3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

本家の本家による2台目 

トミカ フェアレディ240ZG
トミカ フェアレディ240ZG 1/60


今回はレストア参考用に入手したトミカの240ZGをご紹介。
レストアネタでジャンクは何度か取り上げ済みだが、しっかりした個体は初めてのはず。

トミカは最初期の6台の中に6-1フェアレディZ432がラインナップされていた。
その約4年後、6-1のZ432が現役製品のまま、新規金型で240ZGがリリースされている。
少し不思議な気もするが、変更部分が大きく、裏板も延長が必要なので新規になったのだろう。
また、実車は既に生産中止になっていたが、絶版人気も登場の理由だろうか。


さて、脂が乗っていた70年代トミカの240ZGの出来や、いかに?


トミカ フェアレディ240ZG
延長されたGノーズにライトカバーなど、ノーマルボディのZとは違う表情を見事に再現。
ライトカバーは一体パーツなので、ライトのモールドもないが、違和感なく仕上がっている。
トミカ フェアレディ240ZG
熱線ウインドーが刻まれたり、エンブレムもモールドで再現されたり、細かい仕上がりが光る。
リアフェンダーの盛り上がりや、Cピラーからリアゲートへのラインなど、造形もさすがの一言。
トミカ フェアレディ240ZG
240ZGらしく、ロングノーズが強調されるサイドビューにはオーバーフェンダーも追加済み。
僅かにAピラーの角度が高い気もするが、全体的にまとまり感が高く、納得できる出来栄え。
スポンサーサイト
[ 2013/08/29 01:20 ] トミカ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する