3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

ブレイクする前 

セリカ シルビア プレリュード


2回ほどフリマネタが続いたが、再びスペシャリティーカー特集に戻ってみたい。

2代目110シルビア→2代目プレリュードとくれば、次はS13シルビアが自然な流れのはず。
しかし、トミカのS13はフォルムはいいが、1/59スケールが気に入らず、1台も持ってない。
プレリュードと同じコナミのCar of the 80'sでもリリースが予定されていたらしいが、結局中止に。
つくづく、コナミの1/64撤退が惜しまれる…

と嘆いていても仕方ない。
う~ん、何かないかしら…と考えてたら、とてもマッチしたミニカーを入手したばかりじゃないの~!
さて、スペシャリティーカーネタにぴったりのミニカーとはいったい?


ダイヤペット プレリュードXR
ダイヤペット ホンダプレリュードXR 1/40

そう、それはダイヤペットの初代プレリュード。
華々しい2代目とは違い、いまひとつ地味なままに終わった初代だが、管理人は結構好き。
なぜなら、子供の頃に同じダイヤペットのゴールドを持っていたから。
だから、30年以上経った今でも、プレリュード=初代のイメージがしっかりと定着している。

また、ダイヤペットでは少なめのホンダ車で、意外にも初代~4代目までモデル化されていたり。
それだけに、最後の5代目がモデル化されていないのが惜しいところ。
同じ96年登場のステップワゴンとS-MXはモデル化されたのを見ると、時流なんだろうけど…

さてさて、早速見ていくことにしよう
ダイヤペット プレリュードXR
やや幅広だが、70年代後半からのホンダ車に共通するフロントマスクを見事に再現。
実車にあるフロントマスクを囲むメッキモールは省略されているが、造形の良さでカバーしている
ダイヤペット プレリュードXR
ショートなテールも丁寧に造形されており、フロント同様の素晴らしい出来栄え。
色差しこそないが、2代目シビックに似たテールランプも雰囲気を高めている。
ダイヤペット プレリュードXR
やや肉厚なため、なんとなく実車より力強く感じるサイドビュー。
また、ロングノーズショートデッキなスタイルを強調するため、少し寸詰まりに見えなくもない。
もっとも、実車のサイドビューもコンパクトで引き締まっている。
スポンサーサイト
[ 2013/05/23 00:45 ] ダイヤペット | TB(0) | CM(2)
こんばんは。
散々書いて、送信ボタンを押したらサーバーが見つかりません!ときました。
リターンは効かないし、書いた物は戻らないし...ムッキー!! 。
このブログ(というよりFC2?)は不安定な気がしますが、どうでしょう....。
てっことで、書き直し。

セリカは時代的に、2代目かXXが似合いそうな気が。

コナミの撤退は、本当に惜しいです。
3吋化されていない物が多い中、コナミのラインナップには嬉しいモノがありました。
復活して、2年に一回程度でも新作が出ると嬉しいんですが....。
結局の所、TLV-NEOと日本車には期待出来ない京商コンビニくらいしか
残ってませんものねえ...。

トミカのS13は1/59なんですか。
80年代半ばからの過剰な豪華絢爛主義が肌に合わないせいか
このあたりからのトミカや実車は、よく知らないんですよねえ...。
1/64 S13シルビア で検索すると、アオシマのドリフト天国しかないようですね。
出来も、例の青島品質で加工次第で化けそうな気もしますが...。

ダイヤペットのプレリュード、なぜか懐かしく感じます。
思い出すと、子供頃によく見た顔なんですね...って、それはシビック??ウーン...
わからん...。顔は覚えているんですが...。
リンクの画像と比べると、ダイヤペットはタイヤが大きくトランクが短い感じがしますね。
ユル系だと、マスタングかMR2あたりにも見えます(言い過ぎ??)。
よーく見ると、サンルーフが付いているんですね。しかも開閉出来そうな感じが...。
待てよ、これはダイヤペットだぞ...。単純に、嵌め方に問題があるだけだったりして(笑)
[ 2013/05/24 00:01 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんは、LUXEさん

FC2ブログ、ここ数カ月くらいは不安定気味ですねえ。
某掲示板のFC2ブログスレでもよく叩かれてるんですが、運営もなんとなく適当な感じで。
以前、記事を書きあげ、いざ投稿!したら、エラー表示がでて、まるまる書き直したことも…
もちろん、書き直しながら涙目です(笑)

セリカ、シルビア、プレリュードの3ショットはスペシャリティーカー人気の流れを表してみました。
スペシャリティーカー市場は一強他弱で、その一強がセリカ→シルビア→プレリュードでして。

コナミの1/64撤退は今でも惜しむ声が多いですね。
TLVの本格始動前から1/64で旧車を開拓した先見性もあり、目の付けどころも良かったですし。
Car of the 80'sと同時期の国産車名鑑の不評が痛かったなあと。
最近、インターアライドの新ブランド“オーバーステア”が出ましたが、ビーコレと同価格帯ですね。

LUXEさんと同じく、80年代後半以降のトミカは興味が失せちゃいました。
コスト削減のための共通シャーシが理由ですが、なぜかボディは肥大化しちゃって…
画像検索してみましたが、アオシマのS13はなかなかよさげですね。
どうせならノーマル版のリリースもお願いしたいところですが、ないでしょうねえ…

ダイヤペットのプレリュード(というより、初代プレリュード)、ホンダ顔ですよね。
2代目シビック後期型や初代バラードとそっくりで、一般的には不人気フェイスかと(笑)
おっしゃる通り、ダイヤペットのプレはショートテール過ぎな印象です。
実車も少々寸詰まり感がありますが、水平ボディ+コンパクトキャビンで大人っぽさがあって。
それが独特の魅力なんですが、そこまではさすがに捉えきれなかったようで。
サンルーフはネタの少なさをカバーするために、敢えて別記事を書いてみました(笑)
[ 2013/05/24 23:35 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する