3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

知られざる入口 

秘境風景
(秘境イメージ)


初日のやる気はどこへやら、隊員みんなが宿でごろ寝をしていると、宿の主人がやってきた。
前回の秘境訪問でも1/40ミニカーやT11SAVのすべてを見せてくれたあの主人である。
主人が言うには、知人がプラモデルを発掘したので、見てみないかとのこと。
探索調査がめんどくさくなっていた3吋探検隊としては、断る理由は何もない。

さっそく主人とともに知人宅を訪ねると、前回もプラモデルを見せてくれた研究家であった。
その彼が研究室から取り出してきたプラモデルとは…


アオシマ ギャランΛ 2000GSR
アオシマ ギャランΛ 2000GSR
アオシマのギャランΛ2000GSR。旧イマイの1/24は定期的に再販しているが、これは1/20。
同じシリーズのRX-7シルエットレーシングは最近再販されたが、ラムダは再販されていない。
三菱党の管理人としては、これも再販すればいいのになあ…と思うんだけど。
アオシマ ギャランΛ 2000GSR
アオシマ ギャランΛ 2000GSR
アオシマ ギャランΛ 2000GSR
箱を開けると、ボディは赤に、内装は茶色に塗られ、タイヤも4輪とも組み立て済みであった。
ここにもロス&ゴロウさんファンがいたんだろうか?

興奮のあまり、調査を忘れるところだった。ボディサイドのフォルムをチェック!
アオシマ ギャランΛ 2000GSR
アオシマ ギャランΛ 2000GSR
シャープなボディラインはしっかり再現されているが、少し寸詰まりかな?
個人的には十字型のホイールがうれしいポイント。

組立説明書に写っていた完成写真を見ると
アオシマ ギャランΛ 2000GSR
おっ、なかなかイイ感じじゃん!気分はまさにロス帰りの高村一平!

つづく
スポンサーサイト
[ 2013/11/14 21:00 ] プラモデル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する