3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

いい軽の進化 

三菱 ek wagon
東京モーターショー2013(2013年11月28日撮影)


このところ三菱車ネタが続いたので、今回もやっぱり三菱車ネタを書くことに。

最近の軽のハイトワゴンはどれも似たり寄ったりで、新型と旧型の区別が付きにくい。
さらに同じメーカーで似たような車種をラインナップするから、さっぱりわからなかったりする。

そして今年6月、三菱のekワゴンもついにハイトワゴンに転向した。
先代は01年デビューの初代のキープコンセプトだったから、その点でははっきり新鮮味がある。
反面、ちょっと類型化しちゃったかなあ…という印象もなきにしもあらず。
ま、OEMの日産デイズよりも個性があるよね!と思ってしまうのは三菱党の悲しい性?


そんな新型ekワゴンだが、当然ながら販促品の1/64が出ており、先日入手に成功した。
三菱 3代目ekワゴン
三菱 ek wagon 1/64

ボディカラーは綺麗なホワイトパールで、内装は再現されていない。


三菱 3代目ekワゴン
ディテールも含めて一体成型のボディだが、安定感のある出来栄え。
三菱 3代目ekワゴン
特徴的でもあり、どことなく既視感のあるテールランプも含め、丁寧な作りになっている。
三菱 3代目ekワゴン
これまたどことなく既視感のあるサイドビューだが、ダイナミックなプレスラインも再現済み。
ホイールの形状も見事だが、タイヤはもう少し小径でも良さそう。
スポンサーサイト
[ 2013/12/09 06:00 ] メーカー品 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する