3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

既視感で比較 

TLVN トミカ 110クラウン


昨日はTLVNとアオシマのクラウンHTを比較してみたが、今回は同門対決をやってみたい。
ということで、TLVNのHTとトミカのクラウン2800ロイヤルサルーンを比べてみよう。
しかし、以前に紹介したノーマルは秘境に置いてあるため、手元にはない。
そこでイオン特注のパトロールカーにご出座を願った。
上の画像にときめく人とかいるのかしらん?


トミカのロイヤルサルーンの販売期間は80年8月~84年5月までで、スケールは1/65である。
また、クラウンパトロールカーは80年9月~84年5月までと、ノーマルより1カ月短かった。
イオン特注 クラウンパトロールカー
イオン特注トミカ 6代目クラウンパトロールカー 1/65


TLVN クラウン 2000エクレール
イオン特注 クラウンパトロールカー
バンパーがシルバーなのが残念だが、2800専用のグリルやバンパーの張り出しは充分。
430セドリックも出たんだし、トミカリミテッドでリリースしてもいいのでは?
TLVN クラウン 2000エクレール
イオン特注 クラウンパトロールカー
HTに比べてデフォルメがきつく、トランクがかなり長くなっているのがわかる。
以前も書いたが、わざわざ別パーツを使ったテールランプが今ひとつ似てないのはどうなの?
TLVN クラウン 2000エクレール
イオン特注 クラウンパトロールカー
セダンはワイド感を強調するためのデフォルメが強く、とにかく低くて長い。特にトランクは長い。
しかし、ピラーの角度やモールの彫刻など、キャビンの形状はかなり良い。
TLVN トミカ 110クラウン
フロントから見ると、セダンの方が圧倒的にシャコタン。パトカーなのに、どういうことざます?
TLVN トミカ 110クラウン
上から見ると、大型バンパーのセダンと標準バンパーのHTでちょうど同じくらいのサイズ。
スポンサーサイト
[ 2013/01/18 02:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(4)
おっとっと、比較するのが昔の台形型散光灯が生産出来ないので、有り合わせの楕円形タイプ(しかも小さい)で誤摩化した劇用車風パトカーと来ましたか。たしか初期の刑事貴族で使っていたような気がしますが、今回はパトが主役じゃなかった...。比較ですね。
トミカのは、5代目の2600セダンもそうですが妙に平べったいのが惜しいですよね。アオシマがグラチャンで出すまで6代目の3吋がこれしかなかったので我慢してましたが、後期4HTと前期セダンですが30年近くの歳月がよく分かる進化ですねえ。
トランクが長く見えますが、実車の画像などと比較するとそんなに違和感はないような...。
ですが今現在、6代目セダンの3吋はこれしかない...なんとか手を加えてそれらしくするしかないですかねえ....。
それと、トミカの車高に関してですが。このクラウンに限らず、そのほとんどの車種で車高が低いんですよねえ。コナミや京商なんかのリアルタイヤを取り付けようと、車高を調整するといくらでも低くは出来るんですが、あまり高くは出来ないんですね。車軸が入る部分の下を削っていくと下手をしたらシャーシが折れてしまいそうだし...。TLのもタイヤが大きすぎてシャコタン気味に見えてしまう...。困ったもんです。
“430セドリックも出たんだし、トミカリミテッドでリリース”云々と、嬉しい事を書いていただいてますが、今後出る気が全くしません!。前期2ℓや後期2.0,2.8の他、バリエーションはいくらでも出来そうですが、担当者の好みではない感じがビンビン伝わって来ます。いや、裏切ってほしい....。
[ 2013/01/19 00:11 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんわ、LUXEさん

年式とミスマッチなパトライトを載せてしまったイオン特注品クラウンパトを出してみました。
それでも大都会パートⅢの1話に出てきた散光式ライトの130セドよりはかなりマシかと(笑)
そういえば、大爆走シリーズ初期にも散光式パトの130セドが出てましたね~。
刑事貴族だと、ムスタングやバンデンプラのバブル全開な覆面ばかり印象に残ってます。
おや、こちらもついつい脱線してしまいました(笑)

クジラはデフォルメが感じられないのに、80クラウンと110クラウンはデフォルメが強いですね。
110クラウンはともかく、80クラウンは子供の目にもまるで似てないなあ…と写っていました。
330/430セドも同じような傾向が見えますし、金型を担当した職人も同じ人だったんでしょうかね?

TLVNと比べるとロワーボディの厚みがまるで違い、トミカはアメ車のフルサイズみたいです(笑)
トランクが長く見えるのも、薄いロワーボディと車高の低さから受けるところが大きいのかな?と。
実車だと、もう少しトランクがキュッと引き締まって見えるのがポイントでしょうか。
トミカの車高を上げる方法を考えても、よさそうな方法が浮かばず、結構キツイですよね。
シャーシを加工するスペースがあまりないし、おっしゃる通りにシャーシそのものも脆そうで…
こうなると、ボディそのものの寸を詰めるしかないかな~と思うんですが、それもちょっと…ですし。

クラウンとセドリック(もしくはブル)は全モデルTL化してもいいんじゃないかなと思うんです。
どちらもトミカでは重要なモデルですし、それくらいはしてもバチは当たらないかと。
トミカの歴史を辿る意味でも、古くからのファンへのサービスにもなると思いますし。
TLVとTLは担当者も違うでしょうし、そのあたりに一縷の望みをつないでみても?
[ 2013/01/19 02:24 ] ドラゴン [ 編集 ]
ドラさんの返信を読んで、赤面...。
TLVがいたので、トミーテックの担当者と勘違いしてしまいました(笑)。仰る通りに、6代目以降もリミテッド化を期待したいですねえ。考えるとTLのMS50はグリーンキャブタクシーだけで、オーナー車、パトは無し...(せっかくホイールまで新造したのに)、クジラはなぜだかファイアーチーフを追加、80はオーナー車のみ。
120は出来が良いのでTL化したら映えそうです。マジャスタは...顔が似てないので....。
でもまあ、出した所で捌けそうにないから出さないでしょうねえ。蜜月関係の日産の旧車もたいして出てないし...。今月のTLもまた現行車種か....。要〜らないっと(笑)。
[ 2013/01/19 23:01 ] luxe_37 [ 編集 ]
TLシリーズが始まり、それを受けたかのようにTLVが始まったので、何らかの関係があるのかも。
それに、最近はTLもTLVも安全パイ志向のモデルや以前のカラバリが多いのも似通ってますし。

それにしても、50クラウンはなぜタクシーしかリリースしなかったんでしょうね?
普通はノーマルが出て、それからタクシーなりパトカーなりというのが当然だと思うんですが。
ノーマルのTLがあれば、TLとTLVのセダンとワゴンで比較したいと思ってるのに、実現しません(笑)
クジラのファイアーチーフも?だし、どうにもモデル化の意図が見えないんですよね。
こうなれば、やっぱり自分の手でリミテッド化を進めるしかないでしょう!(笑)

巨大掲示板によると、春以降はレガシィの覆面パトやクラウンパトがTLになるとか。
ここ最近の流れと合わせると、もう旧車路線は打ち止めに近いんでしょうかね?
とか言ってると、もう何度目よ?のトヨタ2000GTや、何故?のハコスカが出てきちゃったり(笑)
[ 2013/01/20 02:09 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する