3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

おむすびの味の違い 

京商 サンクス ビーコレ RX-8


同じキャストを使っている京商サンクスとビーズコレクションのRX-8。

しかし、0.5K+のサンクスに対し、ビーコレは定価1.3Kと3倍近くの差が。
ビーコレは2003年のリリースなので、10年前のものだが、それにしても開きが大きい。
となれば、多少なりともコストダウンがされているんだろうか?
そこで今回はオリジナルのビーコレと、流用のサンクスを比べてみたい。


まずはパッケージ
京商サンクス ロータリーコレクション
京商 RX-8
まずはパッケージの違い。ブラインド箱のサンクスに対し、ビーコレは中がわかるから安心?
ビーコレは車種によって箱のカラーリングが一部変わっているが、マツダ車は共通。
京商 サバンナRX-3
京商 サバンナRX-7

パッケージを開けてみると…


京商 ビーコレ RX-8
京商サンクス RX-8
硬質なプラスチックのケースに入ったビーコレ、柔らかいブリスターパックのサンクス。
透明ケースを外すと
京商 ビーコレ RX-8
京商 サンクス RX-8
台座の大きさや作り、車名の表記など、ビーコレは価格に見合った仕上がり。
サンクスはいつもの京商サンクススタンダードなので、これはこれで問題ない。

さて、お次はボディ。パッと見、フロントの違いは…
京商 ビーコレ RX-8
京商サンクス RX-8
京商 サンクス ビーコレ RX-8
京商 サンクス ビーコレ RX-8
ビーコレ:ナンバープレートあり、ライトハウジングの塗装なし、サイドウインカーがオレンジ
サンクス:ナンバープレートなし、ライトハウジングがシルバー、サイドウインカーが白

ライトハウジングやウインカーの色など、サンクスは10年の差を感じさせる仕上がりとなっている。
ただし、ウインカーの形状はビーコレが正解。サンクスは左右が逆転しているエラーが。
また、タンポ印刷のマツダのCIマークもビーコレの方がやや細く、実際の形状も近い。

続いてリア
京商 ビーコレ RX-8
京商サンクス RX-8
京商 サンクス ビーコレ RX-8
京商 サンクス ビーコレ RX-8
ナンバープレートが省略される以外に違いはあまりなさそうだが、タンポ印刷が結構違う。
CIマーク、MAZDAとRX-8のエンブレム、三角形のフォグランプなど、ビーコレの方が繊細。
さらにテールランプの色挿しも丁寧さを感じる。もっとも、サンクスもさして悪くはない。

そうそう、フォーカスを変えると
京商 サンクス ビーコレ RX-8
ビーコレはドアミラーもしっかりと塗装されている。

そしてサイドビュー
京商 ビーコレ RX-8
京商サンクス RX-8
サイドウインドーが開いているビーコレ、閉じられたサンクス。
そのほか、ビーコレはホイールにも極細の色挿しがされている。

これだけで約3倍も違いが出るのかな~?と思っていたら(減価償却してるとはいえ)
京商 ビーコレ RX-8
京商サンクス RX-8
ビーコレは内装もしっかりと塗装されていて、なんとなく納得したり。
スポンサーサイト
[ 2013/05/03 01:50 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する