3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

名ばかりのGTと言われても 

TL スカイライン2000GT-ES
トミカリミテッド スカイライン2000GT-ES 1/65


この数日、60セリカを取り上げたので、ライバルのスカイラインを取り上げたい。
しかし、当時のライバル・R30スカイラインは紹介済みなので、今回は一世代前のジャパン。

その昔、スカイラインとセリカは永遠のライバルとして扱われていた(と思う)。
しか~し、管理人はこの関係が不思議で不思議でしかたなかった。
なぜなら、この2台は2000ccのスポーティカーという以外にバッティングしないでしょ。
かたや直6&直4の1600~2000ccセダン&HT、かたや直4で1600~2000ccスペシャリティ。

ボディもスカイラインの方が大きく、セリカはそこまで大きくないはず。
サイズからいっても、スカイラインはマークⅡ、セリカはシルビアがライバルだと思うんだが。
これがスカイラインGTとセリカXX、あるいはケンメリ2ドアGTと初代セリカLBだったら納得。
世の中広しといえど、こんな疑問を抱いているのは管理人だけだろうか?


さて、閑話休題。今回紹介するのはトミカリミテッドのジャパン前期型。
当初は前期型でリリースされ、角目の後期型に改修を受けた際にサンルーフが追加された。
その後、TL化の際に再び新規で前期型のフロントマスクが造られている。


TL スカイライン2000GT-ES
わざわざ新規に造り直しただけあり、とてもバランスの良いフロントマスク。
ライト、ハニカムグリル、バンパーの張り出し具合など、全スケール中でトップクラスかも。
TL スカイライン2000GT-ES
リアパネルとテールランプはボディのモールドへの塗装だけだが、再現度は抜群。
シャーシ一体のバンパーやトランクわきの給油口なども、元の金型の良さがわかる仕上がりに。
TL スカイライン2000GT-ES
微妙なバランスのサイドビューだが、これまた各スケールのジャパンHTの中でもトップだと思う。
難点を言えば、TL共通の大きめのタイヤ径とホイール、リアホイールアーチの形状だろうか。
あと、個人的にグリーンメタのジャパンを見た記憶がほとんどない。


次回もジャパンネタ。
スポンサーサイト
[ 2013/02/19 06:00 ] トミカ | TB(0) | CM(7)
>世の中広しといえど、こんな疑問を抱いているのは管理人だけだろうか?

はい!私もそんな疑問を抱いていました。
角目の117といい、よく気が合いますね~。(笑)

特に当時のカー雑誌では、さかんに「セリカVSスカイライン」みたいな記事が多かったように思います。
ま、そのほうが雑誌自身もよく売れたんでしょうし。
思うに、ドラゴンさんもおっしゃるように、
初代セリカにLBが追加された以降、
その2ドア(3ドア)・ファストバックスタイルが、同じくファストバックスタイルのケンメリ・2ドアHBとユーザー嗜好的にかぶることが多く、
いつの間にかライバル関係に持ち上げられたんだと思います。
おまけに、2代目セリカの登場とジャパンの登場が、奇しくも77年8月同一タイミングであり、余計に比較されましたよね。
更にセリカはマイナーチェンジした際に例の挑発的キャッチコピーを自ら流すし・・・。
もともとの生い立ち・成り立ち・主たるカテゴリー、違うっつぅ~の。
まったくスカイライン・セダンからするといい迷惑だわ~。

ところでジャパンといえば、ミニカーの世界では角目がメジャーですが、
私としてはオリジナルの丸目4灯も味わい深く、
つい先日DISMの1/43を手に入れたところです。

拝見すると、TLは、確かにリヤホイールアーチのオープニング形状がちょい残念ですね~。
1/64だったら(表示だけでもいいのですが・・)、買うのになぁ~。(笑)
[ 2013/02/19 10:48 ] celica197012 [ 編集 ]
おお~、同じ疑問を持っている方がいらっしゃって、ひと安心です!
どうやら、共通のツボを持っているようですね(笑)

70~80年代の自動車誌を見ると、セリカとスカイラインの対決が多いですね。
ジャパンと2代目セリカだとターボvsDOHC、R30と60セリカだと2000ccDOHC対決とか。
セリカのキャッチコピーも不思議ですが、当時はシルビアがまだ弱かったのが理由でしょうか?
高性能スポーティーカーというくくりだと思えば、無理やり納得させられなくもなかったり(笑)

celica197012さんもおっしゃるように、77年以降は両車のFMCが重なってますね。
さすがに7thスカイラインと流面形セリカは完全にジャンル違いになってしまいましたが。
でも、88年のモーターマガジンでは7thと流面形をライバルとして、スタイルを比較してました(笑)

西部警察の影響やターボもあってか、ジャパンは角目の方が人気のようです。
でも、私も丸目、それもセダンが好きなんですが、3吋だとアオシマのグラチャンくらいしかなく…
DISMも興味があるんですが、プライスが下がるのを待っているうちに店頭で見かけなくなり(笑)

桜井真一郎氏が「ハサミで切ったような」と評しただけあって、ジャパンのスタイルは特徴が多いですね。
リアホイールアーチも特徴的な形状ですが、各スケールとも意外と再現できていない気がします。
それを除けば、開発年次を差し引いても、むしろ出来は抜群ではないかと。
また、コナミの絶版名車と比べてみたところ、1/64とほぼ変わらないのでおススメです。
[ 2013/02/19 22:56 ] ドラゴン [ 編集 ]
ここ何日か、録画しておいたファミ劇での特捜最前線を見ているのですが
偶然というかなんというか、神代課長が丸目ジャパンをメインで乗り回している回があって
自分的には、なんともタイムリーなだなあ〜なんて。といってもご承知の通りセダンですが(笑)

セリカとスカイラインがライバル....、どうもしっくり来ません。
パトカー好きからすると、スカイラインのライバルは間違いなくマークⅡなんですが
オーナーカーだと、チェイサーあたり....まあHTならダブルエックスあたりか...。
何となくですが、スカイラインはスカイラインというジャンルで、
競合するしないは無い気がしますねえ...。わかり辛いくてすみません(笑)。

んで、今回のTLのGT-ESなんですが....。ドラさんは、顔に関してベタ褒めに近いですが
ドラマで活躍していたのを思い出すと、ライトやグリルはもう少し奥ばっていた方が
近い気がしますねえ。パッと見の雰囲気はかなり良いですが...。
リア回りも、給油口等が彩色されているせいで良い感じにまとまっていますが
丸テールは、凸凹逆の方がリアルに感じような...。
サイドのエンブレムの再現は素晴らしいの一言です。
ハコスカやケンメリといい、ネームプレートは絶対に譲れない部分なんでしょうかねえ(笑)。
後のホイールアーチ、確かに実車と違いますね。今更ながら気づきました。
残念なのは、三吋の丸目セダンがグラチャンしか無い事でしょうか..。
更に残念なのは、売りの丸目が角目4灯にされているという大バカ仕様。
そんでもって、これも後のホイールアーチが綺麗な半円というよくわからん出来...。
アオシマの三吋グラチャン自体、昔の香港ユル系に近いものばかりなので言っても無駄ですねえ...。
[ 2013/02/20 22:44 ] luxe_37 [ 編集 ]
ここ何日か、録画しておいたファミ劇での特捜最前線を見ているのですが
偶然というかなんというか、神代課長が丸目ジャパンをメインで乗り回している回があって
自分的には、なんともタイムリーなだなあ〜なんて。といってもご承知の通りセダンですが(笑)

セリカとスカイラインがライバル....、どうもしっくり来ません。
パトカー好きからすると、スカイラインのライバルは間違いなくマークⅡなんですが
オーナーカーだと、チェイサーあたり....まあHTならダブルエックスあたりか...。
何となくですが、スカイラインはスカイラインというジャンルで、
競合するしないは無い気がしますねえ...。わかり辛いくてすみません(笑)。

んで、今回のTLのGT-ESなんですが....。ドラさんは、顔に関してベタ褒めに近いですが
ドラマで活躍していたのを思い出すと、ライトやグリルはもう少し奥ばっていた方が
近い気がしますねえ。パッと見の雰囲気はかなり良いですが...。
リア回りも、給油口等が彩色されているせいで良い感じにまとまっていますが
丸テールは、凸凹逆の方がリアルに感じような...。
サイドのエンブレムの再現は素晴らしいの一言です。
ハコスカやケンメリといい、ネームプレートは絶対に譲れない部分なんでしょうかねえ(笑)。
後のホイールアーチ、確かに実車と違いますね。今更ながら気づきました。
残念なのは、三吋の丸目セダンがグラチャンしか無い事でしょうか..。
更に残念なのは、売りの丸目が角目4灯にされているという大馬鹿仕様。
そんでもって、これも後のホイールアーチが綺麗な半円というよくわからん出来...。
アオシマの三吋グラチャン自体、昔の香港ユル系に近いものばかりなので言っても無駄ですねえ...。
[ 2013/02/20 22:45 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんは、LUXEさん

ファミ劇でやってましたね、特捜最前線のセレクト放送。私も何本か見てまして(笑)
特捜2012はちょっと…でしたが、旧作は本郷功次郎さんの追悼にもなりましたね。

神代課長がジャパンを乗りまわすのは、ダンプガイに戻ったような「兇弾」前後編ですかね?
20年前に地元の地上波で再放送があり、その時に見ましたね~(録画もしてますが)
ジャパンセダンは78年から登場ですが、ボディが黄色というのは覆面車としてはどうかと(笑)

やはりLUXEさんもスカイラインとセリカのライバル関係はしっくりきませんか~。
マークⅡでは歯が立たないので、スカイラインイーターとして登場したのがチェイサーだそうで。
チェイサーがマークⅡよりスポーティなイメージだったのは、それが理由らしいんですが…
ブタ目マークⅡHTのスタイルに影響を受けたのがR30らしく、ボディやキャビンの位置が似ていますね。
でも、スカイラインはスカイラインというジャンル、説得力があります!
走りのイメージで高級感もあり、幅広い年齢層から支持される車って、そうそうなかったですし。

たしかにTLのジャパン、顔つきがもう少し引っ込んでいてもよさそうですね。
まあ、3吋サイズであのボディの造りだと、結構限界に近いかな?と思いまして。
それに、書きながら改修前の前期型と比較していたり(笑)

テールは凹凸が逆だったらもっとよかったという説に賛成です。
本当は別パーツならなお良かったんですが、そこまで求めるのは贅沢すぎでしょうし(笑)

サイドビューはリアホイールアーチ以外、良くできてますよね。
エンブレムは最近のタンポ印刷には敵いませんが、立体感という点では彫刻に分がありますし。
ナンバープレートは撮影しながら、なんで「GT」だけなんだと思っちゃいました。
まあ、スカイライン=GTなのは誰も否定しないでしょうけど(笑)

グラチャンのジャパンセダン、私もジャンクですが、持っています。
角目4灯なのが…なのに、ハニカムグリルはそのままだったり、なんとも言い難い仕様ですね~。
リアホイールアーチも見事に半円になってて、これでもジャパンなの?と思ったり。
見たところ、このジャパンセダンは自社の1/24を参考に造ったようですね。
元々出来がイマイチなのに、そのウィークポイントもしっかり受け継いでしまったようです。
[ 2013/02/21 01:45 ] ドラゴン [ 編集 ]
いやー二重投稿とは...。四桁の数字が合ってないって言うからもう一度やったのに...。
(恥ずかしいんで一つ消してくださいまし)

まあ、それはそれで。
件の特捜は、仰る通り「兇弾」前後編です。
俳優自らがハンドルを握っての街中で急ターンや急停車のシーン等は
今のドラマでは観られませんねえ。(こういうのも西部spでの事故が原因とかなんとか...)
三十年数前の再放送は良く観ていたのですが、ほとんどは記憶に無いんですよねえ。
(津上と吉野の殉職回は妙に覚えているんですが...)
我を失い娘を撃ち殺され、鬼と化し最後には泣きながらEDへ...最後の私だけの十字架が
「ずるいよなあ~(泣き)」ですよまったく。
二谷英明さんのこういう演技は観た事がなかったので、ちょっと見直しました(上からですねえ~)。
そういえば、330セドは格納式赤灯なんですね。
現代のパトライトも同じ方式(横向きに収納)なんで、この頃には確立されていたんですね。
同時期の大都会Ⅱでは、小糸製の180°反転するタイプで番組よって違うのが興味深いです。
そういえば、なぜか黄色のジャパンセダンだけ着脱式なんですね。
改造費がかかるから、やめたんでしょうかねえ。これ以後格納式は無くなりましたし...。
派手なボディカラーの覆面車なら、一係の赤いセリカや軍団の金Z、赤/黒RSはいったい...。

チェイサーが対スカイラインとか、R30がブタ目HTを参考にしたとか
イロイロと裏事情に詳しいですねえ。まだまだ勉強不足を感じますであります。

トミカのジャパン前期の顔について、
「3吋サイズであのボディの造りだと、結構限界に近いかな」
うーん、よく考えると確かにそうですよね....。裏地の引っ込み具合もありますし。
そう思うと、出来は本当に良く似せたんだなあ...なんて。都合良すぎですね。

過去に、グラチャンセダンにTLジャパン前期の顔を型取りして
取り付けようとしたんですが、トミカのは少し長さが足りなくて、カッコわるい...。
ではと、グラチャンの角目部分を切り取って丸目だけ後から付ければ..とやったんですが
うまくいかず....。
1/24で前期パトカー仕様という、私好みの物を出しているなら
これをそのまま縮小して三吋化してくれれば....。
逃げるグラチャン、追うパトカーというシチュエーションを演出して売り出せば
行けそうな気がするんですよねえ~。....と勝手に妄想でした。


[ 2013/02/22 00:29 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんは、LUXEさん

最近、FC2ブログはどうも不安定気味なので、書いてる方も?なことが起きるんですよ。
全部書き終えて投稿しようとしたら、すべて消えたりとか。それも、何度も起きたり。
まあ、いまだに上手く使いこなせてないだけという気も…(笑)

最近のドラマは簡単なカーアクションも見かけなくなりましたね。
ロケ場所がなかったり、製作費が少なかったり、事務所がうるさかったり…もあるんでしょうか。
特捜の「兇弾」前後編、あれは泣かされましたね~、本当に。
ラスト、神代課長が夏子の履歴を語るシーン、徐々に感情が高まってくるのが涙腺を刺激しまくりで。
いつも冷静な姿しか印象がないので、LUXEさんの感想と同じように意外でしたね~。
逆に、津上刑事の殉職回「殉職」前後編はいまだに未見です。

特捜の330セド/グロとケンメリHT、前番組の「特別機動捜査隊」からそのまま流用されてますね。
グロリアは黒から白に再塗装されたそうですが、セドより上級なのは日産的にいいんでしょうか?(笑)
セド/グロと違って、ケンメリは円筒形赤色灯が前後に回転するのが???なんですよねえ。
ジャパン以降は格納はやめちゃいましたね。お役御免になった後を考えたんでしょうか?
そういえば、他の警察署にも派手な覆面車がいましたね(笑)

初代チェイサーは草刈正雄がイメージキャラクターだから、本当に若者向け狙いですね。
R30のスタイルは昔のモーターマガジンのスタイリング特集に書かれてました。
水平ボディに小さめのキャビンの位置など、無意識のうちに影響を受けてるはず、という感じでしたが。
だから、こちらこそ、まだまだ勉強が足りてません(笑)

トミカの前期ジャパンのフロント、今ならさらに上手く作れるかもしれません(逆の可能性も)
前期は丸4灯、ハニカムグリル、メッキバンパーなど、後期より複雑な要素が多いんですよね。
でも、「3吋サイズで云々」は、こちらの苦し紛れだったり(笑)

大爆走シリーズにジャパン後期の白パトが出てましたね。
どうせなら、ジャパン前期を作ればいいのに…と思っていたんですが、やはり挑戦済みでしたか~。
自分もジャンクのジャパンにトミカの複製を付けるつもりでしたが、カッコ悪いんですね…
アオシマの1/24はフロントが間延びしてるんで、そのまま似てしまったんでしょうか。
新規に造ってくれ、とは言わないので、1/64でもスカイラインシリーズを展開しませんかね?
[ 2013/02/22 01:34 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する