3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

受け継がれる血統 

ブルーバード 510 910 U12


今日も510ブルーバードを使い、3吋比較をやってみよう。

510以降のブルーバードの成功作といえば、6代目の910と8代目U12が挙げられると思う。
どちらもクリーンなスタイルで、特に910の方は510をアレンジしたかのようだ。
一方、U12は当時のアウディ80的な角が取れたスタイルだが、どことなく510の血筋を感じる。
つまり、510以降の成功作にはご先祖様・510の面影が見えてくるのだ。

その3台がトミカとTLVNから、しかも1/64でモデル化されている以上、比較しない手はない。
では、510の家系図を覗いてみよう。


TLV ブルーバード フロント比較
トミカ ブルーバードターボ フロント比較
TLVN ブルーバードアテーサ フロント比較
68年、79年、89年と年代は違うが、安心感を感じさせるハンサム顔は共通。
910以来、SSS系はハニカムグリルを採用している。
TLV ブルーバード リア比較
トミカ ブルーバードターボ リア比較
TLVN ブルーバードアテーサ リア比較
穏やかで強い自己主張はないが、きれいに整ったリアにも同じ雰囲気が漂う。
TLV ブルーバード サイド比較
トミカ ブルーバードターボ サイド比較
TLVN ブルーバードアテーサ サイド比較
直線的な510と910、柔らかい面構成のU12と違いはあるが、端正さは同じ。
ボディとキャビンの位置やA/Cピラーの角度など、ある種の黄金比が感じられる。
実車のサイズは

910…全長:4510mm 全幅:1655mm 全高:1370mm HB:2525mm
U12…全長:4520mm 全幅:1690mm 全高:1375mm HB:2550mm

と、たった10年でコンパクトだった510より、かなり立派な体格に成長。
しかし、910以降は最終モデルのU14まであまり変化はなく、ポジションを守っている。
ブルーバード 3台 大きさ比較
上から見るとこんな具合で、似たようなスタイルでもしっかりと大きくなっている。
角張った910に対し、U12は前後の絞り込みがはっきりわかるだろう。
スポンサーサイト
[ 2012/12/13 02:30 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する