3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

ラテンの色気 

京商 マセラティ クアトロポルテ
京商 マセラティ クアトロポルテ 1/64


以前からなんとなく気になっていた車、それが現行マセラティ・クアトロポルテ。
昨年の一時期、都心某所で毎日のように見かけ、ますます気になる存在に。
一体、何が気になるのか良くわからないんだが、とにかく気になってしまう…
はっ!もしかして恋?これは恋なの、ねえ神様、おせーて!

てな乙女チックなことは全く思わなかったが、独特の色香漂うボディラインに惹かれるものが。
といっても、1500万+という新車価格を目の当たりにすると、おいそれとは手出しできない…

そういう時こそ、3吋の出番ですよ!
しかも、1/64の決定版が京商から出てた日にゃ、手に入れんわけにはいかないでしょ。
ということで、最近ようやく京商のマセラティ・クアトロポルテを入手したのでご紹介。


京商 マセラティ クアトロポルテ
複雑な形状のフロントまわりも京商らしい繊細さが活かされ、綺麗にまとまっている。
グリルのメッシュは印刷だが、エンブレムは立体になっており、1/64ではかなりの再現度。
ただ、グリルの形状はもう少し楕円のような気がする。
京商 マセラティ クアトロポルテ
特徴あるフロントと比べ、かなりあっさりしたリアも再現度は高め。
左右出しのツインマフラーもわざわざ別パーツが奢られ、マセラティらしさの演出も感じられる。
京商 マセラティ クアトロポルテ
優雅さとスポーティさ、さらには豪華さも両立させたピニンファリーナデザインのスタイル。
サイドグリルやタンポ印刷のエンブレム、ホイールの形状も問題なく、ハイレベルな仕上がり。
スポンサーサイト
[ 2013/03/31 02:30 ] 京商 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する