3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

タマゴのサイズ 

2014年5月7日 画像追加
エスティマ
エスティマ
アムラックス東京(2013年12月22日撮影)

1990年にデビューした初代エスティマ

誰もが永遠に続くと信じていたバブル景気の中、トヨタが投入したミニバンがエスティマ。
CMでの「天才タマゴ」のキャッチフレーズを記憶している人も多いのでは?
タマゴのような新鮮なデザイン、ミッドシップ方式など、そのキャッチフレーズにウソはなかった。
管理人が初めてエスティマを見かけ時、思ったよりデカイ!というのが第一印象だった。
北米向けのボディは日本では大きすぎ、後にエミーナ/ルシーダという5ナンバー版が追加される。


さて、トミカは初代から現行型まですべてのエスティマを製品化している。
90年代のトミカは出来が下がっていったが、エスティマは悪くないレベルにある。
トミカ エスティマ 俯瞰
トミカ トヨタエスティマ


トミカ エスティマ フロント
フロントマスクはのっぺりとしているが、別パーツにして雰囲気は出ている
トミカ エスティマ リア
テールランプはアウトラインのみ再現で物足りない。
しかし、リアウインドーが抜けているのが今のトミカと大きく違うところ
トミカ エスティマ サイド
強度の都合か、さすがにAピラー横の三角窓はボディに彫刻されている。
だが、フォルムそのものは決して悪くない


80年代末~90年代のトミカは出来が悪い印象だが、エスティマはご覧の通りの出来栄え。
実車のデカさがプラスに作用したのか、1/64サイズで好感が持てる仕上がりになっている。
92年から2000年までのロングセラーだったので、そんなに入手は難しくないだろう。
どうせなら、このエスティマをリミテッド化してもいいのじゃないかと思う。
スポンサーサイト
[ 2012/04/05 00:00 ] トミカ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する