3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

輝く四つの輪 四輪目 

シュコー アウディ100LS
シュコー アウディ100LS 1/66


CIマークにかけて四つの輪を書いたはいいが、そこには大きな落とし穴があった。
現在までにトミカのアウディは5000とA1、さらにTLVNのアウディ80の3種(来月はアウディ90)
ええ~!これじゃ三つの輪じゃん!一輪足りないよ!どうしよう!
といって、京商サンクスもなければ、マジョレットやマッチ箱、ホットウィールも持ってない…

そんな管理人のコレクションの中に四輪目を飾る3吋のアウディを発見!
それが今回のシュコーのアウディ100LS。1970年にリリースされた、古い3吋ミニカーになる。
スケールは1/64よりちょっと小さい1/66だが、ドアも開くし、なにより繊細なスタイルがいい。
これはなにもアウディ100だけじゃなく、オールドシュコー全体に言える美点。
もちろん玩具なんだけど、大人の観賞眼にも充分耐えられるコレクティブルな出来だと思う。


さて、前回書いたアウディ80との邂逅だが、ちょっとイイなあ…の他にもうひとつ感想があった。
「この車、オリンピックのマークが付いとるやん!」
そう、幼稚園児にはアウディの四つの輪とオリンピックの五輪との区別が付かなかったわけで。
アウディのCIが本当に五輪だったら、今回の記事は破綻してたかも…


シュコー アウディ100LS
初期のトミカにも似た、シンプルながら雰囲気は充分以上なフロントマスク。
このアングルだと見えづらいが、ヘッドライトにはしっかりとモールドが再現されている。
反面、グリルには線がなく、センターのメッキモールとCIマークのみモールドされる。
実車のフロントはこんな感じ。
シュコー アウディ100LS
華奢で柔らかいリアスタイルもシュコーの作風にマッチしており、なかなかの仕上がり。
テールランプ+下のパネル、ナンバープレート+下のパネルはシャーシ一体になっている。
実車のリアはこんな感じ。
シュコー アウディ100LS
入手した時点でリアはシャコタン状態になっていた。しかし、全体の造形はかなりハイレベル。
こういう、特徴の薄いセダンスタイルの再現というのが一番難しそう。実車はこんなスタイル。


今後も新しいアウディの3吋を入手したら、また四つの輪シリーズが始まるのかしらん?
トミカ TLVN シュコー アウディ
トミカ TLVN シュコー アウディ
スポンサーサイト
[ 2013/04/23 02:30 ] シュコー | TB(0) | CM(4)
また雨です...明日は晴れのようですが果たして...こんばんは。
シュコーを出して来ましたか。
剥げた感じが、小豆色も相まって妙に似合いますね(笑)。
車高短は、車軸の固定方法の問題で簡単に取り外せないので、大家族がしょっちゅう
ドライブに行って、ヘタッた仕様と思えば味があるよな、ないような(笑)。

しかし本当に繊細な作りですよね。さすが工業製品のドイツといった所でしょうかねえ。
シャーシ裏のモールドなんかは、見ているだけで楽しいし(なぜか馬力や最高速度まで
書いてある)、ラジエターグリルの細かさも、最近の3吋にも見習って欲しいくらいですね。
(件のアウディ100LSは残念ですが、手持ちのメルセデスやBMW等はなぜか細かいんです)
ドアの開閉は、バネを使用していない割にブラブラにならないというのは
タイトな設計の証でしょうねえ。感心します。
まあこれは仕方ないなあ〜と思うのは、ホイールが全車共通な事ことでしょうか。
といってトミカやMB,HWのような玩具的でなく、60~70年代前半の実車にありそうな
デザインは好感が持てるんで、良いっちゃいンですが(笑)。
残念なのは、ハンドルやイスが使い回しで外観以外はどうでも良いっていう感じがまた(笑)。
不思議なのは1:66というスケール。箱ありきで決まった(車種ごとに違うかも)とか
、初期のラインナップで全長7.3mm以内(プラケースのギリギリサイズ)に入る大きさ
を調べたら、1:66だったとか....これも車種ごとに違うプラケースを用意していたら
意味の無い想像になってしまいますが。
ですが、スケールを統一してくれるのは大歓迎です!
(シュコーの1:66ラインナップはとうの昔にありませんが...残念)
[ 2013/04/24 22:58 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんは、LUXEさん
すっきりしない天気が続きますねえ。憂鬱な気分になりそうです(ネタもないし)

シュコーも少しだけ持ってるので、いつかは記事にしたいなあと思ってたんですよ。
ボディカラーのおかげか、ジャンクなのに独特の雰囲気が出てますし(笑)
シャフトもそのうち修正したいと思ってるんですが、難しそうですねえ。
でも、トミカみたく、片輪だけが明後日を向いたような不自然さはないので、これはアリかな?と。

シュコーの繊細なタッチは60~70年代の車にぴったりですねえ。
初期のトミカにも近い、強調された特徴と省略のバランスもかなりのハイレベルで。
ドアのヒンジもしっかりしてるし、ドイツの工業製品にも通じるものが感じられますね~。
また、オーソドックスなデザインのホイールも繊細な作風にマッチしてるなあと。
ちなみにこのアウディ、LUXEさんのBMW&ベンツと同じ日に同じルートで入手したはずだと(笑)

シュコーシリーズ共通の透明プラケースに入っていたようです。
他の車種でボックス付きを持っているので、折を見て紹介しようと思っています。
ただ、大型車は1/66ではなく、また大きめのプラケースやボックスも使っていたようですね。
私の大好きなブログにオールドシュコーを網羅したHPが紹介されていました。

http://www.moon-s.de/schuco/thumbnails_e.html
[ 2013/04/25 02:50 ] ドラゴン [ 編集 ]
BMW&ベンツと同じ日に同じルートで入手したとは....たしかベンツ200はYオクですが
BM2800はどうだったか...ちなみに、ベンツ350SEやアウディ80がありますが
広尾の専門店でプラケース付き新品同様なのに、500円で投げ売りされていました(笑)。
古いトミカやMB、1/43クラスは驚くほど高額だったりしますが、
ドイツ製の3吋は売れないので安いらしく、得した気分でした。

リンク先のHPは、メーカーが運営していると言っても信じてしまうような
素晴らしいサイトですね。この手のコレクションを番号順に並べてあるのは
よくありますが、全長や重量まで記載してあるのはうれしいですね。
この方は、本当にシュコーの1:66が好きなんだなあ〜と感じますよ。
それに大型トラックま、バスまであって、発売していたとは知りませんでした。
大型車が箱スケール....大型でもほぼ1/60前後にしているsikuあたりとは違うんですね。
楽しいサイトを紹介していただき、ありがとうございました。
[ 2013/04/25 23:09 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんは、LUXEさん

その頃はシュコーの1/66が欲しいなあと思っていたんですね(今もですが)
それで、いくつか出品されている方のシュコー1/66をウォッチリストに入れてたんです。
どれに入札しようかな…と思っていると、見たことがあるIDを発見しまして(笑)
結局、好みでアウディ100を落札しちゃいました。

プラケース付きの1/66もお持ちでしたか~。しかも専門店で500円とは羨ましい!
そういえば、プラケース付きのオペルをヤフオクで入手しましたが、他に入札者はゼロでした。
日本では車種選択が渋すぎて、マイナー好きのコレクターアイテムになってる感が。
ただ、シュコーには1/43もあるし、もっと評価されてもイイと思うんですが…

海外のコレクターのHPでも、ここまでシュコーを網羅しているのは他になさそうですね。
同じ車種の品番違いバリも押さえているし、かなり年季の入ったシュコー好きだと思います。
シュコーは大型トラックやバスも1/66で作ってそうな印象ですが、意外にも箱サイズで。
このHPを見ていると、なんだかシュコー熱が高まる気が(笑)
[ 2013/04/26 02:09 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する