリカXX グレード一覧
80年8月 セリカXX グレード一覧 2
グレードは2000がG、S、Lの3種、2800はGのみ。赤い内装色にトヨタの高級感の原点が見られる。
80年8月 セリカXX 最終頁
最後はきれいなお姉さんとともに〆。ぼ、僕も、お姉さんと新しいドラマを始めたいです!
T字のグリルはトヨタ2000GTから受け継がれたモチーフ。


そろそろ、初代XXの3吋や1/24で決定版が欲しいと思うのは管理人だけではないはず。
スポンサーサイト
[ 2012/11/04 06:00 ] カタログ | TB(0) | CM(4)
こんばんはです。
偶然うちもセリカネタを用意していたので思わず見入ってしまいました。このカタログセリカLBですが、実家近くに生息しており一度おっかけられたことがあります(笑)
競争していたわけではなく、こちらも近い世代の車に乗っていたため興味を持たれたのだと思うのですが・・・
[ 2012/11/04 22:34 ] 所長 [ 編集 ]
焦げ目のついたマヨネーズ色セリカが再登場ですね。さりげなく、ワタシメの更新停止状態にあるブログをリンクしていただきありがとにござんす。ヤトミンセリカは、ドア開閉機構がありプロポーションは良いんですが、ホイールアーチが大きいのでコナミやtlvのタイヤを付けると、物足りなくなってしまうのが難ですね。このころのzylmexなんかと比べてしまうと、かなりマシな出来ですが...。

カタログにある、2000Sのホイールキャップは純正なんでしょうが、違和感ありまくりですね。これが走っていたら、間違いなく「元のキャップはなんの車についていたんだろう...」と無駄な想像してしまいます。
違和感といえば、内装もそうで昨日の“XXの付かない”セリカと違って、高級感あふれる革張りや目も眩む真っ赤なバラ色シートがとても目に付きます(ちょっと座ってみたい...)。それに、標準と注文装備を色分けしてあるのが良いですね。パッと見て解るのは重要です。
何となくですが顔つきが、XXはライオンで、XX無しは猫っぽい気がしますねえ。

初代XXの三吋決定版は、私も強く望みますが、日産車キ印のいない変わりモノ好きの奇特なメーカーでないと、出さないでしょうねえ。最近でもないでしょうが、1/43ならありましたが、あれのシリーズを1/64でやってくれたら...出来うる限り応援します。
[ 2012/11/04 22:56 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんわ、所長さん

おお~、解体所様でもセリカネタですか!これはいわゆるシンクロニシティって現象でしょうか?
それとも、もしかしてセリカのキャッチフレーズ通り、所長さんとの恋の始まり!?(笑)

ご近所さんでセリカLB乗りの方がいらっしゃったんですか。しかも、追いかけられるとは(笑)
推測通りだとすれば、よっぽど所長さんの乗っていた車が興味を引いたんでしょうね。
所長さんはスカイライン好きだと思っているんですが、もしかして乗っていたのもスカイラインですか?
[ 2012/11/05 00:07 ] ドラゴン [ 編集 ]
こんばんわ、LUXEさん

せっかくセリカXXを取り上げているので、ジャンクでもマッチ箱の写真も載せてあげたくなりまして。
そして、角型ライトのセリカも取り上げる以上、やっぱりヤトミングは外せないかと。
そこで、LUXEさんのリペイント改のXXが一番魅力を伝えやすいと思い、ご出座願った所存であります。
微妙なホイールアーチですが、ホイールが小さいおかげで、より自然にXXらしくなってる気がしますね。
以前、ヤフオクのその他ジャンルに“韓国製ミニカー”という名前で出品されまして、狙ってたんです。
誰も入札しないだろうと高をくくっていたら、結構な競り合いで入札を諦めちゃいました…

なぜ2000Sにあのホイールキャップを採用したんでしょうね?
曲線的で少し前のデザインのXXに、最新トレンドのホイールキャップのミスマッチ感がなんとも(笑)
どう見ても純正品とは思えない浮きっぷりに、オーナーもさぞかし恥ずかしかったのでは?

ライトブラウンの本革やダークワインの赤い内装は、いかにもアメリカ人好みですね。
革独特の匂いもアメリカ人の好みだそうで、アメリカ向けの本革内装車は匂いを強く付けると聞きます。
このあたり、高級に感じる色や素材は日米共通でも、嗅覚はけっこう違うんだなあと思いますね。
まあ、個人的にはあの革の匂いは嫌いじゃないですが。

顔つきのたとえ、なんとなく言い得て妙といった気がします。
同じ角4灯でも、ショートはフロントがシャープ、XXは結構ボリュームを感じるんですよね。
どちらも同じモチーフなのに、ボディの大きさに比例した印象を与えるんだなあと。

初代XXのルミノの1/43、なんとなく微妙な雰囲気のノレブの国産名車と同じモノなんですよね。
となると、トヨタ車づいてるTLVNに決定版を期待するしか手はない?
いやいや、TLV&Nは1/64のダイヤペット&国産名車を目指すべきでしょ!
って言いたくもなりますよね~。
[ 2012/11/05 00:59 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する