3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

ダイナウェッジラインの誘惑 

ダイヤペット ギャラン


当ブログは3吋(インチ)ミニカーを色々な方向からチェックし、魅力を確認する趣旨で作った。
しかし、実は管理人は隠れダイヤペット派なのであ~る!
もし、同じ車種のトミカとダイヤペットのどちらかをもらえるとしたら、迷わず後者を選択する。

WH~Y なぜ~に~?と聞かれたならば
まずは1/40の統一スケールと、それを活かした細かい造形とディテール、加えて重量感の魅力。
また、スポーツタイプが多かったトミカに対し、セダンや地味な車種も多いのが大きなツボ。
だから、子供の頃からおもちゃ屋ではダイヤペットが陳列されたガラスケースばかり見ていた。

もうひとつ言うなら、同じ車種で複数のボディバリエーションが多い点も見逃せない。
今回はその中のひとつ、初代ギャランのセダンとHTを比べてみたいと思う。
ダイヤペット ギャラン
セダンは70年10月、HTは71年8月の発売と、約10カ月の差がある。


ダイヤペット コルトギャランAⅡGS
ダイヤペット ギャランHT
グリル、ライト、バンパーがそれぞれ別パーツで構成されるセダンと、一体成型のHT。
それを除いても、セダンの方が実車の繊細な造形や雰囲気をうまく捉えている。
だが、HTはフロントマスクの細かい表現などがセダンを上回る仕上がり。
ダイヤペット コルトギャランAⅡGS
ダイヤペット ギャランHT
リアもセダンの方が凝っており、あっさりしているHTよりも“ギャランらしさ”を感じさせる。
ただし、HTはテールランプが塗装されているのがポイント高め。
パッと見でも違うリアガーニッシュだが、実車でもセダンとHTで別物。
ダイヤペット コルトギャランAⅡGS
ダイヤペット ギャランHT
シャープでスポーティなセダンと、ソフトな造形ながらもカッコいいHT。
HTはやや寝ているCピラーや長めのトランクなどで、実車よりもスタイリッシュになっている。
ダイヤペット ギャラン
セダンとHTは同寸だが、この点はダイヤペットもしっかり作っている。

さて、ダイヤペットの魅力にボンネットとトランクの開閉ギミックがある。
ダイヤペット コルトギャランAⅡGS
ダイヤペット ギャランHT
セダンはエンジンベイやバッテリー、ラジエターを黒いプラ、ブロック周辺をメッキパーツで再現。
HTも上げ底だが、エンジン周辺全体をメッキパーツで再現しており、こちらの方がなじみ深い。
セダンもHTも1500ccの4G31エンジン搭載。
ダイヤペット コルトギャランAⅡGS
ダイヤペット ギャランHT
ボンネットと違い、どちらもヒンジはセンター1本だけなのが興味深い
トランクの容量はあまり変わらないかな?

ここまで見てきて、セダンの方が意欲的な作りなのがおわかりいただけたと思う。
一方、HTはその後の製品にも見られる安定感ある仕上げで、ダイヤペットらしさを感じさせる。
セダンはそうでもないが、HTは生産期間が長かったため、オクでも比較的出品数が多い。
全三菱党にはこまめなチェックをおススメしたい。

ところで、セダンの意欲的な面が悲劇?を…
ダイヤペット コルトギャランAⅡGS
ダイヤペット コルトギャランAⅡGS
右ドアのサッシュがないじゃん!おまけに左ドアも少し脱落気味だし…
スポンサーサイト
[ 2013/09/09 02:00 ] ダイヤペット | TB(0) | CM(2)
僕も同じ薄藤色のダイヤペットを持っております。
ガスが抜けたかスプリングを切ったかのような沈んだリヤ、
ちょっと位置がずれて接着されているヘッドライト、
バリ残りのため前後方向にややでこぼした感じでついてるリヤコンビ、
まったく症状(笑)が一緒なので、嬉しくなって(笑)思わずコメさせていただきました~!
[ 2013/09/09 08:16 ] celica197012 [ 編集 ]
こんばんは、celica197012さん

実は以前にcelicaさんのブログのダイヤペットの頁を拝見しまして。
そこで初代ギャランの紹介も見ておりました。
お父様が新車で買われたということは、celicaさんにも思い出のある1台なんでしょうね。

この初代ギャラン、スタイルやディテールに力が入っているのに、仕上げが粗いですねえ。
画像検索しても、多少の差はあれ、どれもライトの取り付けやバリのカットが不十分なようで(笑)
色も同じだし、もしかすると、celicaさんと我が家のギャランは同じロット生産分かも…?
なんて、40数年前に想像をめぐらせてみるのも古いミニカーを集める楽しみでしょうか。
[ 2013/09/09 23:31 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する