3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

お前の時代だ 

2013年11月26日 画像追加
910ブルーバード


新年度を迎え、ますます勢いがダウンしていく3吋ブログ。
最近は3吋の新品もジャンクもあまり入手してなく、いよいよもってネタ切れ間近の惨状…
そんな時、あるドラマを見ていたら、まだネタがあったじゃん!と思い出した。
そう、ネタがない時は秘境で発掘してきたプラモですよ!


取り上げるのはタミヤのブルーバード・ターボSSS-S。
タミヤ ブルーバード ターボSSS-S

小学生の時に作って以来、何度か買って作っていて、個人的に好きなキットである。
もっとも、今回のキットは小学生の時に購入→製作→17年くらい前にリペイントと、…な作例。
タミヤ ブルーバード ターボSSS-S
ず~っと押し入れにしまっていたので、埃をかぶっていたが、気にもせずにそのまま撮影。
リペした当時はクリアーコートもコンパウンドもしてなかったので、表面はゆず肌気味。
あと、バンパーに整形されたナンバープレートはいたずらで熱したらグニャッとしてしまった…
タミヤ ブルーバード ターボSSS-S
テールランプのメッキモールが太すぎなうえに左右幅も違う、エンブレムは全く未塗装、
塗装が雑なバンパーは今にも脱落しそう(このキットのウィークポイントでもある)、などなど、
リアは手抜きだらけ。
タミヤ ブルーバード ターボSSS-S
910ブルーバードというと赤/黒のツートンが記憶に残るが、手抜きで赤一色仕上げ。
本当は黒い部分のデカールが用意されるが、1度目の製作時に傷めたので、使えなくなった。
おやおや、テールランプも外れてしまい、ズレてるなあ…
タミヤ ブルーバード ターボSSS-S
当時、タミヤのキットで好きだったのが開閉可能なサンルーフ。簡単で確実な設計がタミヤ的。
ボディ裏は黒で塗装しているのに、サンルーフパーツの裏は未塗装なので、色が合ってない…


同じキットでも、上手い人が作ればこんなに見事に仕上げられるのよねえ。
シートのストライプやチリの少ないサンルーフとか、どうやったらここまで詰められるのか…
スポンサーサイト

[ 2013/04/02 02:15 ] プラモデル | TB(0) | CM(2)
ドラゴンさん、こんばんは。
拙作をお褒めいただき大変恐縮です…

タミヤのブルーバード、良いキットですよね。
設計が古いのでやや大味なところもありますが、
全体的なプロポーションは文句なしですね!
そういえば、同じ頃にリリースされた初代ソアラやレパードの
サンルーフの開閉ギミックが付いてましたね。
このあたりのキットもそろそろ再販をお願いしたいところです…

ドラゴンさんは、あるドラマをご覧になり
この910ブルを思い出されたそうですが、実は私もなんですよ(笑)
先週からBS11で始まった「大捜査線シリーズ・追跡」の第2話に
真っ赤な910ブルのセダン(1800SSS-EかターボSSS)が登場し、
それを見て私もこのタミヤのブルを思い出しました…
(たぶん、ご覧になったのはこのドラマじゃないかなと勝手に予想しますが…笑)

以前ドラゴンさんに大捜査線のスポンサーが
マツダから日産に変わったことをお教えいただきましたが、
その変わるタイミングが「追跡」シリーズだったのですね。
(劇用車がセド・グロ共に280Eブロアムとは豪華ですね)
このドラマ初めて見ましたが、噂通りOPからEDまで「杉さまオンパレード」ですね(笑)
山内明や赤塚真人、そしてナンシー・チェニーがレギュラーという
意外なキャスティングも面白いです。

また長々と脱線してすいません…
[ 2013/04/04 00:50 ] ながせ [ 編集 ]
こんばんは、ながせさん

こちらこそ、またお伺いなしにリンクを貼ってしまい、恐縮です<m(__)m>
どうしても自分の作例だけでブログを一本書く気にはなれませんで。
それに、最初に自分の作例よりもながせさんの作例を思い出した、というここだけ話も(笑)

おっしゃる通り、タミヤのブルーバードは大味な部分もありつつ、完成するとバッチリですよね。
80年代中盤にプラモを作り始めて以来、今でも好きなキットの一つです。
2000年代前半に再販があった時に買いましたが、まだまだ足りないなあと(笑)
そうそう、ソアラやレパードにもサンルーフが付いていて、クリアーと選択可能でしたね。
今の目で見てもタミヤが他社より抜きんでていたのがわかる内容だし、再販してほしいですねえ。

それにしてもさすがはながせさん、ズバリ図星です!
予想通り、BS11の「大捜査線シリーズ追跡」を見てたら、2話目にブルが出てきまして(笑)
いや~、ながせさんもしっかりチェックされてたんですね~!

記事にも書きましたが、28話を見て2回見そびたら、急に日産車に変わってまして。
マツダの方がいいのになあ…と当時は思ってましたが、今見ると結構レアな使い方をしてますね。
杉様がセドリックでなくグロリアとか、ブルーバードの覆面とか、他の番組ではあり得ないような(笑)
脚本も他の刑事ドラマとあまり変わらないのに、内容は終始一貫、杉様PVと化してて(笑)

大捜査線で刷り込まれたので、山内明や赤塚真人は今でも“大捜査線の刑事”というイメージです。
また、ナンシー・チェニーの起用は番組の雰囲気をソフトにしたかったからでしょうか?
もっとも、全体的に独特な杉様イズムが漂っていて、好きなドラマなんですよ(笑)

当ブログは3吋やプラモ以外の内容も大歓迎ですので、またコメントお待ちしてますね。
[ 2013/04/04 23:41 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する