3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

スリーダイヤの魅力再見 

ダイヤペット TLV ギャランAⅡGS


まだまだギャラン祭は続くZE!そして、再び初代のコルトギャランに戻るんだZE!

最近、当ブログ常連のcelica197012さんのブログを拝見していると、初代ギャランの思い出が。
これはギャラン祭実行委員会として、便乗しないわけにはいかないでしょ!
というわけで、今回は以前にチラッと取り上げたことのある初代ギャランのカタログをご紹介。
シンプルながら、なかなか雰囲気が良く、ギャランの魅力を引き出してくれてるんだわさ。

では早速見てみよう!


70年 ギャランセダン カタログ
初代ギャランセダンのカタログ。この時期の三菱のカタログは発行年月の記載がない。
ただし、セダンシリーズという文字からHT追加の70年5月~71年3月までの期間と推測。

表紙全体は
70年 ギャラン カタログ 表紙全面
見事な風景写真になってますね~

70年 ギャラン イメージカット
表紙をめくると、サルーン系のトップグレード・AⅡカスタムL。これまた雰囲気のあるカット。
70年 ギャラン スタイル
70年 ギャラン 松橋登
シャープで美しいスタイルをアピールするため、フロント、サイド、リアのカットが使われている。
フロントの角型ライトとともに、分割式テールランプ+リアパネルも個性的。
70年 ギャラン ダッシュボード
AⅡカスタムLのインパネ。ラウンドした形状は独特のものがあり、トヨタや日産とテイストが違う。
70年 ギャラン シート
一方、シートは色・柄・形状ともにオーソドックスで、当時の国産車としては標準的。
70年 ギャラン 安全設計
70年 ギャラン 安全設計
70年 ギャラン 安全設計
70年 ギャラン 安全設計
安全設計を謳うページ。その割には、リコール隠しなんてバカなこともやってましたが…
70年 ギャラン メカニズム
当時の雑誌などでも評価が高かった操縦性を支えていたメカニズム。

この海辺を走るカットがなかなかカッコいい(私感)
70年 ギャラン イメージカット

70年 ギャラン イメージカット
真ん中のページで再びイメージカット。今日日のカタログではなかなかお目にかかれません。
70年 ギャラン サターンエンジン
そして、AⅠ、AⅡのどちらにも三菱ご自慢のサターンエンジンが搭載されている。
70年 ギャラン 4G31エンジン
デンと置かれた4G31エンジン。ここら辺はカットに凝ってるんだか、凝ってないんだか…

ここからはグレード紹介に突入。まずは1300のAⅠシリーズから
70年 ギャラン AⅠシリーズ
70年 ギャラン AⅠデラックス
AⅠデラックス
70年 ギャラン AⅠカスタム
AⅠカスタム
70年 ギャラン AⅠシリーズ
70年 ギャランAⅠシリーズ
AⅠシリーズの主な装備品。
この他にスタンダードも設定されているが、ファミリーユースではないためか、載っていない。

つづいて、1500のAⅡシリーズ
70年 ギャラン AⅡシリーズ
70年 ギャラン AⅡカスタム
AⅡカスタム
70年 ギャラン AⅡカスタムL
AⅡカスタムL
70年 ギャラン AⅡカスタムLオートマチック
AⅡカスタムLオートマチック
70年 ギャラン AⅡシリーズ
70年 ギャラン AⅡシリーズ
AⅡシリーズの主な装備(一部はAⅠカスタムにも標準装備)

そしてギャラン=スポーツセダンの証、スポーツタイプ
70年 ギャラン スポーツタイプ
70年 ギャラン AⅠスポーツ
1300のAⅠスポーツ。グリルのバッチはS
70年 ギャラン AⅡGS
1500のAⅡGS(グランドスポーツ)。グリルのバッチはGS
70年 ギャラン スポーツタイプ
70年 ギャラン スポーツタイプ
70年 ギャラン スポーツタイプ
スポーツタイプ専用の装備品群。砲弾型ミラーはAⅡGSのみ。
70年 ギャラン AⅡGS インパネ
スポーツタイプにはタコメーターが装備され、3本スポークのステアリングになる。
70年 ギャラン AⅡGS シート
専用のハイバックシートもスポーツ気分を盛り上げるのに一役買っている。

さらに右横の小さなカットに注目してみると
70年 ギャラン スポーツタイプ
後のラリーでの大活躍を予言するようなイメージカットが。しかし、こんな装備は…
70年 ギャラン オリジナルパック
実はオリジナルパックというセットOPがあり、スポーティプランを選択すると装着可能。
70年 ギャラン オリジナルパック
70年 ギャラン カラー一覧
ボディカラーは7色が用意され、全てに山の名称が入っている。
スポンサーサイト
[ 2013/09/23 12:40 ] カタログ | TB(0) | CM(2)
こんにちは~。休日ではない北京からです~。

弊ブログにリンク貼っていただき有り難うございます!
「実車の思い出シリーズ」は、初代ギャランに始まり、カローラ30→ヒラメ・セリカ→流面形セリカと時代が新しくなってきております。
当方、初代ギャランのカタログは、亡き親父が買う時にもらった最初のヤツしか持っていませんが、
今回見せていただいたカタログも、いいカットが満載ですね~。
ま、環境保護の関係で、牧場に車を乗り入れるなんてことも困難になってきましたが・・。
このころの三菱は、カタログ写真に独特のセンスがあったように思います。
有り難うございました。

ところでいよいよTLVNからシグマの登場ですね~!
バリエーション、いっぱい出してほしいものです。
[ 2013/09/23 18:10 ] celica197012 [ 編集 ]
こんばんは~。北京もそろそろ涼しくなってきたんでしょうか?

勝手にリンクを貼ってしまい、申し訳ありませんでした。
初代ギャラン、ミニカー→比較→カタログという流れを考えてたんですが、間が空いちゃいまして。
そこへcelica197012さんが実車の思い出を書かれておられたので、便乗しちゃいました(笑)
ちなみに、celicaさんのブログは毎日拝見しております。
我が家の思い出も書きたいんですが、ダイヤペットのトレディアは非売品なので、入手困難で…

初代ギャランのカタログ、いくつかバリエーションがあるみたいですね。
画像を見ると、celicaさんのカタログの方はデビュー直後のものではないかと。
昔の三菱車のカタログは使われてる写真やアングルなど、独特の味わいが感じられますね。
最近は各社ともスタジオ撮影やCGっぽい写真も増えたので、少々無機質な気がします

来月はトミカがアテンザ、TLVNはギャランΣ、アオシマからは430セド(1/24)が発売なんです。
セダン好きにはたまらないラインナップで、RS-2モデルし、今から懐具合が心配で(笑)
Σは11月のエテルナに加え、角目4灯の後期型やパトカー、タクシーも期待してしまいますね~
[ 2013/09/24 00:15 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する