3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

コンクリートウエスタン再び 

2015年3月4日 記事分割
TLVN 西部警察シリーズ VOL.1 VOL.2
トミカリミテッドヴィンテージNEO 西部警察 VOL.1 VOL.2


今回はスカイラインジャパン特集の予定を変更し、TLVNの西部警察シリーズを取り上げたい。
ジャパンネタは既に準備しているので、西部警察シリーズのレビューを挟んで再開するつもり。

昨夜書いたように、一昨日発売のTLVNの新製品の中で西部警察シリーズだけ完売が目立つ。
いまだ衰えぬ大人気!というより、転売目的の輩が買い占めたのではないか?と推測している。
トミーテックさん、発売前からプレ値確定の商品って、あまり好ましいとは思えないんですが…


さてさて、個人的な推測&愚痴は置いといて、早速内容を見ていくことにしよう。

TLVN 西部警察 230セドリックセット
VOL.1の230セドリックセット。VOL.1がパトカーでなく、スタント車両なのがTLVNらしい。
TLVN 西部警察 230セドリックセット
蓋を開くと、蓋の裏にストーリーと解説が書かれており、見たことがない人でも話がつかめる。
TLVN 西部警察 230セドリックセット
西部警察ファンならずとも、首を長くして待っていた白とブラウンの230セドリックSTD。
西部警察 18話
これこれ、このシーンですね~

つづく
スポンサーサイト

何かレビューを急かしてしまったようで...。気まずい....。
ジャパン特集といっても、西部警察に特殊車両や犯人車で出ている事ですし
流れですよ、流れ(笑)あははは~って、誤摩化せてないですよね...。

230セットを見て今更ながらに思ったんですが。
特定の映像作品で、尚且特定のシーンを再現するためのセット(しかも小物付き)というのは
いままで日本の3吋ミニカー界ではなかったようなきがしますね。
ジョニーライトの覆面グラントリノと刑事と犯人付きのスタスキー&ハッチセットは持ってますが
舞台裏の装置である横転台まで付けると言うのは、かなりマニアックなんですよねえ。
その230セダンなんですが、以前発売の水色の時も感じましたが
ホイールのハーフキャップがちょっと小さい、丸い飾り穴が浮いて見える等
どうも今一感が拭えません。日交タクシーセットのスタンダードのホイールキャップは
雰囲気は似ていましたが、飾り穴無くてこれもイマイチでした。
130前期スタンダードに付いていたタイプが一番リアルだと思うんですが
これを採用せずに、なぜか以前のままなのが惜しい気がしますね。
といっても、アクション用にぶつかるとグリルやバンパーが簡単に外れるとか(笑)
ハーフキャップが取れるといったお遊びがあれば、面白いんですがね〜。
そして430セダン。う〜んあんまり...なんと言うか西部という印象がなくて...。
黒セダンは七曲管内の○○組とか覆面なら港署の破壊用車で、警邏はこれまた
港署のパトといった印象が強く...。
パトカー仕様は、自前でちょこちょこでっち上げはしますが...。
散光灯はルーフラック式で、やっとリアルな劇用仕様が出るんだな〜と感慨ぶかいですが
強度の問題か、かなり太めに作ってあるのが残念かなと。
覆面車は、売りのはずの流線型タイプの赤灯の位置が、変ですねえ〜。
あの位置だと、わざと後よりに屋根にくっ付けないとあの位置にはなりませんし
ほとんどの刑事物で出てくる覆面車の赤灯の位置は、前よりで
その方が画的にカッコ良く見える気がします。(屋根の端っこギリギリなら尚良し)
(車内から載せた訳ではない設定なら変でははないんですがね...)
今回のレビューは駆け足紹介でしょうから、実際に箱から出して検証、
さらにシーンを再現していただければ、面白いんですがネ〜(笑)。
(スタント用ジャパンもある事ですし~)
[ 2013/02/24 22:42 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんは、LUXEさん

西部警察シリーズレビュー、ミニカーブログの一番乗りを目指してみたんですよ。
いやいや、全然ないんですよ、西部警察からのジャパンネタなんて、そんなありがちな展開(笑)
(心に声:おかしいなあ、全てお見通しだ…)

これまで、3吋で特定シーンを再現するセットというのは皆無だったんじゃないですかね?
担当者の趣味もあると思うんですが、ミニカー=こどもの玩具の時代が長かったですし(今も)。
今回は、TLVNはかなりマニアックな商品でもOKということを公式に認めたことにもなりますね。

230セダンですが、確かにホイールの質感がもうひとつですね~。
私も水色のSTDを見るたびに同じことを思っていました。
どうせなら、1台くらいはシルバーの鉄ホイール+ハーフキャップでも良かったと思うんですが
たぶん、生産するための金型の中にパーツ一式が組み込まれているんでしょうね。
パーツが外れるというギミック、限定品ならイケそうですが、紛失の苦情が嵐のように来そうです(笑)

黒の430セダンは自分としては西部署の覆面パトとして、直球ど真ん中の選択です。
もっとも、ある時は記者が乗るハイヤーだったり、ある時は公用車的だった印象もありますね。
警邏パトは確かに港署のパトカーのイメージです。もっとあぶない~では爆破された記憶も。
あるいは、末期の七曲署の警邏パトとして、OPのタイトルバックにも出ていたり。

散光式パトライトはかなりこだわってますね~。
ただし、取り付け部やライト自体が太めなのはご指摘通りです。このあたりはやむを得ないかなと。
流線型パトライトの方は脱着式が一番良かったとは思うんですが、紛失の危険性がありますし…
今度のような固定式なら、ギリギリ端っこが一番ナチュラルなんですが、ここら辺はイマイチで。

230セットの情景小物、開封するのは怖いので(笑)、自作で同じような物を作ってみたいなと。
ジャパンも登場させたら、これはもう動画を作るしかなさそうな?
[ 2013/02/25 23:12 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する