3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

ZOOM ZOOMのはじまり 

トミカ アテンザ
トミカ マツダアテンザ 1/62


前々回からトミカの新製品・マツダアテンザを紹介したので、今回は初代を取り上げてみたい。

アテンザはカペラ&クロノスbrosを源流とするマツダのミドルクラスセダンとして02年に登場。
ボディはイメージリーダーでスポーツと呼ばれる5ドアHBと、セダンとスポーツワゴンの3タイプ。
スタイルは従来のカペラの面影を残しつつ、時流に合わせて洗練され、好評を得た。

トミカでも正式発表の5ヶ月後、02年10月にアテンザスポーツをラインナップしている。
カペラの血筋としては、香港トミカのカペラロータリー以来、約26年ぶりとなった。
当時、管理人もそそられたんだが、そのうち…で買い漏らしのいつものパターン。
本当はセダンが欲しかったっていうのもすぐに買わなかった理由なんだけど。

ところでこのアテンザ、当ブログを1年以上見ている方ならピンと来るかも?
そう、昨年夏のワンダーランドマーケットで入手した軽めのジャンクですよ~。
あれから1年以上経って、ようやく陽の目を見ることに(うるうる)


トミカ アテンザ
10年以上前のリリースだが、ボディの造形は良い。この時点でライトはボディ一体+塗装。
スポーツ専用グリルも形状は正しいが、ボディ同色のみで表情が不足気味なのが惜しい。
トミカ アテンザ
リアも凝ったところはないが、バランスよい仕上がり。リアウインドウはボディ一体+塗装。
テールランプの表現に苦心の跡が見られる。
トミカ アテンザ
テールゲートの開閉ギミックは5ドアHBを強調するポイント。
トミカ アテンザ
実車に比べ、少々ウエッジが効き過ぎなサイドビュー。ただし、印象としては悪くない。
1/62という大きめのボディサイズが理由だろうか?
スポンサーサイト
[ 2013/10/21 01:50 ] トミカ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する