3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

今さらレビュー 

2016年4月23日 画像一部更新
トミカ40周年 コロナマークⅡ
40周年記念復刻トミカVol.1 コロナマークⅡハードトップ 1/62 


このところスカイラインネタが続いたので、今回は直接のライバル、マークⅡを取り上げよう。
しかし、ジャパン時代のX30マークⅡは以前に紹介したジャンクしか持っていない。
さてどうしようか…と思っていたら、最近になって40周年記念品を手に入れたことを思い出した。
ということで、発売から3年も経とうとするのに、しれっとレビューを書いてみたい。
また、日本祭についてはネタがたまり次第、再び開催するつもり。


40周年記念トミカは以前にもクラウンを取り上げているが、新金型の割に今ひとつの感が強い。
ディテールは40周年が勝るが、全体から漂う“らしさ”は黒箱が上というのが個人的な感想である。
では、マークⅡはどうだろう?


トミカ40周年 コロナマークⅡ
黒箱リリースの時期を考えると、前期型を再現したと思われるフロントマスク。
グリルの彫りの深さやフロントまわりの肉厚感など、意外と悪くない仕上がり。
ただし、ライトベゼルの処理はエラーらしく、なんとなく40コロナに見えなくも…

参考画像:前期型マークⅡHT(上) 後期型コロナ(下)
69年11月 コロナマークⅡHT
67年6月 コロナ

トミカ40周年 コロナマークⅡ
大雑把だが、横長テールランプやトランクリッド下のくぼみなどを再現するなど、これまた悪くない。
ただ、Cピラーのプレスがやや角張っている。

参考画像:前期型マークⅡHTのリア
69年11月 コロナマークⅡHT

トミカ40周年 コロナマークⅡ
ウインドーモールを再現するためか、ルーフが厚く、サイドウインドーの面積が狭く感じられる。
全体の造形はいいのに、しっかりし過ぎてて、実車のひょろっとした印象が薄い。
スポンサーサイト
[ 2013/03/07 06:00 ] トミカ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する