3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

西部署管内異状なし 

2014年10月29日 画像変更
西部警察
西部警察


今回もトミカリミテッドヴィンテージNEOの西部警察シリーズのレビューをかじってみる。
取り上げるのは、VOL.2のセドリックパトロールカーセットで、こちらには情景小物はない。
なんだか物足りない…と思うかもしれないが、各々の名シーンを思い浮かべればイイと思う。
それに単なるカラバリではなく、細部が変えられているので、その分の+αということだろう。


さて、VOL.2の仕上がりをチェックしてみよう。
西部警察
西部警察



TLVN 西部警察 430セドリックパトカーセット
430パトカーセット。第1話から58話までのノーマルホイールを履いたタイプになる。
TLVN 西部警察 セドリック覆面パトカー
TLVN 西部警察 セドリック覆面パトカー
覆面パトカー仕様の黒い430セドリックセダン。以前のSGLと違い、下級グレードのGL。
TLVN 西部警察 セドリックパトカー
TLVN 西部警察 セドリックパトカー
こちらは白パト。ブルーの内装はなんだか違和感が拭えない。グレーで良かったんでは?

TLVN セドリック 200SGLエクストラ
TLVN セドリック 200SGLエクストラ b
先にリリースされたSGLエクストラ。バンパー、サイドモール、ホイールキャップなどが違う。

TLVN 西部警察 セドリック覆面パトカー
覆面パトカーの方はパッと見はかなりイイんだけど
TLVN 西部警察 セドリック覆面パトカー
パトライトの位置が変なのよね~。もう少し端に寄ってた方がリアルだと思う。
TLVN 西部警察 セドリック覆面パトカー
TLVN セドリック 200SGLエクストラ b
SGLと比べ、黒いボディカラーに少なめの光モノのおかげで、廉価グレードっぽさが出ている。
ホイールは造形はイイけど、もう少し平面でもよさそう。HTのVL-6と同じ物なのかな?

TLVN 西部警察 セドリックパトカー
一方の白パトはというと
TLVN セドリックパトカー
“懐かしの緊急車”VOL.2のセドリックパトカーと比べ、パトライトが太くなっている。
TLVN 西部警察 セドリックパトカー
TLVN 懐かしの緊急車 セドリックパトカー
パトライトの大きさは230の方がいいと思うが、取り付け台座が付いた分、430の方がリアル。
ただし、430のBピラーに塗装がないのはエラーでは?
TLVN セドリックパトカー
上から眺めると、パトライトはこれくらい大きさが違っている。


追記
くるまのプラモ製作記のながせさんより、
GLのドアサッシはモールがないのが正解とのご指摘をいただきました。
カタログで確認したところ、GLにはメッキのサッシモールは付いていません。
つまり、黒パトのサッシモールがエラーで、白パトのボディカラーのみが正解です。
また、白パトの内装についても、ベースが白のボディカラーなら内装が青で問題ないとのことです。



次回はジャパンにするか?それとも西部警察ネタを引っ張るか?
スポンサーサイト
ドラゴンさん、こんばんは。

今回は430セドリックの黒&白パトのレビューですか!
私も430セダンといえば、西部署か特命課かといったイメージですね。
実際の街中では4HTの方がよく見かけましたが、もちろんセダンも馴染み深いです。
ただ、タクシーは愛知という土地柄か、中型はほとんど110系クラウンでしたけど(笑)

黒パトはトランクリッドのエンブレムがちゃんと「GL」になってますね。
そうそう、西部署のはキャブ仕様の5MTでした。
後期のGLはEGI仕様のみなので、西部署パトも「200E GL」でしたね。

ホイールキャップもフロントバンパーも、SGLとは差別化が図られ
素晴らしいのですが、ひとつ残念なのがドアサッシ。
GLはドアサッシモールがないのが正式なんです。(白パトが正解)
サッシモールはSGL以上で、ブロアムはサッシ全体がクロームです。

白パトの青内装も、白いボディだと青内装の組み合わせが標準
(特命課の白いグロリアがそう)なので、白ボディの下を黒く塗って
パトカーに仕上げたのならこれで合っているのかも(笑)

隠れ430マニアなので、(TLVNの430は45aと46a、ここにも登場した75aも買いました)
重箱の隅的なツッコミを入れて申し訳ないです…
[ 2013/02/26 01:52 ] ながせ [ 編集 ]
こんばんは、ながせさん

やっぱり430セドもレビューは欠かせませんよね。しかも西部警察とくれば(笑)
私もながせさん同様、西部署か特命課の覆面車のイメージが一番真っ先に浮かびます。
とはいえ、ながせさんがおっしゃるように、当時は4ドアHTが多かったですね~。
スポーティだし、当時は若者が乗っているのを見た記憶があります(親のかもしれませんが)
我が故郷は田舎だったので、タクシーといえばコロナかブルーバードばかりでした(笑)

子供の頃は全く気付かなかったんですが、西部署の覆面車は廉価グレードのGLなんですね。
角目のセドリック=高級というイメージだったので、後年の再放送で驚きました。
良く見れば、バンパーもメッキ部分が多いし、キラキラ感も少ないし、ようやく気付きまして。
まあ、エンケイホイールを履いたあたりから、正体不明な雰囲気も漂い出したんですが(笑)

ドアのサッシモールの件、カタログで確認したところ、ながせさんのご指摘通りでした。
また、内装色もグロリアのカタログで白ボディ=青内装が確認できました。
早速、このことを追記という形で書かせていただきました。ありがとうございます。
言われてみれば、確かに特命課の白いグロリアの内装は青っぽかったですね~。

それにしても、ながせさんが隠れ430マニアだったとは、意外も意外、驚いちゃいました。
TLVNもセダンだけじゃなく、4ドアHTもしっかり買われていたんですね~!
個人的には、アオシマ1/24のHTのセダン化計画とか考えてるんですが、ハードルが高めでして(笑)
もちろんマニア視点も3吋ブログでは大歓迎ですので、気になさらずに、これからもお願いします。
[ 2013/02/27 01:14 ] ドラゴン [ 編集 ]
どもです。
私自身が西部や430に、余り興味ない事はコメントでも書きましたが
今回、最も気になるのは赤灯の出来です(またかい!とは言わずに(笑)...)。
ルーフラックが太いと書きましたが、よーく見ると前後に分割されていて
真ん中は何も無かったんですねえ。
だとしたら訂正いたします。かなりよく出来ていると感じますねえ~。
そしてそこに載っている散光灯ですが、TV画面をキャプチャした2枚目の画像を見ると
屋根の横幅とほぼ一緒の大きさで、今回の430の大きさが正解のようですね。
散光灯自体の横幅も、実車に載っている横位置の画を考えると合っているような...。
そうすると、取り付け金具が無い230はかなり小さく見えるから不思議です。
(新規の散光灯は、TLVが宣伝用に作った430白パトに載ってる物から採寸したんでしょうかねえ..)
流線型の物は、赤グローブをステンレスの枠で止める佐々木電機(現パトライト)製を
再現したと思うんですが、アップの画像はないのでイマイチでは感じが掴めません....。
ドラさんの主観で構いません、アオシマのあぶ刑事に付いていた物と
どちらがリアル(それらしく)に見えますでしょうか?。
[ 2013/02/27 23:10 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんは、LUXEさん

西部警察シリーズの赤色灯の出来栄え、やっぱり気になりますよね。
TLVNのHPでも、わざわざ「新規製作でリアリティを高めた」とありましたし。

今回のバーライトですが、脚部の形状もよく、ルーフのべた付けより雰囲気が出ています。
ただ、強度不足を考慮したらしく、両サイドだけでなく、ルーフ上にも二点の支柱があります。
太さも見慣れてくると、あまり気になりません。でも、位置はあと僅かに後でもよさそうな気も。
某巨大掲示板では、NYMにも出ていた430パトを参考にしたのでは?という書き込みがありました。
ちなみにあの430パト、TLVNの宣伝用というより、西部警察ファンの方が自作されたようです。

流線型パトライトの方はあぶ刑事シリーズよりも小さめですね。
あぶ刑事はこんもりと盛りあがった造りで、それがちょっと大きく感じさせるようで。
なので、出来そのものは西部警察の方に軍配が上がります。
ただ、西部警察の流線型は少し物足りない部分もありまして…
小さく見えるのが理由なんですが、台座や底部にシルバーの塗装がないからでしょうか。
[ 2013/02/28 03:00 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する