3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

アスリートの名はふさわしいか 

2014年4月12日 画像追加
クラウンアスリート
都内(2007年6月26日撮影)


これまでトミカでモデル化されたクラウンは大抵がロイヤルサルーンetcの高級グレード。
中にはグレード表記のないモデルもあるが、

・クジラクラウン…箱絵はスーパーDX、グリルはスーパーサルーン
・S120クラウン…箱絵がロイヤルサルーンorロイヤルサルーンG
・S130クラウン…箱絵もトミカもワイドボディなのでロイヤルサルーンorロイヤルサルーンG
・S140クラウン…でもぉ、マジェスタってお高いんでしょう?(A/B/Cグレード)

ということで、高級グレードと判断できる(一部私感あり)

しかし、S170クラウンはハイブリッド(ロイヤルサルーン)とアスリートの2本立てになった。
先に出したハイブリッドをベースに、追加パーツとディテールの変更でアスリートに仕立てている。
Y34セドリックとグロリアも同じ手法でリリースしており、手軽にラインナップを増やすことが可能。
もっとも、ツボをしっかり押さえた演出はなかなかニクい。
トミカ クラウンアスリート
トミカ クラウンアスリート
トミカ クラウンアスリート 1/62 2003年1月発売

今回は新旧のクラウンアスリートを比べてみよう。
トミカ クラウンアスリート


トミカ クラウンアスリート
トミカ クラウンアスリート
170アスリートはライトが別パーツのうえ、ディスチャージランプを再現したタンポ印刷もある。
さらにグリルはグロス、エアインテークはマットと黒の色味を変えており、芸が細かい。

トミカ クラウンアスリート
トミカ クラウンアスリート
ハイブリッドに対し、リアスポを追加してスポーツグレードらしさをうまく演出している。
また、テールランプも塗り分けされており、車名やエンブレムも抜かりなく再現済み。

トミカ クラウンアスリート
トミカ クラウンアスリート
サンルーフはシールで再現し、リフレクターも追加している。

トミカ クラウンアスリート
トミカ クラウンアスリート
サイドビューはデフォルメも感じられず、風格を漂わせつつ、シャープに仕上がっている。
また、アスリートらしいワイドタイヤの採用も見逃せない。

トミカ クラウンアスリート
トミカのクラウンとしては最大の1/62なので、1/66の新型と比べると、差がかなり大きい。
コストや人件費が上がったとはいえ、たった10年でこんなになっちゃうもんかね?
スポンサーサイト
[ 2014/02/20 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する