3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

コロナでコラボ 

2016年3月10日 画像&文章一部更新
ダンディ コロナ 俯瞰
トミカダンディ コロナ2000GT

1973年8月にデビューした5代目コロナ。通称安全コロナ

安全設計を売りに、衝突テストの写真を広告に使うなど、時流に合わせた観点でPRを行った。
スタイルはボクシーなセダンとセミファストバックのHTで、地味な中にコロナらしい個性があった。
その姿勢が支持され、再び74年から76年まで小型車クラス販売台数No.1のヒット作になる。


最近ネタ切れ気味のこのブログ。まるで、毎晩うどんしか思いつかない管理人の夜食とどっこいだ。
そんなうどん地獄のある日、当ブログにコメントをくださるLUXE37さんのブログ更新のお知らせが。
早速拝見したところ、目眩がしそうなくらい濃密じゃないのぉぉ~~~!!!!!(糸目姐さん風)
香港トミカのセドリック、ジルメックスのコロナ、プレイアートのクジラまであるわぁぁぁ~~~!
阿鼻叫喚したマニアが綾瀬バス停付近を先頭に50キロの渋滞をするであろう内容だ(最大の称賛)。
そこで、ネタをリンクさせてもらおうと考え、今回は久々に3吋以外の日々を書くことにした。
今夜の夜食はきっとカレーかな?


ダンディのコロナは1/45と初期ダンディ特有の半端サイズだが、その出来は素晴らしい。


ダンディ コロナ フロント
細かいグリルや前期特有の先端が短いボンネットなど、造形と彫刻レベルは今でも通用する
ダンディ コロナ リア
リアもご覧の通り、テールランプを別パーツで再現したのがイイ感じに繋がっている
ダンディ コロナ サイド
よく見ると、やや低めにデフォルメされているのがわかる。ホイールはシリーズ共通品だが、
GTグレード用でなく、GLやDX用のホイールキャップに見えて仕方ない。
ダンディ コロナ+パッケージ
パッケージは紙箱であり、開き方やイラストなども含めてトミカとの共通性がある。

74年8月版のカタログ。カラフルだった最初期から表紙デザインが変更されている。
74年8月 コロナ
下の方に原材料入手難などでボディやシートカラーの変更の可能性があるという
注意書きがあり、オイルショック後という時代背景を表している。

色やアングルから、たぶん、この1800GLの写真がダンディの箱絵のベースだと推測
74年8月 コロナ

GTの紹介
74年8月 コロナ
74年8月 コロナ
実はGTシリーズ専用のカタログもあるが、いまだ未入手。


これまで3インチサイズでモデル化したのは香港のジルメックスのみという安全コロナセダン。
写真を見る限り、…な出来なんだが、それ以上においそれと入手できないというのも厳しい。
ダンディは出来は素晴らしいが、入手困難な点と、1/45スケールなのが個人的には惜しいところ。
どこかのTLVNが1/64でリリースしてくれないものかなあ…と願うことしきり。

インパクトが大きい安全コロナのCM
スポンサーサイト
[ 2012/04/20 06:00 ] コラボ | TB(0) | CM(2)
じっくりダンディコロナを見ていなかったのですが、いやー、ZYLMEXをもうコロナとは呼べないですね(笑)
スケールの違いこそあれ、フロントマスクの出来は圧倒的に良いし、デフォルメするにしても、しっかりツボは押さえていますね。さすが70'Sトミカクオリティ。
それと、ホイールキャップが本当に廉価グレードのモノに見えます。トミーさん狙ったかな(笑)
グレードについてですが、ジルメは箱裏に2000GTと書いてあるので、このダンディを参考に作った可能性がありますね。(実際にそうだとすると、香港の方の目は腐っ....失礼!)

私めのブロ愚の記事リンクですが、コラボ企画(比較?)として、面白く感じました。個人的に色々発見がありましたし、当時の貴重なカタログまで見れました。ありがとうございました。
今後とも、よろしくお付き合いのほどお願いたします。
[ 2012/04/20 22:37 ] luxe37 [ 編集 ]
こんばんわ、LUXEさん

> じっくりダンディコロナを見ていなかったのですが、いやー、ZYLMEXをもうコロナとは呼べないですね(笑)
> スケールの違いこそあれ、フロントマスクの出来は圧倒的に良いし、デフォルメするにしても、しっかりツボは押さえていますね。さすが70'Sトミカクオリティ。

久々に引っ張り出してきたんですが、本当によく出来てますよね、コロナセダン。
ジルメックスは全体的にラフなのに、特徴的な部分はしっかり押さえてあるのがなんとも(笑)
トミカリミテッドSシリーズで再販しませんかね。

> それと、ホイールキャップが本当に廉価グレードのモノに見えます。トミーさん狙ったかな(笑)
> グレードについてですが、ジルメは箱裏に2000GTと書いてあるので、このダンディを参考に作った可能性がありますね。(実際にそうだとすると、香港の方の目は腐っ....失礼!)

今はジャンクなんですが、実は子供のころに買ったものも実家にあるんです。
長い間、あのホイールは廉価グレードのホイールキャップと信じて疑わなかったですね。
数年前に箱付きを買った時、箱絵がGT専用のホイールだったことをやっと思い出しました。
もしジルメックスがダンディを参考に3吋化したとすれば、どんなふうに見えていたんでしょう?(笑)

> 私めのブロ愚の記事リンクですが、コラボ企画(比較?)として、面白く感じました。個人的に色々発見がありましたし、当時の貴重なカタログまで見れました。ありがとうございました。
> 今後とも、よろしくお付き合いのほどお願いたします。

いえいえ、こちらこそ恐縮しきりです。
次の方向を考えていたときに大きなヒントになったので、事前報告なしに勢いだけで書いてしまいました。
お誉めいただいて、書き上げた甲斐がありました。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
[ 2012/04/21 03:05 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する