3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

探検隊再び 

ベレットGTR


秘境といえば、やっぱり3吋探検隊の活動を忘れるわけにはいかない。
3吋探検隊とは、各地の秘境をまわり、ミニカーやプラモデルetc.を探索・調査する団体である。
その命がけの活動は、まさに二代目川口浩探検隊と言っても過言ではない(私感)
そして、隊長は二代目川口浩の座を虎視眈眈と狙っている管理人なのでR。

さて、1年半ぶりに探検テーマを議論したところ、ある結論に達した。
“TLVからベレGがリリースされた以上、本家のベレGと比較調査しないわけにはいくまい”
3吋探検隊は一躍、トミカのベレGが眠る峡谷へと向かい、久々の対面を果たした。
トミカ ベレット1600GT-R
トミカ ベレットGTR 15周年記念モデル

トミカ発売15周年を記念し、1985年に2000個限定で販売されたアンチモニー製モデル。
ベレットの他にスカイライン200GT-Bとトヨタスポーツ800の3種が存在した。
公称は1/50スケールだが、前回の調査で全長が1/51、全幅は1/45程度と判明している。
ちなみに当時の販売価格は¥3,000と、まさに大人のコレクター向け。

「いや~、記念品でイチから金型を作るなんて、今のトミカとは心意気が違うよねえ」
「でもさ、どれくらい売れたのかな?」
「スカイラインとヨタハチの金型は1990年にトミカオートクラブに流用されたのよね」
等々、ベレGを前に、隊員たちのテンションも上がってきた。
この勢いのまま、比較調査に突入してみよう。


TLV ベレット1600GT-R
トミカ ベレット1600GT-R
TLV ベレット1600GT-R
トミカ ベレット1600GT-R
トミカ TLV ベレット

TLVと比べ、センターに寄っているフロントマスク。パーツはすべて一体で造形されている。
ライトカバーにモールドされたベゼル、エンブレム、フォグランプなど、ディテールはかなり良い。
このあたりのキレの良さに、昔のトミカらしさが感じられるのでは?

TLV ベレット1600GT‐R
トミカ ベレット1600GT-R
トミカ TLV ベレット1600GT-R
やや無骨な造形ながらも、フロント同様か、それ以上のキレ味を見せるリアまわり。
トランクのヒンジや細身のバンパー+プロテクターなど、細部もしっかり再現されている。
上すぼまりのボディ断面はぼってりした作風に見事にマッチ。

TLV ベレット1600GT-R
トミカ ベレット1600GT-R
トミカ TLV ベレット1600GT-R
寸詰まりだが、曲線基調のボディラインやピラーの形状など、ベレGらしさはうまく掴んでいる。
フロントよりリアの車高が低いベレGらしさは記念品の方が上ではないかとも思える。
惜しむらくは三角窓が再現できなかった点だろうか。

トミカ TLV ベレット1600GT-R
全長に対して幅広なのがよくわかる。塗装がないためか、モールドのメリハリが効いている。

そうそう、前回の調査で報告し忘れていたことを発見したため、追加報告したい。
トミカ ベレット1600GT-R
何もモールドのない裏板だが、シリアルナンバーが刻まれており、記念品らしさ満点。

次回も3吋探検隊の活動はつづく…のか?
スポンサーサイト
[ 2013/11/12 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(4)
こんにちは。
RS-3を買いにいったらベレGがディスプレイされていて、なかなかいい雰囲気だなと買ってしまいそうになりました。

15周年記念モデル、懐かしいですね。
これは当時父親が買ってきたのがいまも実家にあるのですが、確かに車幅が広かった記憶があります。

このモデルがリリースされた当時は香港のおもちゃ屋にいくと日本で買うより安く限定モデルが手に入ったのを思い出します。
父親がベレGやヨタハチを値切って買っているのを見ていた私は当時8歳、歳取ったと思ったりします。
[ 2013/11/12 23:19 ] 急行西海 [ 編集 ]
こんばんは、急行西海さん

RS-3は無事に買えたでしょうか?それともベレGに変更しちゃったでしょうか?(笑)
TLVのベレG、リアホイールハウスの形状に甘さがありますが、雰囲気は充分以上ですね。
買ってしまいそうになった急行西海さんのお気持ち、よくわかります。
先月のGT、今月のGTRに続き、来年3月には1800GTもリリースされるようですね。

http://www.tomytec.co.jp/minicar/items/1310/17_tlv02.html

個人的にはGTNの廉価版的な佇まいにグッとくるものがあります(笑)

急行西海さんも15周年記念モデルをお持ちでしたか~!
手に入れた時は珍しいなあ程度にしか思わなかったんですが、結構ズングリしてますよね。
ベレットの洒落た感じは出てるんですが、車幅の広さでコンパクト感は不足気味のようで。

当時は香港でも限定モデルが販売されてたんですか!
全て国内で販売したんだろうと思っていましたが、これは驚きです。
しかも国内より安く手に入ったというのがなんとも羨ましいですね~!

この15周年の3種、価格も価格ですし、店も在庫になってた可能性もあるかと思います。
それでも、値切って買われたお父様は凄いなあと思わずにはいられません。
ベレGを買ってもらった当時、私も9歳くらいだったので、急行西海さんと同い年くらいでしょうか?
昔買ったミニカーやプラモデルを見ると、自分も歳を取ったなあと思ってしまいます。

貴重なお話、ありがとうございました。今後もよろしくお願いします。
[ 2013/11/13 02:46 ] ドラゴン [ 編集 ]
こんにちは

いすゞのクルマはとても魅力的ですよね

幼いころ家の近くに止まっていた117クーぺを外車だと思っていました

ベレットもスバラシイです
友人のお母さんが若い頃乗っていたと聞聞いたとき「ああ あのお母さんなら乗ってそうだな」とか思いました(ちょっとセンスのいいハキハキした方でした)

さて俺のいすゞ車回想ですが
B310に乗ってた頃PF60が欲しかったです
前期も後期も好きなんで出てこないかなぁとカーセンサーやオールドターマーなどを読んでいました(できれば2ドア)
タマないんですよね出てこないです(30年近く前でも)
1800ccDOHCそしてFダブルウィッシュボーン式・Rトルクチューブ付3リンクという豪華な?仕様 ニシボリックサスに乗ってみたかっただけなんすけどね(まぁ不評でニシボリ殺しってパーツがあったみたいっすね)
*ジェミニって車名にも惹かれてました ふたご座なんで

いすゞにはもう1台欲しいクルマがあります
こっちは今でもほしいですね
ファスターです(Chevrolet LUV)ですフローリアンベースなんで大好物のセダンピックってやつっすね
セダンピックが好きなんですキャビンから流れるように続くベット美しいです

長文失礼しました



[ 2013/11/16 09:03 ] yutethu [ 編集 ]
こんばんは、yutethuさん

いすゞ車は我が道を行くというか、独特の個性やさりげない存在感があって、魅力的ですね。
私も子供の頃、117クーペは外車?と思ってた時期がありました(特に角目)
さまざまなカラーが似合う日本車離れしたスタイルは今でもイイなあと思っちゃいますし。

ベレットはたまに見かける程度でしたが、最終型の角型テールにインパクトがありました。
立派に見せようという感じがないし、今から50年も前のスタイルとは思えませんね。

子供の頃、初代ジェミニはファミリーカーのイメージが強かったですね。
クーペよりセダンの方が目についたり、小学校の先生が初期型セダンに乗っていた記憶があります。
でも、今はあまり見かけなくなりましたねえ。ZZとか、マニアが大切にしてるんでしょうか?
ニシボリックサス、開発者の西堀さんから名付けたというのがなんとなくいすゞっぽいような(笑)
そうそう、yutethuさんはふたご座なんですね φ(.. ) メモメモ

いすゞファスター、懐かしいですね。これまた、たまに見かけました。
でも、子供の目には似て見えるのか、マツダのプロシードと間違えてたり(笑)
当時はフローリアンベースとは思わなかったですが、言われてみると納得ですね。
今の日本車ではセダンピックは絶滅危惧種ですねえ…
こうなると、TLVNあたりからリリースしてほしくなったり。
[ 2013/11/17 01:53 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する