3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

記念すべき初物 

2016年3月6日 画像追加
プリンス グロリア
プリンス グロリア


先月で発売開始から10年が経過したトミカリミテッドヴィンテージ。
発売前はかなり期待していたが、いざ発売されると、長期間売れ残っているのを目にした。
最初のセドリック、クラウン、グロリアだけでなく、次のブルーバード、コロナ、スカイラインもだ。
WHY?と思ったが、そういえば自分も買ってないじゃん。その理由としては

1…トミカリミテッドにしては値段が高い(本家とトミテクの違いを知らなかった)
2…車種が古くて、ほとんど親しみがない(クラウンとコロナは近所に存在していた)
3…ず~っと残ってたら、特売で安くなるかも

というところだったと思う。

しかし、いつの間にやら店頭在庫がなくなり始め、慌てて買ったのが今回のプリンスグロリア。
まごうかたなき、管理人が初めて買ったトミカリミテッドヴィンテージである。
あれから10年、TLV&Nに対する印象はいまだに1と3のままだったりするような…
TLV プリンスグロリア
トミカリミテッドヴィンテージ プリンスグロリア 1/64


TLV プリンスグロリア
グリルとバンパーが一体のパーツなのも、ライトが青っぽいのもクラウンと同じ。
ライトベゼルやグリルのメッシュ、エンブレムetc.かなり細かいが、幅広にデフォルメされている。
また、フラットデッキを意識しすぎたのか、ボンネットも少し平面過ぎるようだ。
TLV プリンスグロリア
リアもややフラット過ぎるが、日本車離れしたスタイルを上手く再現している。
テールランプは大きすぎるうえ、バックアップランプがないのが初期のTLVらしい。
TLV プリンスグロリア
クラウンと違い、サイドビューにはあまりデフォルメを感じず、再現度はかなり高い。
反面、タイヤはオーバースケールなのに、トレッドが狭かったりと、方向性が定まってない感じ。

このグロリア、久々に開けてみたんだけど
TLV プリンスグロリア
ルーフやトランク(ボディサイドも)の塗装に妙な引きつりが出ているようで…
古いTLVをお持ちの方は保管に気を付けた方がいいかも?
スポンサーサイト
コンバンワ。
昨日からの話の流れで、初TLVといっていた鉢グロを持ってきましたね。
第一弾(2004年発売分)は売れ残り….。トミカを昔から扱っている玩具店なんかが顕著だと感じます。
絶版・食玩系中古店でも、だいたいが600円以上という結構強気な値段(でもない…?)付けで
埃ばかり増えて、在庫は減る気配がないというありさま….。
出て数年でクオリティがガガガっと上がって、初期ものが安っぽく見えてしまうような
気もしますねえ。途中から集め出した人も、この出来だから最初のは…まあいいっかとなったり。
この頃に映画の3丁目の夕陽が公開されたりして、そこそこは売れた気もするんですが….。
車種選択は、初代だったり2代目だったりと統一していないのがちょっと引っかかりました。
いや、単純に初代コロナ(ダルマ)が好きなんで、いつ出るかと期待していたんですが(笑)
叶わぬ夢のようで(悲)。
自分で第一弾は何を買ったか確認すると、クラウン(3台)・コロナ・パブリカ・ブルーバードが
ありました。結構買ってますね(笑)。
今回の鉢グロ….まったく思い入れが無いんです。実車を見た事すらありませんし
似ているかどうか、画像検索する気もない程度の車種です。
でも手持ちの3吋で見た記憶がある...。ダイドー徳大寺こだわりセットをオクったのを思い出し
引っ張り出して、画像と比較してみると、
前)ライトはダイヤのようにキラキラして、グリルのエンブレムや墨入れもあります。
後)ブレーキランプは中央がクリアーにされて、トランク鍵穴も銀塗装あり。
横)タイヤは違和感無いサイズ、ホイールの穴は黒塗り無し。
上)溝部分はすべて墨入れがあって、ワイパーも塗装で再現されています。
車高はちょっと高い気がします。持ってるクラウン当たりと比べると
出来はかなりよい気が。裏を見ると2003-2004と刻印があり、丁度TLVが出た辺りです。
TLVとダイドーの2台が売り場に並んでいたら、私は間違いなくダイドーを買います。
他の初代セド、ブルもかなり丁寧に作ってあって、もっと色々と出ていたら良いなと思わせます。

塗装の件、元からなのかどうかは定かではありませんが、何台かありますよ。
製造から10年で塗膜がダメになっていくのでしょうかねえ〜。
高温多湿や日に当たっているような所は良くないと聞きますが….。
まあ、玩具店に行けば余っている事間違いないので買い直すのも悪くないかもですよ〜。
[ 2014/02/26 00:27 ] luxe37 [ 編集 ]
こんばんは、LUXEさん

クラウンネタもひと息ついたので、今度はTLV10周年に乗ってみようと思いまして。
ま、TLVのクラウンを撮影しているうちに10周年だったのを思い出した程度なんですが(笑)

専門店では第一弾ということもあり、それなりの金額ですが、売れ行きもそれなりのようで…
堂々巡りですが、精密を目指すのか、玩具を目指すのか、どっちつかずな出来が理由なんでしょうか。
以前はヤフオクでの落札価格が高めでしたが、最近は3車とも0.3~0.6Kあたりみたいですね。
もしも昭和30年代に…のコンセプトなので、同年代の高級車を選択したのはわかりやすいですねえ。
3車とも当時のモデルペットやミクロペット(ダイヤペットの前身)もモデル化してますし。

ダルマコロナはミニカー創世記より早かったので、それでモデル化されなかったのではないかと。
また、年代的な売れ行きを考えると、TLVでのモデル化はあまり期待できないような…
ダルマも国産名車でモデル化されるまでは、長らくリーンレプリカの1/43のみでしたねえ。
リーンレプリカのダルマはたまにヤフオクで見かけるんですが、なかなか無縁なようで…

私は第一弾のハチグロ以降はあまり食指が伸びず、次に買ったのは130セドのスペシャル6でした。
コロナはヤフオクで中古5台セットでしたし、ブルもパブリカも格安なのを落札しまして(笑)
クラウンは今もヤフオクで定期的にチェックしてます(笑)

ハチマキグロリアは私も個人的な思い入れはないですねえ
子供心に古いグロリア=縦グロで刷り込まれてましたし、見たこともなかったですし。
ただ、日本的なクラウンや都会的なセドリックとは違う、独特なスタイルは印象的ですね(笑)

ダイドー徳大寺、たまにヤフオクで見かけますね(特に510ブル、1600GT、セリカetc)
コナミやTLVと比較するとまあまあの印象なので、Wチャンス5台も同程度かと思いきや、いいですね~
LUXEさんも書いておられますが、どれもボディやディテールも丁寧な作りで変なデフォルメもないし。
これなら私もダイドーを買うと思いますね。もっとも、当時もプレ値だったみたいですが…

2005年当時のダイドー徳大寺Wチャンスについてのブログ
http://diecast.blog3.fc2.com/blog-entry-66.html

我が家では箱をプチプチで包み、そのままダンボール箱に入れちゃってます。
本来ならもっと保管に気を使った方がいいんでしょうが、そこまでしなくてもいいかなと。
今のところ、塗装の引きつりはグロリアだけのようですし(見てないだけかも?)
それに、おっしゃる通り、新たに増車するのも悪くないですねえ。

P.S トミカリミテッドヴィンテージ大全をチラ見したところ、330セド以外に
・117クーペ(ハンドメイド)
・初代タウンエース
・71マークⅡ
の製品化を進めてるようですね。トヨタ党のLUXEさんには歓喜の選択では?(笑)
[ 2014/02/26 01:57 ] ドラゴン [ 編集 ]
TLV10周年は、私はこのブログを見て気付くぐらい気にしてませんでした(笑)。
もしも昭和30年代にトミカが…も、その年代の技術に合わせましたという文言があれば
まだいいですがねえ…。値段は現代的じゃあ、納得できないなあ〜。

初代クラウンが三十年で、ダルマコロナは昭和三十二年ですよねえ...。
純国産普通乗用車の歴史がココから始まったと言っても過言じゃありませんよ。
ここら当たりからモデル化しませんか?普通なら。しかも昭和30年代とうたってます。
後から初代クラウン(後期型ですが)が製品化されているのも、よくわかりません。
単純に、TLVの一番目を日産車にしたかっただけと邪推しますねえ(また病気が出たのでこのへんで)。

鉢グロの後が、130セドですか。結構間が空きましたね。
まあ130ぐらいになると、かなりしっかり作り込まれていて値段的に納得...渋々ですが(笑)できます。

ダイドー徳大寺のキット版は、中古店、ヤフオクなんかでも投げ売り価格なのが
ちらほらありますね。
キット版と5台セットを比べると、明らかに塗装やディティールの差があります。
5台セットのは、リミテッドエディションと書いてありましたから別格だったようですね。

プチプチにダンボール箱なんですか?。ちゃんとしてますねえ。
だったら、置き方に問題がある訳でも無さそうですね。組み立てロットの差か何かか…。
ご存知かもしれませんが、このブログにゴムタイヤ、プラ部品、塗装の劣化について
色々書いてあったので、ご参考になればどうぞ。
http://minicarmuseum.com/minicar_material.html
ちなみに私の場合は、100均で買った多用途カラーボックスの中に箱ごと
本当に無造作に入れています。動画でよく使うのは、100均で買った積み重ねられる
大きめのプラ製書類入れに、駐車場のように、取り出しやすいように並べていますねえ。
劣化早そうです。数年でも持てば良いですが(笑)。

オットー!。どういう風の吹き回しかトヨタ車が2台も!!
しかも初代タウンエースじゃないですか。この狸みたいな顔すきなんですよ(笑)。
個人的には、ワゴンじゃなく低グレードのバンだったら最高なんですが。
それとマークⅡ!やったあ〜うれ….。あれ?2代目3代目をすっ飛ばして、なぜ71なんですか!。
まさか、コナミやアオシマからも出ている(出来は置いといて)4htじゃないですよね…。
TLVならモチのロン、セダンかワゴンでしょうかねえ….。
いすゞなら、フローリアンか3代目エルフが良かったなあ…と。
もしくは、3吋化されていないピアッツアとか。結構好きなカタチです。
この企画担当、何か70年代半ば〜後半の車種を(出来れば)避けているような気がしないでも….。
[ 2014/02/27 00:28 ] luxe37 [ 編集 ]
こんばんは、LUXEさん

TLVを初めて見た時、トミカとは明らかに違うよな…と感じたのを思い出します。
もっとも、“昭和30年代にトミカが…”で、作風も当時を再現したんだなと納得してました。
確かに値段も微妙でしたが、まあ新ブランドだし、そのうち下がるかもと期待したんですが(笑)

ダルマコロナがリリースされない理由を考えたところ、やはり市場の反応ではないかと。
個人的な推測ですが、1960年以前の車は反響が少なさそう(=売れ行きが鈍い)な気がします
同年代だと観音クラウンと初代スカイラインが出てますが、これはネームバリューでしょう。
また、実車のモデルライフが短かったので、知名度の点もあるんじゃないでしょうか。
リリースされれば、観音クラウンと一緒にタクシーセットとか出せそうなんですが…

ハチマキグロリアを買った頃はまだプラモデルを作っていた時期で、3吋にはハマりませんでしたね。
だから、130セドリックを買った時はハチグロからかなり進化したなあと(笑)
それからも時折買ってたんですが、LUXEさんの動画を見て、本格的に集めるようになりまして。

ダイドー徳大寺、やはりWチャンスは作りが別格だったんですねえ。
いくつか画像を検索してみましたが、これならプレ値になるのも納得です。
もう少しこのラインで続いていれば、また違った展開もあったかもしれませんね。

ミニカーの保管方法は結構考えるところですね。
本来ならトミカケースにでも陳列した方がいいのかもしれませんが、飾る気もないですし。
保管方法を考えると、ミニチュアカーミュージアムの“材質と経年変化”は必ず見ちゃいますね。
なのに、プチプチで巻いた後はスーパーで貰ってきたダンボールに入れるだけという程度で(笑)
本当ならLUXEさんのようにカラーボックスやプラ箱に入れた方がいいんでしょうねえ。

初代タウンエース、営業車のバリエーションも期待できそうですね。
その勢いで初代ライトエースやミニエースも出ると嬉しいんですが(笑)
マークⅡはやっぱりというか、残念というか、4ドアHTでした。
セダンの方がバリの展開が出来そうなんですが、ここは売れ線なんでしょうねえ。
ま、そのうちセダンが出る可能性もありますし、期待しないで?待ちましょう(笑)
いすゞならたしかにフローリアンやピアッツァ、アスカも欲しいですねえ。
もっと新しければ、3代目ジェミニ+PAネロなんて選択もアリですが(笑)

最新の高速有鉛にもTLV10周年企画が載ってまして、担当者&トミテク社員の愛車が出てきます。
某黒幕氏はジャパンのショートとも写っていたような?
なので、敢えて避けてるというわけではないと思います(本家との兼ね合いが大きいのでは?)
[ 2014/02/27 02:58 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する