3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

その名はJAPAN 

トミカ スカイライン 2000GT-E・S
トミカ スカイライン2000GT-E・S 1/65


トミカのスカイラインジャパンネタはまだまだ続く。

子供の頃、トミカのジャパン後期型を持っていたのは前回書いたとおり。
だが、そのジャパンに前期型があることは「ミニカー大百科」を手に入れた87年まで知らなかった。
普通に考えれば、後期型だけをわざわざ作るわけないじゃん!なんだが、当時はまだお子ちゃま。
それに、周囲でジャパンの前期型を持っている子供もいなかったし。

ミニカー大百科―トミカコレクションのすべてミニカー大百科―トミカコレクションのすべて
(1987/06)
不明

商品詳細を見る


その後も長らく前期型とは無縁だったが、粘った甲斐もあり、2年ほど前にようやく入手できた。
それでは、改修前の前期型を見ていくことにしよう。


トミカ スカイライン 2000GT-E・S
やや小さいライトに格子状のグリル、バンパーの出っ張りが少ないなど、イマイチ似ていない。
今では生産できないから貴重なのかもしれないが、新規マスクで問題ないと思う。
トミカ スカイライン 2000GT-E・S
リアパネルの形状、テールランプの縁取りなど、前期型ならば納得のリアまわり。
トミカ スカイライン 2000GT-E・S
ジャパン前期GTのイメージカラーだっただけあり、シルバーのボディカラーがしっくりくる。
しかし、トミカのジャパンでシルバー単色というのはちょっと新鮮な気も。
良く見ると、ルーフラインが僅かに凹んでるなあ…(左ドア上だけ)


次回もジャパンネタ…のはず
スポンサーサイト
[ 2013/02/22 02:30 ] トミカ | TB(0) | CM(2)
ドラゴンさん、こんばんは。

>周囲でジャパンの前期型を持っている子供もいなかったし。
私はこのジャパン前期型のトミカを持ってる子供でした(笑)

ドラゴンさんの一連の記事を拝読し、
そういえば私も幼稚園児の頃にジャパンのミニカーを
買ってもらったことを思い出したので、押入れを探したところ無事に出てきました。

フロントマスクは確かにあまりリアルじゃないですね…
ですが、改めて実物を確認したらグリル左にちゃんと
エンブレムが付いていて、意外と芸の細かいことを発見しました(笑)
あと気になったのは、このジャパンは前後タイヤのトレッドがすごく狭いですね。
このトミカのジャパン前期は、私も次回のブログネタとして取り上げる予定です。

ジャパンは前期・後期それぞれ良さがあって共に好きなのですが、
個人的には「後期のGT=ターボ」なんです。ですから、
後期GTのNAやディーゼルってあまりピンとこなかったりします…
[ 2013/02/23 00:10 ] ながせ [ 編集 ]
こんばんは、ながせさん

おお~、ながせさんはジャパンの前期型をお持ちだったんですか~。しかも、今も無事とは!
私が持っていた後期型はもうなくなってしまいました。たしか、親が捨てちゃったんだったかな?

フロントマスクは今の目で見ると今ひとつなんですが、当時なら充分OKなレベルでしょうね。
前期型特有の四角いエンブレムもしっかりと再現されてて、昔の職人さんはいい仕事をしてますねえ(笑)
なんとなく似てない感が強いのは、バンパーのエアアウトレットが無いためではないかと。
そうそう、ながせさんのご指摘通り、本当にトレッドは狭過ぎですね~(笑)
もしかして、太いタイヤを装着するつもりだったんでしょうか?
次回のながせさんのブログ、トミカのジャパン登場も今から楽しみです!

ジャパン後期型GTは確かにターボのイメージですね。
手元に後期型のカタログが2冊あるんですが、1冊はGTシリーズ、1冊はGTターボのものです。
GTシリーズのものはMC直後の79年9月版で、ターボがまだ追加されてない時期でして。
だから、GT-E・SもNAなので、見るたびになんとなく物足りない気分に(笑)
[ 2013/02/23 01:26 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する