3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

視覚と感覚 そのまとめ 

2014年2月1日 画像追加
日産スカイライン V37
マツダアテンザ
トヨタカムリ


トミカの新製品・V37スカイラインの1/66スケールは果たして小さいのか?
それとも小さく見えるだけなのか?を調べてみたが、小さく見えるだけ、という結論に至った。

では、なぜ小さく見えるのか?というと、やはり車高に原因がある。
以前のトミカの乗用車は5穴の1Hか4穴の2Fホイールだったが、最近は種類が増えているようだ。
5穴でもトレッドパターンや車軸の太さの違いで新1Hや10D、11Fetc.があり、把握しきれない。
スカイラインに使われている5穴はミラージュやラクティスなどの小型車と同じものっぽい。
トミカ スカイライン
トミカ アテンザ
トミカ カムリ
アテンザは11F、カムリは新1Hか10D? アテンザのホイールは2台より大径。
どこかの出版社から新しい「ミニカー大百科」が出ないかなあ…

という風に、2回に分けてアテンザとカムリとで比べてみたので、今回は3台をまとめてみることに。
まあ、3吋ブログではお馴染み過ぎるネタ切れの時の薄~いまとめというわけで…
トミカ スカイライン アテンザ カムリ



トミカ スカイライン アテンザ カムリ
トミカ スカイライン アテンザ カムリ
3台の車幅を計測したところ、

アテンザ:1840mm/28~28.5mm スカイライン:1820mm/28mm カムリ:1825mm/27mm

と、僅かにアテンザがオーバースケールと判明した。スカイラインとカムリは誤差の範囲内。
次に全長を計測してみたら
トミカ スカイライン アテンザ カムリ

アテンザ:4860mm/73mm スカイライン:4800mm/72mm カムリ:4825mm/72mm

と、いずれも表記スケールにおさまる数値になった。

以上の結果から、幅広ボディ+大径ホイールのアテンザが大きく見えるのは納得。
スカイラインはスケールは正しいものの、ホイールを変えた方が商品力が向上するかもしれない。
トミカ スカイライン アテンザ カムリ
トミカ スカイライン アテンザ カムリ
あなたのハートには、何が残りましたか?@木村奈保子 って、何も残らんね…
スポンサーサイト
[ 2014/01/25 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(2)
お久しぶりです。
実測で見てみればQ50のスケールダウンはあくまで視覚イメージなんですね。
70年代の旧車はその辺りうまく調整して、手頃感を保てていたんだなあと思うと当時の職人さんたちに頭が下がる思いです。

Q50もホイール換装等の改造をしたらもう少し見方が変わるのかもしれませんが、とりあえず違うものを手ぇつける予定です。

ためになる記事ありがとうございます♪
[ 2014/01/26 17:35 ] 所長 [ 編集 ]
お久しぶりです、所長さん

実は私もQ50の第一印象はアテンザよりも小さいなあ…だったんです。
ところが、並べてみるとあまり差はなく、しかしQ50の方が華奢に見えてしまいまして。
比べてみたら、車高=ホイールの違いが視覚的な差につながっているのかなと思いました。

昔のトミカは箱サイズでも統一感を保っていたんですよねえ。
それが、技術が進化した今の方がバラバラで、クオリティも下がってきたのがなんとも…
ブログにも書かれていましたが、70年代のトミカは“緻密な工芸品”という意見、賛成です。

最近の記事を読むと、所長さんのトミカ熱が戻りつつあるようで、安心しました
今から新しいテーマ&レビューに期待しちゃってます(笑)

こちらこそ、今年もためになる記事をありがとうございます。
[ 2014/01/27 00:10 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する