3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

超えてるクルマか? 

2016年3月6日 画像追加
チェリー


初版の「ミニカー大百科」を手に入れて以来、25年以上欲しかったトミカの初代チェリー。
その初代チェリーをようやく入手した。ミント品を買う財力はないので、当然ながらジャンクである。
でも、車軸のヘタリもないし、裏板も綺麗なので個人的には大満足。

小学生(幼稚園?)の頃、近所にあった歯科医院に通院したことがある。
その歯科医院のそばに大きめのスーパーと駐車場があり、いつもチェリークーペが駐車していた。
幼心にはそのスタイルは理解不能で、チェリークーペ=カッコ悪い、嫌いという結論になった。
ある日の治療中、チェリークーペはカッコ悪いと言ったら、件のチェリークーペは歯科医の愛車で…
初代チェリーというと、今でもそのことを思い出す。
その歯科医の息子さんとは小学校でクラスメートになり、今も年賀状のやり取りが続いている。
チェリーが結んだ縁?


さて、この数日は新しめのトミカを見てきたが、71年発売のチェリーの出来はどうだろう?
トミカ チェリーX-1
トミカ チェリーX-1 1/58


トミカ チェリーX-1
最初期のトミカに比べ、フロントまわりの造形やディティールがかなり向上している。
実車は小さいので、少々ワイドにデフォルメされている。
トミカ チェリーX-1
色差しこそないが、縦型テールランプやナンバープレートまわりも細かく再現されている。
トミカ チェリーX-1
1/58スケールのためか、デフォルメも感じられず、独特の2.5ボックススタイルも見事に再現。
アイラインと呼ばれるウインドーラインやサイドエンブレムも含め、繊細さを感じさせる。


トミカのチェリーは再販がないのが惜しいくらいの出来だ。
金型がないというのなら、新規に作りなおしてよいのではないだろうか?
人気車種ばかりがトミカを支えてきたわけではないのだから。
スポンサーサイト
[ 2013/01/26 06:00 ] トミカ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する