3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

アンチモニーでアンチテーゼ 

アンチモニーコレクション セドリックバン
アンチモニーコレクション セドリックバン 日産サービスカー 1/43


先日、某所の中古ショップで入手したアンチモニーコレクションのセドリックバン。
43スケールだと古いダイヤペットかダンディしか集めない管理人にとって、コレクションの対象外だ。
だが、ひとケタ間違ってんじゃないの?という、あまりの格安な金額だったため、入手してみた所存。
コレクションの方向性とは違うが、たまにはこんな邂逅があってもいいかな?

アンチモニーコレクションとは、ミニカーショップのアイアイアドカンパニーが展開しているブランド。
おいそれと買える金額でないことからわかるように、完全な大人向けのコレクターズアイテムだ。
それが理由なのか、リリースのペースは遅めで、車種も少ない。
もっとも、1/43のアンチモニーのミニカーはブランドを問わず、車種選択も価格も似たようなもの。

アンチモニーのミニカーはダイヤペットの前身、大盛屋ミクロペットが60年代にリリースしていた。
簡単に金型を作れるので、金型の改修も容易だったり、細部の再現に優れるという長所がある。
一方、素材が特殊で生産に手間がかかるので大量生産できず、柔らかくて壊れやすいというのが短所。
アンチモニー製ミニカーが結構なプライスなのには理由があるのだ。

さて、このずっしりと重量感のあるセドリックバンを見ていくことにしよう。


アンチモニーコレクション セドリックバン フロント
バンらしく、フロントマスクはスタンダード系のものが再現されている。
全体的におおらかで玩具っぽい素朴さが漂うが、その中に現代的な細かさも感じられる。
アンチモニーコレクション セドリックバン リア
少しゴツいリアまわり。だが、塗装されたテールランプやパネルなど、アンチモニーの良さが出ている。
アンチモニーコレクション セドリックバン サイド
極く僅か、Dピラーの角度に違和感があるが、昔のミニカーっぽい雰囲気を見事に甦らせている。
アンチモニーのミニカーはボディにメッキを施した上から塗装するので、塗装の輝きが際立つ。

金額が金額だけに、気軽に進めるわけにはいかないアンチモニーのミニカー。
しかし、独特のノスタルジックな風合いには、精密な現代のミニカーとは違う魅力がある。
もし、偶然にも掘り出し物にめぐり会えれば、それはもうおススメしたい。
セドリックバン セドリックタクシー
スポンサーサイト
[ 2012/11/13 06:00 ] 1/43 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する