3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

四半世紀の伝承 

トミカ レガシィB4
トミカ スバルレガシィB4 1/60


先月、レガシィツーリングワゴンが来年で廃止されるという報道が流れた。
レガシィ=ツーリングワゴンというイメージが強いだけに、驚いた人も多いに違いない。
かくいう管理人もその中のひとりで、何かの間違いでしょ?と思ったくらいだ。

とはいえ、先代までに比べ、現行型のツーリングワゴンを見かける機会は減った気がする。
アメリカ市場を睨んだ現行型は少々大きく、先代までの程良さが薄れたからだろうか?
じゃあ、これまでのユーザーはどうすんの?と思ったら、しっかりと新車種を用意したのね~!

レオーネ、レックス、レガシィのレ繋がりなのか、新車種はレヴォーグと名づけられている。
記事を書いている時点ではHPもカウントダウン中だが、11/20の8:30に公開されるらしい。
となると、B4も気になるが、ロサンゼルスモーターショーでコンセプトカーが公開されていた。
う~ん、スタイルはイイんだけど、さすがにデカ過ぎじゃね?

そんな心配を込めて?今回はトミカのレガシィB4を取り上げたいと思う。
前回紹介したフォレスターと入れ違いで絶版になったばかりなので、まだ入手しやすいはず。


トミカ レガシィB4
かなり大胆な現行型のフロントマスクもしっかり造形されており、グリルの彩色も丁寧。
ライトはシルバー一色なのも惜しいが、厚みも足りなく感じる。とはいえ、それは…
トミカ レガシィB4
ボンネットの開閉ギミックのためだろう。トミカでは数少ないギミックだよね~
トミカ レガシィB4
簡単なモールドながら、ボディ一体成型で再現されたエンジンルーム。
トミカ レガシィB4
いつもながら赤一色のテールランプが勿体ないが、それ以外は良く出来ているリアまわり。
トミカ レガシィB4
アーチ型のキャビン+ショートデッキのクーペルックを持つサイドビューもなかなかの再現度。
ただ、この当時のトミカの常として、前後のホイールアーチが少々大きく感じられる。
スポンサーサイト
[ 2013/11/20 06:00 ] トミカ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する