3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

ニューイヤーミーティング2013 その7 

ギャランGTO
ギャランGTO-MR


もうニューイヤーミーティング2013から1週間が経つが、まだまだ終わらないyo!
管理人は昔から根がマイナーらしく、大メジャーよりも少数派の方に惹きつけられてしまう。
自動車メーカーなら、トヨタや日産よりも三菱やマツダetcの方が気になる。
こういうメーカーの旧車はTNの定番の旧車に比べ、現存台数が少ないと思われる。
しかし、メジャーにはない魅力に惹きつけられた熱烈なファンがいるのも事実。


そんなわけで、今日は三菱・マツダ・ホンダの旧車をご紹介。
三菱党である以上、やっぱりトップにはギャランGTOを持ってこないわけにはいくまいて。
普段は見かけないギャランGTO、しかもMRも複数台も並んでるじゃん!と思っているうちに…


ギャランGTO
ギャランGTO
ドノーマルのMR。ヒップアップクーペというキャッチコピーに偽りなし!
ギャランGTO
ヒマラヤンブルーのMR
ギャランGTO 2000
MCを受けたGSR。初期型以上に見かける機会も少ない存在かも?

とまあ、GTOだけ5枚も撮影してたよ。もっと撮っておけばよかったと思ったり?
で、コルトギャラン(初代)は来てなかったものの、GTO以外にも濃いクルマを発見。
ギャランFTO
子供の頃、寸詰まりのスタイルがなんとなく…と思っていたギャランFTO。
トシの離れたいとこがその昔FTOに乗っていたと母親から聞いたことがある。
初代ギャランΣ
アドレナリン大放出の1台、ギャランΣ。トミーテックさん、TLVNでリリースしてくれませんか?
そうそう、放置したままのフジミ1/24も完成させないとなあ…
ミニカスキッパー
軽のスペシャリティーカー、ミニギャランGTOこと、ミニカスキッパー。
幼い頃、同じ団地のガキ大将の家の車がスキッパーで、泣かされてた管理人は嫌いだった。
ミニカ70GSS
ミニカ'70GSS。スキッパーやノーマルは見たことあっても、GSSは初めて見たかも。
ミニカ70バン
なぜか、昔持っていた自動車図鑑に載っていたことだけ覚えているミニカ'70バン。

お次はマツダ
マツダポーター
ガチャピンポーター、ポーターキャブ。ボディカラーといい、低い車高といい、雰囲気バッチリ。
コスモスポーツ
とても綺麗だったコスモスポーツ。MATカーを思い出す貴方にはワンダバのテーマがおススメ。
サバンナGT
初代サバンナといえば、不敵かつワルそうな面構えでしょ。これは最終型かな?
初代サバンナRX-7
ぐーっと時代は新しくなり、初代RX-7の後期型。純正ドアミラーも含め、完全ノーマルの1台。
4代目ルーチェセダン
おいおい、これは反則だろ~!と言いたくなるくらいのツボ車、ルーチェサルーン。
FFカペラセダン
そして、イメージキャラクターのアラン・ドロンよりも土曜ワイド劇場が浮かんでしまうFFカペラ。
マツダのセダンはどちらもタクシーコスプレでギャラリーのハートを射抜いていた。

そしてホンダ
ホンダ1300セダン77
たぶん、生まれて初めて見たかもしれない1台、ホンダ1300セダン77。
ホンダ1300セダン77
空冷信奉者だった本田宗一郎の執念で開発された、強制空冷式のDDACエンジン。
オールアルミ製でも重量が大きく、経年劣化でストラットマウントをぶち抜くトラブルも。
シビックRS
オレンジのボディカラーがマッチしている鳥かごシビック、しかも数少ないRS。
ホンダN360
最近、子孫が大人気のホンダN360。これはスポーティバージョンのツーリング。
ちなみに、このN360オーナーさんのブースでミニカーを買いました。


次回はいすゞ、スバル、スズキ、日野編
スポンサーサイト
[ 2013/02/03 06:00 ] イベント | TB(0) | CM(2)
三菱の頭を飾るのは、GTO&MRですか。
ハコスカも厳つい顔でしたが、これはかなり厳ついです(笑)。
この顔を見ると、なぜだか狛犬というか獅子を思い浮かべてしまいますね〜。
でも、悪さは余り感じません。族関係の方々があまりベースにしなかったせいでしょうか。
そして、寸詰まりと言われてしまったFTO。
今見ると、すっきりしていてかなりアリだなと思いますね。
小さい割に、速そうな感じがグーです。
セダンのギャランΣ。私も3吋化を待っているんですが、音沙汰ないですねえ。
自家用、劇用パト、タクシーと色々バリ展開できるのに〜!。関係者の方よろしくです。
そうそう、マツダも以前は自社で軽を作ってましたね。
ポーターキャブ、何かに似ていると持ったらガチャピンだったとは!!。
よく見かけていたし、なじみ深いのでこれもTLVから出て欲しい一台ですね。
乗用車は、暴走行為や殺傷のイメージで犯罪の匂いがプンプンする車種たちですね。
小さい頃は、それらが醸し出す悪の香りがかな〜り苦手で、マツダの乗用車が
止まっていると避けて通ったくらい(笑)。
残るは、ファミリーカー然としたホンダですね。
1300セダンやN360は、余り見た記憶が....いや見てたとしても、ほとんど風景の一部として
捉えていたと思います。シビックは結構見ましたね。いやというほどに(笑)。
個人的に印象が強いのは、ステップバンですね。同級生の母親が乗っていて
乗せてもらった事があります。こんな事書いてるとステップバンの3吋も欲しくなる~。
[ 2013/02/04 00:15 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんわ、LUXEさん

三菱党を公言しておきながら、撮影枚数は日産にもトヨタにも遠く及ばなかったのは内緒です(笑)
ギャランGTO、以前から既視感があると思っていましたが、確かに獅子顔ですね~!
某間違いだらけの巨匠はランチアのパクリと言ってますが、元ネタはポンティアックあたりかと。
言われてみれば、確かにGTOには族車の印象があまり感じられませんね。高かったんでしょうか?

ギャランFTOは子供の頃に住んでいた団地に駐車していて、通園&通学途中に毎日見ていました。
で、生意気にも“ギャランの名前が付くのに全然カッコ良くない!”と思ってました(笑)
ベースが初代ランサーなんだから、寸詰まりに感じるのも当然だったんですが。
今見ると、洗練されてない中に迫力というか、獰猛さが感じられるんですよね。
74年のドライバー誌では37レビンやバイオレットSSSと対決していますが、なかなかの好評価でした。

初代ギャランΣは3吋化、というより、TLVNでリリースされても良さそうなんですがねえ。
丸目だけでも格子グリルのスーパーサルーンとGSRの2パターンが出来るっていうのに…
さらに、後期型だって角型4灯のΣと角型異形2灯のエテルナにバリ展出来るのになあ…
我々だけでもギャランのモデル化を祈願し続けるしかなさそうです(笑)

マツダは色々とラインナップしてはやめ、そのうちまた始め…が多いですね。
ポーターキャブはガチャピンという愛称が付いているようで、ジワリと人気が出そうな予感も。
以前、モデルカーズからレジン製?のキットが出ましたが、是非TLVからも期待ですね。
また、サバンナの兇悪な雰囲気には抗うことができません(笑)
ルーチェやカペラを見ると、土ワイのパトカーor犯人車というイメージが強かったり(笑)

昔のホンダ車でも、1300やN360(NⅢ以外)は見かけた記憶がないですね。
特に1300は普通のセダン&クーペで、シビックよりカッコいいのになぜ?と思っていたくらいで。
そのカッコ悪い?シビックは本当にあちこちで見かけましたね~。
でも、昔のホンダ車らしく、どことなくヤレた感じの車ばかりだったような。

ステップバンは、通学路の途中に駐車しているのを覗き見たことを今でも思い出します。
こんなに背高な車ってことは、立って運転してるの?って思っちゃいまして(笑)
アオシマの1/20やエブロの1/43が有名ですが、3吋にないのが不思議な気もしますね。
ちなみにその昔、エブロ以前にも1/43で少量生産されたことがあるようです。

http://blogs.yahoo.co.jp/miyatec2002/26335966.html
[ 2013/02/04 02:03 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する