3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

バブルの頃 

ジルメックス レクサスLS400
ジルメックス レクサス


最近ネガティブ思考に取り憑かれているらしく、昔に帰りたいと思う時間が増えた。
もちろん帰れるわけはないんだけど、アラフォーともなれば、誰だって1度くらいは思うのでは?
この先の人生に明るい希望もなさそうだし、可能性の多寡を考えれば、余計その思いが強くなる。

ま、どこにでも転がっているありきたりな愚痴だが、では、いつの頃に帰りたいのか?
う~ん、やっぱり、日本中が熱気に包まれていたようなバブルの頃が良さそうな気がする。
田舎の中学生だった管理人ですら、日本はメチャクチャ浮かれてんなあ…と感じていたくらいだし。

そんなバブル景気の1989年、トヨタが北米の高級車市場に向けて発表したのがレクサスLS400。
トヨタの綿密なマーケットリサーチは的確で、北米では大人気となり、追って日本にも導入された。
今では消えてしまったものの、セルシオの名前は今でもレクサスより通りがいいんじゃない?

さて、セルシオは人気車だっただけに、1/24プラモやミニカーでいくつかモデル化されている。
しかし、3吋サイズは意外と少なく、トミカとジルメックス、ヤトミングくらいしかない。
このうち、トミカはキャビンの形状が4ドアHT的でイマイチな気がするので、持っていない。
では、チープな印象のあるジルメックスのレクサスはどうよ?というのが今回の趣旨。


ジルメックス レクサスLS400
細かいグリルやバンパーの形状など、香港のチープ系3吋と侮れない出来を見せる。
シャーシのツメがナンバープレートの位置にむき出しになっているが、決して悪くない。
不思議なのは実車とは似ても似つかぬ3分割されたライト。テールライトと混同してない?
ジルメックス レクサスLS400
フロントとは力の入り方がまるで違い、パーティングラインが目立つ、あっさりし過ぎのリア。
それでも、テールライトの形状や分割線は正しいので、最低限のツボはしっかり掴んでいる。
ジルメックス レクサスLS400
少々低めにデフォルメされているが、それでも意外なほど悪くないサイドビュー。
個人的な印象では、トミカのセルシオよりもこちらに軍配を上げたい。
スポンサーサイト
[ 2013/12/24 06:00 ] ジルメックス | TB(0) | CM(2)
おはこんばんちは。
昔に帰りたい...ですか。今もこの先も面白くない...。
心が冷えきっているか、寒い夜がそう思わせているのか
わかりませんが、冬が終われば暖かい春です。ホーホケキョです。
制作途中の3吋やプラモを強引にでも完成させてしまうとか、動画を撮ってみるとか...。
いやいや!そういう趣味的なのはとりあえず置いといて、おねーちゃんに声をかけまくるとか....。
なにか心があったまりそうな、今現在でもまーいっかと思える事がまだまだありそうですぞ!。
とまあ、私も人に言えるようなもんでもないのですけどね(笑)。
今回の主旨でいうなら....今が一番良いですね。なんというか色んな意味で自由な感じが。
こうやって、ドラさんとコメントでやり取りしているし...。
昔からワタシは楽天家なんですね。まあ、自分の人生こんなものだろうっていう感じですヨ、
アハハ〜。

と言う訳?で、ジルメックスのレクサス(セルシオ)と来ましたか。
レビュー通り、顔はリキ入ってますよね〜。個人的に大嫌いなトヨタマークがいい感じに
アクセントになっていて(2代目ハイエースや、その頃のダイナのグリルに付いていた剣のような
鋭い感じが好みです)、'70sトミカの出来に通じるものがあります。
白と銀のツートンも、この時代のトヨタの高級車のイメージにピッタリです。
ヘッドライトの分割線は、仰る通りリアランプの感覚でやったのでしょうねえ??。
香港はこういう変なクセがあるのが面白く感じます。
これって、zyl社の型を譲り受けてモーターマックスでも作っているんですよね。
(最近までモタマ社のサイトで見れたのですが、1/64は整理されてしまいました)
コレの流れにある、カムリやカローラなんかもドア開閉やサスが無いだけで
ボディや内装なんか、驚くほどリアルにしっかりと作ってあって感心しますね〜。
ヘッドライトをパテ埋め、タイヤを履き替えてリミテッド化したら
さぞ映えるんでしょうねえ。
そうそう、カムリは約1/62、カローラは約1/57で箱サイズなのですが、今回のセルシオのサイズはどのくらいですかね?。
なんとなく1/64~66ぐらな気がしますが。
[ 2013/12/25 00:02 ] luxe37 [ 編集 ]
こんばんは、LUXEさん

今年後半、波に乗ったつもりが、気が付くと波に飲み込まれて流されてた状態が続きまして…
それで心が捩れてしまったというか、捩じ切れそうな日々でした(今は解消しましたが)
で、バタバタしてるうちに気が付くともう年末じゃん!という惨状で(笑)

まあ、昔に帰りたいという願望はみんな持ってるんじゃないかな?と思ってます。
でもLUXEさんのおっしゃる通り、今をより良く過ごしていくのが一番ですよね。
こうやってネットやメールetc.で趣味のつながりが持てる環境ですし、縁も広がりますし。
それに、放置中の3吋やプラモもどんどん進めていきたいなと思ってたところでして。
いや~、LUXEさんには心の中までしっかりと見られちゃってますねえ。
もしかして、知り合いのおねえちゃんに声をかけようとしている姿も透視されてたり?(笑)

LUXEさんの嫌いなトヨタのCI、このセルシオから採用されましたね。
だからというわけでもないでしょうが、ジルメックスのレクサスはフロントに力が入ってますね。
これでライト+グリルが別パーツだったらトミカに勝ってたかも?と。
当時のトミカはクオリティが下がり出した頃で、セルシオもイマイチでしたし。

モータマのHPを確認してみたら、1/64は落ちちゃってますねえ…
どうやらジルメックスの運営会社が96年に買収され、モータマに金型が流れたようです。
ブログにはジルメックスと表記しましたが、もしかしたらモータマ製の可能性もあるかも?
モータマのカローラはたまにオクに出てますが、縁がないのか、いつもフラれてばかりで(笑)

ジルのレクサス、私もリミテッド化を考えました。カスタム用にもう1~2台欲しいですねえ。
プラ製のシャーシやホイールがチープさを強調する半面、フォルムや内装はイイですし。
ちなみにセルシオ=レクサスのスケールですが、約1/65~67という数値でした。
これくらいならトミカとあまり変わらないし、許容範囲内ですね。
[ 2013/12/25 02:32 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する