3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

優雅と気品のコマーシャルカー 

トミカ セドリックワゴン
トミカ セドリックワゴン 日本航空連絡車 1/65


トミカの230グロリアHTに続き、今回は230セドリックワゴン(のジャンク)を。

この230セドリックワゴン、トミカ初のワゴンモデル(№47)だったそうだ。
そのため、道路公団、パトカー、消防司令車、そして日航連絡車とバリエーションが多い。
昨日の記事に書いた、同じ団地の子が持っていたワゴンも日航連絡車だった記憶がある。

76~77年にノーマルと各バリエーションが絶版になって以来、長らく再生産がなかった。
しかし、2003年の誕生記念コレクションをきっかけに、特注品やTLなどで再販されている。
中でもTLは07年にノーマル、昨年はパトカーと、やはりマニア向けとしか思えないラインナップ。
管理人も早速買いに行…くのを忘れてしまい、いまだ入手できてないありさま…
そこで、レストア&カスタム用にと思い、このジャンクをヤフオクで入手してみた。
ところが、うっすら残る日本航空の文字と日航マーク、日航カラーのため、この状態で残すことに。

では、セドリックワゴンを見ていこう。


トミカ セドリックワゴン フロント
HTと違い、バンパーはシャーシと一体。そのため、天地方向にやや厚ぼったい印象。
また、グリルのシャープさが足りないが、ライトの大きさなど、バランスはよい。
トミカ セドリックワゴン リア
テールランプのモールドが外枠だけだったり、少々アバウトな雰囲気が漂うリア。
だが、シャーシにひっかけるボディのツメをナンバーに見せるなど、妙に芸が細かい。
トミカ セドリックワゴン リアオープン
ドアが開かない代わりにリアゲートが開閉可能。ジャンクだとリアゲートの欠品も多い。
入手した時点で、右側面にはサイドラインも日航マークも残ってなかった。
トミカ セドリックワゴン サイド
何か感じる違和感、それは少し高いキャビンと長すぎるリアのオーバーハング。
ワゴンらしさを強調するためのデフォルメが効きすぎたのだろう。


出来はHTに比べて劣るセドリックワゴンだが、らしさの演出そのものは悪くない。
ヤフオクでは当時モノのジャンクやTLが定期的に出品されている。
また、各バリエーションも出品されており、意外とタマ数は多いようだ。
ジャンクだと0.1~0.5K、TLは0.5~1K前後が相場だろう。
スポンサーサイト
[ 2012/11/17 02:30 ] トミカ | TB(0) | CM(2)
セド'71でもワゴン(実際にはバンでしょうけど..)ですね。
日航で思い出しましたが、70年代に空港に見かけるこれらの車両をミニカー化するのが流行っていたんしょうかねえ?。トミカだけではなく、バンダイはそれ専用のシリーズがありましたし(ミニカー化されていない車種が結構あるので、3吋よりかなり小さいのが悲しいですね)。もっというと、トミカは飛行機まで(スカイトミカシリーズ)出していたし...。まあ、トミカの場合は外車や戦車、ダンディ等国産車の3吋以外に、持ち駒を増やそうとしていたんでしょうけど....。

この年代のマッチボックスなんかと比べて、エッジが立っていて、細やかな作りだなあ〜と思いますねえ。でもモールドやシャーシの彫りは、1/66のドイツ製シュコーの方が“無駄に”繊細で心底関心しますね。子供向けのミニカーなのにって(笑)。ホイールキャップも妙にそこらの車種にありそうな、なんにでもあう秀逸なデザインで好感が持てます。
おっと話がずれた。
仰る通りトミカのセドワゴンは、鼻の下を伸ばしているようなエロニヤケ顔で、似てないんだけど憎めない感じでしょうか(相変わらず解りにくい書き方ですね)。
そういえば、グロHTと共にZYLMEXかYATMINGのパチものもありましたね。適度にコストカットされていて、あれはあれで好きですが。
トミカの場合、ドアアクションは前後のどちらか1箇所って決めていたんでしょうけど、フロントドアは開いた方が嬉しいですよねえ...。もしそうだったら、今頃ヤフオクに出ているは、ガラス無し、ドア・ハッチ無しで車内の風通りが相当良い感じになっていた事でしょうね.....。
書いておられる2003年誕生記念コレクションを、前に中古ショップで買ったんですが、セドワゴンの落ち着いた薄い青色が、ワゴンボディに合っていてなんとも上品で気に入りました。TLは白ではなく、この色の方が嬉しかったですね。(例によって、タイヤ交換と色差しで疑似リミテッドでも作りましょうかねえ....)
[ 2012/11/17 23:47 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんわ、LUXEさん

言われていれば、70年代の働く車系ミニカーの中には空港ものも多いですねえ。
トミカでも№94の化学消防車~№103の空港バスまで、全て空港関係のラインナップで占めてます。
そして、スカイトミカシリーズ、実は忘却のはるか彼方に過ぎていました(笑)
調べてみると、飛行機プラモよりちょっと大きめの1/415スケールですか~。
どうせなら1/60スケールでお願いしたいところですが、果てしなく巨大になってしまうんですね…

また、バンダイのエアポートシリーズもたまにヤフオクで見かけますね。
以前、トヨタコースターが出品されており、興味があったんですが、いかんせん1/99というスケールが…
検索したところ、このシリーズにもジェット機も存在したそうで、ジオラマとしてもイイ感じです。
LUXEさんは日産エコーあたりがご所望でしょうか?(笑)

http://www.honey.ne.jp/~oswaldxx/col/toy_plane/26.htm

シュコーは数台持ってますが、どれもが技術の国・西ドイツだなぁと思わせる繊細さがありますね。
また、トミカに輪をかけて地味な車種選択もツボで、昔のダイヤペットとタメを張れるのでは?
今後、シュコーのミニカーも紹介&レストアで取り上げるつもりなので、期待せずにお待ちください(笑)

トミカのワゴン、LUXEさんの比較記事でも取り上げられてましたね。
なにかを思い出してはニヤニヤしてるような、そんな鼻の下を伸ばした顔つきで(笑)
HTはヤトミング、ワゴンはジルメックスからも出ていますが、香港でも人気があったんでしょうか?
まあ、本当はトミカをコピーしただけなのかもしれませんが(笑)

そういえば昨日、今月の新トミカを見てきたんですが、アクアもノートも開閉は全く無いですねえ…
個人的にはフォルムがしっかりしてれば開閉なしでも構わないんですが、トミカらしさは希薄かと。
それを思うと、子供のおもちゃにフォルムとギミックを両立させてた頃のトミカは凄かったんですね。
まあ、ドアやリアゲート、Aピラーが欠損するくらいの繊細さはショックも大きかったですが(笑)

LUXEさんは2003年コレクションをお持ちでしたか~。
あの薄いブルーは当時物のオリジナルカラーの再現ですが、やや淡くなっている気がします。
それで、一層上品な雰囲気を醸し出しているのではないかと。
TLの白は豪華な印象ですが、薄いブルーだといかにも当時らしさが出そうですね。
[ 2012/11/18 01:50 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する