3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

ラグジュアリー×コンパクト 

TLVN ギャランΣ 2000スーパーサルーン


満を持して登場したTLVNのギャランΣだが、ネットでの評判を拾ってみると

顔がイマイチ

という意見が多いのなんの、とかなんとか言っちゃったりしてこのこの~!@広川太一郎風に
かくいう管理人も試作品の時からフロントマスクの違和感が拭えず、同感である。

しかし、何故1600/1850ではなく、スーパーサルーンから出したんだろう?と思ったら負けだ。
だって~、他のグレードやバリエーションが出てくる楽しみがなくなるじゃん!
スーパーサルーンではパトカーもタクシーもありえず、おそらくノーマル顔も控えているはず。
だから、最初にスーパーサルーンをリリースしたことで、より広い展開が期待できると推測。

そこで、今回はギャランΣ、それもスーパーサルーン専用のカタログを見てみよう。


77年2月 ギャランΣ スーパーサルーン カタログ
初代ギャランΣのカタログはいくつか種類があるが、これはあまり見かけない気がする。
77年2月版のギャランΣスーパーサルーン専用カタログ。

表紙をめくると
77年2月 ギャランΣ スーパーサルーン 見開き
シリーズのでスーパーサルーンのポジションを示す“ラグジュアリーコンパクト”の文字が。
当時、アメリカで流行っていたコンパクトなラグジュアリーカーを意識したもの。
そのため、国内では上級のマークⅡやローレルとも対抗する位置づけもあった。
77年2月 ギャランΣ スーパーサルーン
左の写真だけをアップにしてみました。えっ?もっと大きくみたいだって?
77年2月 ギャランΣ スーパーサルーン
じゃ、これでどうよ。場所は都内だから、撮影は早朝か日曜かね?

77年2月 ギャランΣ スーパーサルーン
これがスーパーサルーン専用のフロントマスク。四角いライトベゼル+格子グリルになる。
77年2月 ギャランΣ スーパーサルーン
TLVNの箱絵はこの写真がベース?深みのあるダーク系のボディカラーもよく似合う。

ラグジュアリーコンパクトだけに、内装だって高級感あふれる仕上がり
77年2月 ギャランΣ スーパーサルーン 室内
77年2月 ギャランΣ スーパーサルーン シート
77年2月 ギャランΣ スーパーサルーン リアシート
シートの生地や色使いにも豪華さが感じられ、マークⅡやローレルにも引けは取らない。

三菱ご自慢のサイレントシャフト採用の80エンジンを搭載し、静粛性もアピール
77年2月 ギャランΣ スーパーサルーン 静粛性
77年2月 ギャランΣ スーパーサルーン 快適性
リアリクライニングシートやオートエアコン、カセットステレオも標準装備の至れり尽くせり。

三菱が昔から熱心なのがドライビングポジション
77年2月 ギャランΣ スーパーサルーン インパネ
77年2月 ギャランΣ スーパーサルーン インパネ
独特のインパネは悪くないが、ステアリングはちょっと頼りないかも
77年2月 ギャランΣ スーパーサルーン 装備
このページでも操縦性について説明されている。
77年2月 ギャランΣ スーパーサルーン 装備
そのかたわら、操縦席まわりの豪華装備もさりげなく紹介。

そして外せないのが安全設計
77年2月 ギャランΣ スーパーサルーン 安全設計
77年2月 ギャランΣ スーパーサルーン 安全設計
4輪ディスクブレーキ、ELRシートベルトなど、当時はまだまだ少なかった装備も標準。

最後にグレード紹介…といきたいが、スーパーサルーン専用なのでMT/ATの違いしかない
77年2月 ギャランΣ スーパーサルーン
77年2月 ギャランΣ スーパーサルーン
マルーンとダークグリーン以外のカラーも見たい気が


次回だってΣ祭の予定
スポンサーサイト
[ 2013/10/08 02:00 ] カタログ | TB(0) | CM(4)
こんにちは~。
ドラゴンさん、Σスーパーサルーン専用のカタログまでお持ちなんですね!
さすが三菱党!

でね、TLVNのミニカーで違和感を感じたのは何かしらん?
と思ってよ~く見てみると、
四角いライトベゼルの表現不足にあると結論を下した次第。
でも、実車のライトベゼル断面頂点にある細いメッキ処理を、
64のミニカーで表現するのは不可能でしょうね~。
ということで、僕も書きましたが、
いずれ必ず追加されるであろうGSLやGSRのグリルに期待です!
ではまた!
[ 2013/10/08 14:53 ] celica197012 [ 編集 ]
今晩は。
カタログとの比較待ってましたヨ。似てない云々は、実車画像と同じアングルで
ミニカーも撮っていただけると尚判りやすかったかな〜と勝手に言ってみたりしますが....。

カタログにある、都内早朝の画像が好感度高いですね〜。
後の方の時代を感じさせる都営と東急バスが良い味出しています。
この後、Uターンしながら赤灯を付けて走り去って行くような感じがまた(ドラマ見過ぎ)..。

TLVはマルーンと白ですが、カタログ通り緑の方が上品さある気がします。
ホイールの飾り穴、よく見るとカタログと違うように見えます。
TLVは長方形で、カタログは三角形。長方形タイプは、たしか低グレード用ですよね?
いや、こういう仕様があったのかも...う〜んわからんです。

室内は、シート生地に高級感というか品があり、ウッドステアリングもまたいい感じです。
TLVの画像を見る限り、ちゃんと再現されている感じがしないの寂しい..。
まだ買ってないんですが、ドラさんのブログ画像によだれをたらしつつ、
Σ祭が終わるまで待った方が楽しめたりしますか〜?(笑)


[ 2013/10/08 22:33 ] LUXE37 [ 編集 ]
こんばんは、celica197012さん

以前、あれこれと気の向くままにヤフオクでカタログを集めてた時期がありまして。
Σスーパーサルーン専用カタログはギャランカタログ4冊セットの中の1冊で、本命ではなかったり(笑)
それでも、5年以上経って、こんなところで役に立つ?とは予想だにしませんでしたが。

TLVNのΣはフロントマスクの仕上がりに不評が多いようですね。
せっかくスーパーサルーン専用マスクを作ったのに、詰めが甘くて勿体ないというか…
TLV&Nの旧車を見ると、ライトベゼルがグリル一体でシルバー仕上げの車が多いんですよね。
だから、Σもシルバーパーツにした方が良かったのでは?と思います(違和感はあるでしょうが)

Σなのに、スーパーサルーンと角目のエテルナだけってことはなさそうですよね。
汎用グリルの方がグレード展開もしやすいし、バリエーションも広がりますし。
その場合、1600GLとか1850SLあたりが最初にリリースされるのではないかと想像しています。
[ 2013/10/09 00:35 ] ドラゴン [ 編集 ]
こんばんは、LUXEさん

実車と同じアングルも撮りたいんですが、単焦点レンズを持ってないので、なかなか厳しくて。
それに、実物とブログの画像を見比べてくださいね、というトミテクの回し者的な考えも?(笑)

都内での写真、雰囲気から日曜の早朝というところでしょうかね。
そんなに昔でもないような気がしますが、既に36年以上が経過してるんですねえ…
そして、急発進直前のΣがスタンバイしているというミスマッチ感(笑)

Σシリーズのホイールですが、76年5月のデビュー当初は

1600カスタムと1600GL → 8穴スチールホイール
1600SLから2000スーパーサルーン → 4穴スチールホイール(いすゞ車と共通デザイン?)

の2種類だったようなので、TLVNは登場直後のスタイルということでしょうか(取材車の都合かも)
その後、Λの登場でGSRとスーパーサルーンのみ星型ホイールに変更されたみたいです。
もっとも、リムの深い星型ホイールはΣよりΛが履いていた印象が強かったりしますが。

内装は色は割と近いんですが、ドアの内張りやシートの形状はスーパーサルーンではないですね。
ステアリングも形状は正しいものの、ウッドではないのでリサーチ不足か見切り発車かなと。
フロントマスクを専用で起こしたので、これ以上はコストが難しかったんでしょう。
それに来月はΣエテルナ1600SLスーパーも控えているので、共通化もやむを得ないかと。

ちなみに先週末に都内の量販店をまわったところ、店頭在庫がないところもありましたよ。
もしかしたら裏に在庫があるかもしれませんが、早目の入手がおススメです!
って、やはりトミテクの回し者なのを隠しきれませんでした(笑)
[ 2013/10/09 01:17 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する