3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

ハードトップ'71 

TL グロリアHT 2000GX 
トミカリミテッド グロリアハードトップ2000GX 1/65


今日はトミカの230グロリアHTを取り上げたい。

トミカでの230セド/グロは、セダン、2ドアHT、ワゴンの3つのボディバリエーションが揃う。
とはいえ、セダンは香港生産の“香港トミカ”のため、昔から希少品になっている。
子供の頃、230セダンのミニカーが欲しかったのだが、周囲で持ってる人は誰ひとりいない。
だから、230セダンがトミカにラインナップされていたのかすら、全くわからない状態だった。

そんな管理人が唯一持っていた230セド、いや、グロリアがこのHT。
同じ団地の子がワゴンを持っていて羨ましかったが、ヤフオクもなければ、専門店もない時代。
そのため、HTで我慢していた。もっとも、そのHTものちに紛失してしまったが…

トミカの230セド/グロで一番出来が良いのがHTだと思う。
トミーはその良さを理解していたのか、あるいはマニアに向けたのか、リミテッド化している。
では、素性の良さをうまく引き出しているTL版グロリアHTをチェックしてみよう。


TL グロリアHT フロント
フロントマスクをクリアーパーツで作り、ライト以外を塗装するなど、凝った造り。
ライトベゼルが再現されてないので、ライト周りに違和感があるのが残念。
しかし、グリルやエンブレムに至るまでしっかりと色差ししてあり、満足度は高い。
TL グロリアHT リア
一体のリアパネルとバンパーの隙間に黒く色挿しして、別パーツに見せている。
また、リアガーニッシュの塗装や、タンポ印刷でのトランクのエンブレムなど、細かい。
TL グロリアHT サイド
TL共通のウィークポイントの大径タイヤを除くと、文句のつけようのないサイドビュー。
ホイールもGX用が作られており、ダブルリボンタイヤとともに雰囲気を高めている。


トミカの中でもトップクラスの出来だと言える230グロリアHT。
それをリミテッド化したのだから、悪かろうはずもなく、とてもイイ仕上がりになっている。
リリースから既に5年以上経過しており、店頭での遭遇はなかなか難しいと思う。
オクでは相場が一時期上がっていたが、最近は0.5K前後で落ち着いている。
スポンサーサイト
[ 2012/11/16 02:30 ] トミカ | TB(0) | CM(2)
仰る通りトミカの中では化粧映えする出来ですね。今のトミカには無い、玩具っぽさの中に細やかさもあるのが又素晴らしいく思います。現代のトミカが不利なのは、実車自体が流線型で玩具っぽいデザインなり、それに沿う形でしか製品化出来ない(キャラものは除く)、安全面等の理由からエッジを立たせられない、コストカットでアクションがオミットされスケールも小さくするなど、トミカの対して不快感がありましたが、一概に責められない部分もあるなあ..と最近思うようになって来ましたねえ。
ふと気になったんですが、この時期のトミカはドアハンドルやサイドウインカーが凹なんですよね。型抜きの都合で...というなら、サイドエンブレムはしっかり凸になってるし、後から接着された訳でもない...。ホンコン製セダンのドアハンドルは、リアルな形状でサイド灯火類は凹なんです。トランクのネームプレートも凸で結構リアルなんですね。同時期のブルUHTはすべて凸で、良い感じですがケンメリHTは灯火とドアハンドルは凹だったり...。
これはどういう基準なのか..この謎は隊長にお願いするしか...。

今のトミカリミテッドのラインナップを見ていると、70'Sのリミテッド化は、ジャンクからそれぞれ個人でやるしか無いような感じですね...。金型はあると思われるのに、再販されない車種は、リミテッドで期待しよう...なんて甘かったようです。トミカのHPで新製品情報が更新されて、トミカリミテッドの部分を見てみると「いらねえ〜〜!!!」
って声が出るくらいですから..(誇張なしです)
やはりリミテッドシリーズが出始めの頃に旧車を色々出してみて、あまり売れ行きがよろしくなかったんでしょうね。1/60ベースのタイヤを共通化するため、他車種で合わないのを承知で取り付けたり、素性は良くてもスケールがバラバラだったりと、現代の1/64で統一されたリアルな模型とも言えるミニカー相手じゃ、難しいんでしょうねえ。
この手の懐かし3吋は、子会社のTLVでやってくれって事なんでしょうか....。そう、こういうのは個別で出すから不人気車がでるんです!。私なら、70'ベストカーリミテッドとして、セット売りにしますね。マークⅡグランデ、ギャランΛ、ルーチェAP、アコード、ブルーバードG6なんてどうでしょうかねえ...。かなーりマニア向けですね(笑)

今回のリミテッドのグロ’71HTに関して言えば、ホワイトやブラウン、パトカー仕様でも出せば買う人は多いだろうとは思いますが。
[ 2012/11/16 23:17 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんわ、LUXEさん

最近はPL法や原油価格上昇で、おもちゃメーカーが神経質になっているようですねえ。
トミカも子供が手に持ちやすいように、ドアミラーがなくなり、丸っこいスタイルなりました。
また、子供の頃は280円→320円でしたが、今の定価も360円ですし、マイナスでもおかしくないかと。
個人的には定価を400円+αくらいにするか、毎月2台体制を廃止してもいいのでは?と思うんですが…

昔のトミカのディティール、言われてみれば、車種ごとに結構な違いがありますねえ。
グロリアHTはドアハンドルが凹、セドリックバンは凸なのに、全体的にはグロリアの方がよくできてたり。
個人的には金型を製作した職人or工場特有の癖と言うか、特徴なのでは?と睨んでいるんですが。
これは3吋探検隊というか、3吋研究室の今後の研究課題ですね(笑)

今後のトミカリミテッド、旧車路線はどうやらやる気がなさそうですねぇ。
最近の車種が多いのは、身の回りにあって、リミテッド化のメリットがわかりやすからでしょうか。
また、LUXEさんのおっしゃるように、スケールや売れ行きの点でバラつきが大きかったのもあるかと。
不人気のTLは、ず~っと在庫になってるか、投げ売りされちゃってますし…
そう考えると、'70sベストカーリミテッドはいいアイデアですね!
そして、チョイスされた車種も全面的に支持します!さらに初代チェリーやセンチュリーも追加で(笑)

最近のTL、以前にリリースした車種が色替えで出てますし、グロリアもありだと思うんですが。
グリーン/白のレザートップや、ホワイト/黒のレザートップとかもイケそうかと。
[ 2012/11/17 01:28 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する