3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

壊したあとは? 

2014年11月3日 画像全面変更&一部加筆
トミカ セリカLB ジャンク


セリカ祭は終わったものの、紹介もれしていた1台があった。
それは手前のきったないトミカ。本当に汚いというか、見事なジャンクっぷり。
誰がこんなひどいことを!と聞かれれば、なにを隠そう、幼き日の管理人の仕業である。

元のボディカラーは黒だったが、同じ団地に住んでいたすー君(仮名)が色を塗ることを教えてくれた。
この悪魔のささやきを聞き入れ、魂を売った幼稚園児の手によって、黒いセリカは見るも無残な姿に…
以来、長らくの間、汚い銀色を晒してきたが、そろそろレストアをしてあげようと思っている。
なるべくオリジナルに戻す方向で行く予定だが、管理人の腕前では完全には無理だよねえ…

再販品との比較
トミカ セリカLB2000GT フロント比較
トミカ セリカLB2000GT ジャンク フロント
トミカ セリカLB2000GT リア比較
トミカ セリカLB2000GT ジャンク リア
トミカ セリカLB2000GT サイド比較
トミカ セリカLB2000GT ジャンク サイド
こんな状態でも、ピラーの脱落や車軸の曲がりはないので、頑丈な作りっぽい。

そして、もう1台…
トミカ セリカLB ジャンクばらし
さて、どう料理しようか…

そうそう、祭の終わりに合わせるかのように、セリカを使ったドラマが放送されていた。
そこで、今回もちょこっとだけ画面の中のセリカを取り上げよう。


七人の刑事
それはTBSを代表するドラマにして、日本の連続刑事ドラマの元祖「七人の刑事」。
といっても、1961~69年に放送された旧版ではなく、1978~79年の新シリーズ。
七人の刑事 21話
セリカが登場するのは第21話「倉田平三巡査の夏」(1978年9月22日放送)

この話は映画秘宝Vol.4「男泣きTVランド」などで紹介されており、知る人ぞ知る超傑作。
でも、ここではめんどくさい ネタばれになるので、ストーリーには触れないことにする。

そして劇中に登場したセリカはこれ!さらに画質が甘いのは圧縮して焼いたため!
七人の刑事 21話
いきなり壊れてるじゃないの~!グレードはST。当然ながら、この時点では全くの新車。

2014年11月3日追記
画像を変更するにあたり確認したところ、STではなく、1グレード上級のXTでした。


こりゃあ、フロントフェンダーは新品に交換しないと…
七人の刑事 21話
七人の刑事 21話
七人の刑事 21話
七人の刑事 21話
七人の刑事 21話
七人の刑事 21話
左から岩下刑事(中島久之)、所轄の刑事(小瀬格)、佐々木刑事(樋浦勉)

七人の刑事 21話
ところで、この色のセリカLBって、どこかで見た記憶があるような?

そう、七曲署の覆面車と色も形もグレードも同じ。
「七人の刑事」は金曜夜8時の放送で、「太陽にほえろ!」の裏番組という大人の事情が。
男泣きTVランドによると、太陽と同じセリカの新車をわざわざ壊した“金のかかった小道具”

このアングルからXTのエンブレムが確認できます。
七人の刑事 21話
お、俺のセリカにぶつけた奴はどこのどいつだ!
七人の刑事 21話
買ったばかりでローンが残っているっていうのに、もう事故車扱いかよ…
七人の刑事 21話
今年の夏はセリカでナンパしようと思ってたのに…とガックリする倉田平三巡査(織本順吉)
スポンサーサイト
[ 2012/11/12 06:00 ] 劇用車 | TB(0) | CM(2)
画像の一枚目、軽石で出来たセリカかと思いましたよ。普通の?幼稚園児なら、クリアパーツまで色を塗ったり、車高短化、ピラー折れしているのがパターンなのに物持ちがよいですねえ〜。そういえば、私も小学生の低学年ぐらいでしょうか、近所の子と泥遊びしていてトミカを使ってもっと面白い遊びをしようと彼が言うんです。ありったけのトミカを持ってくると、コヤツはあろう事か泥にトミカを投げ入れギャハハハと笑っているではありませんか!。怒り心頭なんですが、コチラももう引き返せません。ええ...私も投げ入れましたとも...後で母親に叱られたのは言うまでもありませんが。

鼻っ垂れ小僧時代は、置いときまして。
セリカ復活計画、私なら塗装剥離→各部磨き整形→プラサフ(塗装乾燥中の間に、クリアパーツをコンパウンドで磨き)→ブラック(soft99チビ缶のブラック〈トヨタ#202〉)→マスキングしてシルバーでライン塗装でしょうかねえ...。ピラーのCELICAの文字は、カタログ(or再生産トミカのピラー部)からスキャンして転写シールを使えばなんとか...。
まあ、プラモに親しんだドラさんのこと、件のセリカを元に戻すのは簡単ですよね....。

分解して後戻り出来ない初代LBは、各部修正後にカタログから好きな色を選べば(フルカラーチョイスシステム!)、楽しい暇つぶしになりそうです。

例のCSで放送中の七刑'78ですね。憎っくき裏番組でメインに使われている同じ車種を、いくら視聴率で凹まされているからって壊しますかね(笑)。現行モデルですよ。
これは当て逃げ犯か、銀行強盗の逃走車の設定ですか?。だとしたら、ゴリさんか殿下あたりが、凶悪犯役で出演しているのと同じ....。スタッフのお遊びとしても、セリカが不憫です。どうやっても勝てない相手に、ヤケクソだったんですねえ..。
[ 2012/11/12 23:06 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんわ、LUXEさん

銀色のセリカ、パッと見のインパクトと言うか、異常な正体不明感が出過ぎたようで(笑)
他のトミカと同じように遊んでたんですが、相性が良かったのか、いまだにガタピシ感は皆無です。

泥投げ込みエピ、トミカ好きには強烈な悲話ですね。
当人は楽しいんでしょうが、LUXEさんは大切なトミカを汚されるんですからねえ…
でも、関係を考えると、断ることもできないという、子供独特の思考が発揮される年代でもありますし。
自分は記事に出てきたすー君に石でスクラップにする技?も教わりまして、本当に気持ちが荒みました。
なので、当時壊したトミカの供養も兼ねて、ジャンクのレストアをしてあげようと思ってます。

セリカ復活計画、LUXEさんと同じ流れを考えていました。
ソフト99のトヨタ用#202は検索すると安価なものが出ますし、なかなか良さそうですねえ。
このセリカ、艶消しシルバーが綺麗でメリハリ感に繋がってるんですが、これは難易度高めかな?
LUXEさんのおっしゃる通り、復活計画はプラモ感覚で進めていくのが一番良さそうですね。
また、初代LBも実車同様のフルチョイスシステムで3吋再生工場仕様を作り上げないと(笑)

男泣きTVランドに七人の刑事のセリカの話があったんですが、色まで同じとは思いませんでした(笑)
当時TBSは大々的に番宣していたものの、このエピは明るいウリがなく、セリカの破壊をウリにしたようです。
「倉田平三巡査の夏」は旧作のリメイクなんですが、本当に暗いというか、斜め上をいくような話で。

◆ある晩、倉田巡査(織本順吉)の娘(鮎川いづみ)がひき逃げに遭い、死んでしまう。
倉田巡査は娘の恋人(岡田裕介・現東映社長)が殺したんだと言いだし、その男が調べられることに。
男の車には新しい接触痕があり、疑惑は深まるが… というのが話のさわりです。
そして、恋人の車がセリカLBなんですね。でも、衝突シーンは一切なく、本当に勿体ない使い方です。
[ 2012/11/13 01:45 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する