3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

伝説の現役時代 

トミカ 86レビン 86トレノ


今回は軽めの86レビン/トレノネタを。

86レビン/トレノのネオクラでの人気は不動だが、では新車で買えた当時はどうだったんだろうか?
管理人は小学生だったし、自動車誌も読んでなかったので、カローラのクーペ程度の認識だった。
その後、小学校の若い先生が86レビンに乗っているのを見て、似合わんなあ…と思った記憶が。

そして中学生になり、自分で自動車誌を買うようになり、初めて86の人気が高いのを知った。
ちょうどS13シルビアがデビューし、小型のFRスポーツに脚光が当たり始めた頃のこと。
また、後継車の92がFFとなっていたので、86の絶版人気が高くなる素地も揃っていた。
でも、さすがにここまで人気が高くなるとは想像だにしなかった。

さて、ここに1冊の雑誌がある。
ドライバー 84/8/5
ドライバー 84年8月5日号 

今も続いている八重洲出版の自動車誌である。注目するのは小見出し2段目の
“高人気のツインカム・レビン&トレノ中古車購入ガイド”のくだり。
ドライバー 84/8/5
デビューから1年ちょっと経過しているが、中古車でのタマ不足が報じられている。
ただし、爆発的な売れ行きというわけではなく、根強い人気が高値に繋がっていると分析。
一方、旧型のTE71はそこそこ出回っているが、案の定というか、LBだけはやっぱり不人気。
左から3台めはスプリンターセダンGT(白、AC、AW付きで98万)で、個人的にはツボな1台。
ドライバー 84/8/5
中古車相場はレビン/トレノGTが130万前後、GTアペックス(AC付き)が140~150万とある。
人気はトレノの方がやや上、ボディは地域差あり。カラーは赤や白が人気で、シルバーはイマイチ。
86を狙って買う層はSOHCのSRには目もくれないらしく、その点は今も昔も変わらないようだ。
ドライバー 84/8/5
また、管理人と同じように71の方が好きという人も結構おり、敢えて71を求める人もいたとか。
71(クーペ)の中古車相場は前期が80~100万、後期で100~120万。GTアペックスは120万+α
セダンやHTのGTはクーペより安め。

さて、当時の中古車の比較をしてみよう。
ドライバー 84/8/5
管理人が好きな71レビンだが、走行距離2万1,000kmの2年落ちで103万。
エアコンやコンポの他に、純正アルミホイールを履いているようだ。
ドライバー 84/8/5
走行距離2,000kmの86トレノは167万。でも、このエアロスポイラーは個人的には…

新車のトレノ2ドアGTアペックスは157.6万円なので、人気だったのは間違いなさそう。

次回も86ネタの予定
スポンサーサイト

[ 2013/12/03 06:00 ] 番外編 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する