3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

視覚と感覚 その2 

トミカ スカイライン カムリ


同じ1/66スケールということでV37スカイラインとアテンザを比較したのが前回。

駄菓子菓子、それだけではトミカ解体所さんの記事のパ〇リになりかねない!
そこで、名探偵明智小五郎(もちろん天知茂)の追求を逃れるためにカムリも用意した。
カムリもスカイラインやアテンザと近いボディ寸法だが、僅かに小さい1/67である。
この1/67表記がかなり正確なのは実証済みだが、1/66との差はどれくらいなのか?

トミカ カムリ
トミカ カムリ 1/67 2012年6月発売

トミカのラインナップにクラウンもマークXもない今、タクシー仕様etc.のバリ展も欲しいところ。


トミカ スカイライン
トミカ カムリ
やはりどちらもボディ一体造形だが、一見地味なカムリのグリルがなかなか凝っている。
トミカ スカイライン
トミカ カムリ
リアは古いカムリに軍配。メッキモールがあるからとはいえ、バックランプの塗装は嬉しい。

では、並べてみると
トミカ スカイライン カムリ
トミカ スカイライン カムリ
トミカ スカイライン
トミカ カムリ
トミカ スカイライン カムリ
アテンザほどの差はないが、やはりスカイラインの方が全体的に低め。全幅はあまり差がない。
なのに、カムリが小さく思えるのは、スクエアなボディと前後オーバーハングの長さのためか。


つづく
スポンサーサイト
[ 2014/01/24 01:35 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する