3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

青きスリーダイヤ 

トミカ RVR
トミカ 三菱RVR 1/68


秘境ネタかモーターショーレポートを書こうと思ったが、急に三菱党の血が騒ぎ始めてしまった。
そこで、買い漏らしていたトミカのRVRを先月入手したのを思い出し、紹介することに。

トミカのRVRは2011年1月にリリースされ、今年6月にミラージュと入れ替わりで絶版になった。
が、絶版から半年経った割に店頭在庫を見かけることも多く、入手はさほど難しくないはず。
ちょっと地味だし、子供受けする車種ってほどでもないのがその理由だろうか?
だからこそ、まだ買っていない全国の三菱党は今がチャンス!

ただし、大人のコレクターにはスケールが少々難点かもしれない。
ちょうど縮小化を始めた頃の製品なので、1/68というギリギリのスケールを採用している。
1615mmという全高ではやむを得ないかもしれないが、全長は4295mmだし、ちょっとねえ…
案外、スケールについては大人以上に本来のターゲットである子供の方が敏感だったり?


さて、スケールに難点はあるものの、三菱車のモデルはやっぱり嬉しいわけで、早速見ていこう。


トミカ RVR
全体の造形はかなりのレベルだが、別パーツのジェットファイターグリルの処理がイマイチ。
形状は正しいが、ボディカラーとの色の違いやメッキモールの省略など、表情が不足気味。
また、フォグランプの色差しがないのも惜しいところ。
トミカ RVR
赤一色のテールランプ、タンポ印刷のエンブレムなど、トミカスタンダードのリアまわり。
造形そのものはフロント同様にしっかりとしているだけに、細部の色差しがないのが勿体ない。
トミカ RVR
でも、テールゲートの開閉ギミックがあるのは嬉しいポイント。
トミカ RVR
コンパクトで力強いサイドビューは特徴をつかんでいる。タイヤはもっと大径でもよさそう。
もし1/60~1/64スケールだったら、もっと力強い造形が出来たのかも?
スポンサーサイト
[ 2013/12/06 06:00 ] トミカ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する