3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

ニューイヤーミーティング2013 その2 

ニューイヤーミーティング2013


前回に続き、ニューイヤーミーティング2013のエントリー車をご紹介。
昨日はベンツSLのロードスターと、それとは対照的な濃い口のマイナー車を取り上げた。
そこで、今回は3吋でもお馴染みの車種からいってみよう。



3代目クラウンセダン
夕陽に輝くボディと多摩5ナンバーがまぶしい3代目クラウンセダン前期型
3代目クラウンセダン
3代目クラウンセダン
一方、昔の覆面パトカーのようなオーラを放つTLVNそのものの後期型セダン。
この個体はもしかして、wikipediaにある画像のクルマそのものでは?
ああっ!隣のクジラカスタムを撮り忘れてんじゃん!捕鯨調査に失敗しちゃったよ。
3代目クラウンHT
チョイワル(死語)というか、高速有鉛的なクラウンHT。エンジンはスワップされてるっぽい。
クラウンピックアップ
クラウンピックアップ
これは初見かも!ということで後から前から(@畑中葉子)撮影したクラウンピックアップ
50クラウンはピックアップも根強い人気があるらしい。
5代目クラウン4ドアHT
ゴリさんやボン、ロッキーが乗ってそうなクラウンピラードHT。これでも5ナンバーサイズ。
初代マークⅡセダン
初代マークⅡセダン
TLVそのものの初代マークⅡセダン。華奢で頼りなさそうなフロントマスクが魅力。
初代マークⅡセダン
Cピラーの処理は独特なものがあり、同じデザインモチーフのコロナより上級に見せている。
3代目マークⅡセダン
つい、若林豪や伊吹剛が乗っていないか確認してしまったGメン車、いや3代目マークⅡセダン。
2代目のマークⅡHTもいたと思うが、こちらも撮り忘れ…でも、セダンはいなかったかな?


次回もまだまだつづく
スポンサーサイト
[ 2013/01/29 06:00 ] イベント | TB(0) | CM(2)
この頃のクラウンやコロナマークⅡは良いですねえ~見入っちゃいました。
上から2と3枚目の光が反射している前後期クラウンが特にグッと来ます。
こういうのを見ると、50クラウン前期や3代目マークⅡのセダンも3吋で欲しくなりますね。参考出品された4ドアピラードHTも早く出ないかなあ〜ですよ。
MS50まで、ピックアップ仕様があるのを忘れたました。コロマⅡも初代はあったのに2代目から無くなったのは、思ったより売れなかったせいでしょうかねえ??だとしたら、そこら辺の嗅覚はさすが三河商人という感じです。
今、街なかで見かけるトヨタ車も良いんですが、あまりグッと来ませんね。
やはり丸目、フェンダーミラー、ホイールキャップがしっくり来ます。
今年も流行りに背を向けちゃいますよ〜。
[ 2013/01/30 23:31 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんわ、LUXEさん

50クラウンやマークⅡセダンは昔のトヨタらしさが出ていますね~。
50クラウンのスタイルは日本的な美意識が感じられ、見ていても飽きません。
英車風の3代目マークⅡも子供の頃はよく見かけたので、ついつい当時のことを思い出します。
こういう普通のセダンのモデル化こそ、TLVNの本領発揮だと思うので、期待しちゃいますね。
また、80~100系の4ドアピラードHTも今年中には出るんでしょうが、早く欲しいところです。

クラウンやマークⅡのピックアップは需要が少なかったんでしょうね。
また、2代目マークⅡやクジラクラウンだとピックアップのスタイルが造りにくいかも(笑)

今年も当3吋ブログは昭和臭全開の予定ですよ(笑)
[ 2013/01/31 01:34 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する