3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

鬼はどちらか? 

アオシマ 110クラウン
?????


TLVNの110クラウンを入手したら、やってみたい比較があった。
ということで、今回は遅まきながらTLVNとアオシマのグラチャンコレクションの比較。
アオシマもTLVNも現代の1/64のミニカーらしく、精密な仕上がりになっている。
もちろん違いもあり、シャコタンエアロ付きで2800のアオシマに対し、TLVNはノーマルの2000。

アオシマ 110クラウン
アオシマ グラチャンコレクション MS110クラウン 1/64


TLVN クラウン 2000エクレール
アオシマ 110クラウン
押し出しの強い角張ったフロントを再現したTLVNに対し、アオシマはやや天地幅が狭い。
2000と2800ではグリルの格子の形状が違うが、アオシマは格子の塗装がないのが残念。
また、フロントがスラント気味でウインカーの色も淡いため、60マークⅡに見えなくもない。
だが、2800専用の大型バンパーは形状やモールも含め、しっかり再現されている。
TLVN クラウン 2000エクレール
アオシマ 110クラウン
TLVNはリアまわりが僅かに厚く感じるが、アオシマはテールランプが薄く、クレスタに見えてきた。
アオシマは、妙に横幅が大きいリアバンパーも見事に再現している。
TLVN クラウン 2000エクレール
アオシマ 110クラウン
三面図をスケールダウンしたようなTLVNと、全体的に低めでシャープにデフォルメしたアオシマ。
ただ、スラントしたフロントを除けば、アオシマの方が記憶の中の110クラウンに近い気も。

ところでこの2台、どれくらい車高に差があるかというと
TLVN アオシマ 110クラウン
TLVN アオシマ 110クラウン
健全なTLVNと、確実に踏切をまっすぐ進めないアオシマ。


プラモデル的なアオシマと正統派のTLVN、お互いの得意分野を活かしたモデル化なのがわかる。
TLVNからは来月にも2800がリリース予定なので、興味がある方はこちらと比較してもよさそう。
スポンサーサイト
[ 2013/01/17 02:25 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(2)
ノーマルが好きなので、アオシマのグラチャンコレクションは持っていませんが、
今回の比較も面白いですね~。
アオシマの鬼クラ、
ちょっと60マークⅡっぽいフロントと、初代クレスタっぽいリヤ、
中々カッコいいです。
このまま拡大した実車があれば、イカしたサルーンになっていたような気がします。

あ、TLVNからは鬼クラ2800が出るんですよね~。
買わなくちゃ!
[ 2013/01/17 23:06 ] celica197012 [ 編集 ]
こんばんわ、celica197012さん

アオシマのグラチャンコレクション、ノーマル派にはちょっと…なんですが、車種選択が絶妙でして。
鬼クラ、ジャパンセダン、3代目ローレル4ドアHT、61マークⅡHTなど、3吋唯一のモデルがあるんです。
もっとも、非純正エアロも一体成型なので、ノーマルにはならないというのが惜しいところです。

61マークⅡやクレスタは当時人気があったようですね~。
女子大生が乗せてほしい車ランキング1位がクレスタスーパールーセントだったとか(笑)
ライバルの31ローレルや30スカイラインに比べ、ちょっとイイなというツボを確かに押さえてますね。
それに女子大生だけじゃなく、子供でも乗せてほしかったくらいですし(笑)
TLVNからもマークⅡ3兄弟が出ないかと期待してます。

そうそう、記事は訂正しましたが、TLVNの鬼クラ2800は来月でした。
自分は西部警察シリーズを買っちゃうかな…?
[ 2013/01/18 01:16 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する