3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

スポーツカーたるもの 

ホンダCR-Zコンセプト
ホンダCR-Zコンセプト
ホンダCR-Zコンセプト2009 東京モーターショー2009(2009年11月1日撮影)


あと数日で2月になる。
なんとか2014年を迎えられたと思ったばかりなのに、もう1/12が経過するのか…

ああっと~!あと数日でトミカも値上げですやん!
120個は買えないけど、せめて直近の絶版品だけでも値上げ前に…と思い、探索してきた。
毎月2台新製品を出していることもあり、おお~!これももう絶版になってんの?な車種が多い。

そして入手したのがホンダCR-Z。昨年の11月にN-ONEと入れ替わりで絶版になった。
トミカ CR-Z
トミカ ホンダCR-Z 1/61

最近出たばかりだと思っていたら、2010年10月発売と、3年1カ月のモデルライフだったのねん。
ということは、近年のトミカの中ではロングセラーの方?


トミカ CR-Z
近年のトミカらしく、フロントはボディ一体造形だが、グリルのみ別パーツになっている。
全体の雰囲気は良好だが、シルバーベタ塗りのライトは質感不足で、形状も切れ長過ぎる。
また、省略されてしまったナンバープレートもあった方が表情が出そう。
トミカ CR-Z
上すぼまりで絞り込まれた独特なリアの造形はかなり良く、フロントよりも表情を感じさせる。
ライトが赤一色なのはやむを得ないが、テールゲートの留め具が見えるのは少々興ざめかも。
この部分はトミカリミテッドでも変わってなかったが、もったいない気がする。
トミカ CR-Z
コンパクトで引き締まったサイドビューはかなり再現度高め。小径ホイールも気にならない。
廃止されてしまったブリリアントオレンジメタリックもよく似合っていると思う。


ギミックはないけど、1/61スケールというのは嬉しいポイントだよねえ。
スポーツカーは派手なのがイイ!という貴方、トミカもおススメです。
スポンサーサイト
[ 2014/01/27 02:20 ] トミカ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する